神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

少し大きめ 神棚の真正面に最適な2.5寸の神鏡

少し大きめ 神棚の真正面に最適な2.5寸の神鏡

神棚っていうものも毎日のように眺めることになるんだろうけど、パンチが欲しくなるときがあって、気分なんだろうけど背中を押して欲しいときなんかだと、ガツンとくる何かがあってもいいんじゃないかなんて考える。

まぁ、こういうことは男社会にはつきものの話だから、女性にはピンとこないかもしれないけど、場面場面で細かい決定をしなきゃ前に進んでいかないもんで、その判断というか怖さみたいなもんを打ち消してしまう何か踏ん切りをつかせたいわけね。

 

っで、神鏡っていうのが目に飛び込んでくるもんだから、神棚の配置の中で、神鏡のポジションをどこにするのがいいのか?

これ案外難しくて、右向け右もいいし、独自の配置でもいいんだけど、神棚の真正面に置きたいときには、少し大きめを選んでおくといいよ。

 

2.5寸の神鏡ぐらいあるといい感じ。

普通の神棚というか三社であれば2.5寸ぐらいの神鏡がしっくりくる。

一社だとたぶん扉ぐらいの大きさになるだろうから、ガツンガツンくる感じ。

 

パンチがでてくる。

 

f:id:omakase_factory:20150602121725j:plain

でかすぎるのもどうかと思うから2.5寸ぐらいで止めておくといいでしょう。

真正面っていうのは何よりも手前ということ。

 

いろいろな置き場所があるんだけど、神棚の場合には豆八足台の上にはあまり置かないし、置いてあるのは見かけたことがない。

これが神道祭壇になってくると、八足台の上に雲形の大きな神鏡をドンと置いたりするんだけど、神棚の時にはそのまま板の上などに置く。

 

いろんなところと言っても、扉前か最前列が多い。

あとは配置だね、何個か神鏡を並べる人もいるし。

 

インパクトが欲しいとき、パンチを増してみたいときなんかだと最前列はいいね。

 

少し大きめ 神棚の真正面に最適な2.5寸の神鏡

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3415.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。