神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

相撲の土俵の上にある吊り屋根は厚屋根だったんだな しかもあれは神明造りだ

神棚にも厚屋根があります サイズも価格も一段と上ですが・・・ 何気に国技館の相撲を見ていたら土俵の上に屋根があって、吊り屋根というものなんだけど「厚屋根」だった。 どうして今の今まで見過ごしてきたんだろうか? というぐらいの大きな物体だ。 普段…

融通が効かないのでお得にしてある 旅館向けラインで作る上敷きゴザ

特売品の上敷きは縁1種類、江戸間と本間のみ、サイズオーダー不可 おまかせ工房の上敷きはサイズオーダーのお客さんが多くて、規格寸法の上敷きが隅に追いやられてしまったように感じるときがある。 部屋の広さ大きさに合わせたもののほうが良いことを知っ…

木製花台は榊立ての水垢で困ってしまう前に使う化粧箱のようなもの

板でも豆八足台でも長三宝でも折敷でもいいんだけど・・・ これじゃないとダメなんだということはないので、目的場所に合ったものを使うといいかと思う、しかし、もし祭壇のような高額なものの場合にはそれ相当のものを用意するので是非とも木製花台を使って…

明るい神棚に仕上げることができる簡易的なスダレ

御簾はよく使われる神具 サイズオーダーでも作れますが割高になります 簡易御簾は規格寸法の中から選んでもらうほうがいいかと思う、サイズオーダーでも製作はできるけど2倍ぐらいしてしまうこともある。 もともとは箱宮神殿に合わせるために作り出したもの…

お座敷すだれ 付属品の房とカギの別売品は修理や交換したいときに使えます

付属品の取り替えは至って簡単 見ればわかる程度の作業で終わるはず 今、神前御簾・仏前御簾の製作のほうが忙しくて座敷すだれは受注を一時止めていますけど、付属品や長押は問題ないので出荷をしています。 座敷すだれの一時中断はしばらく続くと思います、…

御霊舎の海老錠は祭事の前に外しておくほうがいい 終わったら戻す

中型サイズ、大型サイズの御霊舎にはこの海老錠が付属します コスト削減の大号令の下、従来であれば必ず付属していた海老錠を付けないまま販売してしまう業者もいるようだけど、それは安くなったというものは全く違う話だね、でもなかなか気づかないコスト削…

龍神破魔矢愛好家必見! 箱に入れて置いておくだけでは物足りないときにはコレ

参考までに使った破魔矢は長さ45cm いろいろな破魔矢がありまして、そんな破魔矢の中にひときわ異色を放つ破魔矢が「龍神破魔矢」なのかもしれない、しかも、それなりに有名。 日光の大猷院に行かれた人なら目にしたこともあるかな、金属製の金ピカ破魔矢で…

神棚に神具を並べる時にどのぐらい置いたらいいのか?

神具は増やしてみたり減らしてみたり取り替えてみたりするのも良い 神棚の祭り方に普遍ということはないので、一回決めたら不変のままということも限らない、コロコロと気の向くまま趣を変えてみるのもいいかと思う。 ただ、基準のようなものがあると助かる…

神棚の顔は扉部分 気にならないわけがない だから綺麗な顔を保ちたい

神棚の価格でもっともわかりやすい部分が扉の木目 良い神棚というものは総じてどこも同じ素材で作っていくから価格も上がってしまうので、価格順などで並べ替えをすると後方に位置してしまう、そのため知られる機会も・・・少ないのは否めない。 モノ選び、…

外国製に飽きてきたら日本製に原点回帰だ い草上敷きサイズオーダー

今じゃ逆になってしまった 日本に居て日本製を使わないおかしな時代 海外に居る外国人が日本の製品を使いたがり、日本に居る人が外国製を選んでしまうというのは、よくよく考えてみると変な時代になってしまったということで、産業の空洞化はもう止まりませ…

神前房という普段は意識が向かない神道の飾り 赤色・青色の房

結びを解くと元に戻せないぞ いぢらないことをおすすめする 紐の結び方なんか興味なしと言われそうな分野かもしれないが、人命がらみの仕事や趣味をしている人たちは縛り方を知らないと死んでしまうこともあるので、様々な場面で使うべき結び方を知っている…

割れ物や中で動いては困る梱包をするときに使う衝撃吸収緩衝材

袋を破りつぶつぶの状態で隙間につめていくと効果的な梱包材 昔あったフィンガーポップスという玩具に似ている形なんだけどね、こちらは玩具ではなく梱包材、そう考えてみると玩具はやたらと高かいもんだなと思ったりしてしまう。 あいにくフィンガーポップ…

いずれはやってみたい事を今したい 金幣芯と神鏡の前後置き

神鏡と金幣芯の大きさの組み合わせは商品ページで適合か不適合かがわかります 神社巡りをしていると「この置き方はなんだろう?」と思う配置が多々あって、そこ独自のものから定番の配置に至るまで、自分が見たことがない置き方、並べ方に出くわすことがある…

ゴザの余分な部分を切り落としてみたい サイズ変更、形状変更をしたい

普通の上敷きござでは斜め切りはできません 基本、縦横だけ ゴザの斜め切りはできないと思っていて間違いない、ただし、「自由に切れる上敷き」を使えばできるので「斜め」に切りたいときにはそうして欲しい。 それでも今ある上敷きを斜めに切りたいんだ・・…

一社、三社、五社、七社とある尾州桧の神棚シリーズを使ってみる

尾州桧の神棚を使う 一昔前は当たり前 今では上位版になったかな 東濃桧の神棚というものは大量生産・大量販売という販売スタイルを得意とする量販店で扱う商品になる、比較的安価だから求めやすいかと思う。 こちらの神棚は尾州桧になる。 50年ぐらい前であ…

日本製の神具を使う ただそれだけのこと セトモノセット

神具のジャンルも外国製が蔓延る時代だけど国産神具はまだまだ健在 後から出てくる事業者は低価格をどうしても求める傾向があるから外国製を扱う傾向があるのはしかたがないし、古くから商売をしている事業者は従来の顧客がいるので粗悪品は扱わないこともあ…

神前幕を使ってみようか 掛け方で失敗しないためのアドバイス付き

幕は張らない 「張る」のではなく「掛ける」感じで十分 それが綺麗 おそらく言葉が悪いんだと思う、「幕を張る」と言ってしまうことがあるかと思うので左右にピンと張りたくなってしまう、それが正しいと思ってしまう。 いろいろな幕があるかと思うけど、神…

園児向け 砂場で使えるヒザやオシリ、カカトなどが痛くない敷物

保育園、幼稚園では屋外のお食事会が増えたようなので使われる機会も増えました 園児ぐらいまでの子供がマスクをする生活を続けていくと、顔の表情を学び取れない子供になってしまうとかいう話があるようでして、目元、口元に限らず顔の表情というものは大人…

破魔矢の置き方を変えてみるか 年に4回ぐらい変えてみるか

ついでに神具の配置も変えてみるのもいいだろう リフレッシュできる だいたい家の中は散らかっていることが多いようでして、外では着飾ってみても家の中はグチャグチャだったなんて話はいくらでも転がっているわけです。 ただ、どれだけ散らかっているように…

ありそうでなかった一段低い豆八足台 上下二段で使える神具セット

神具の並べ方は様々 豆八足台が二台になるとバリエーションが増える よく見れば数種類しかない神具だけどその組み合わせを考えれば様々な並べ方があって、人それぞれ違うし場所ごと違うから他所で見かけると参考になることがある。 そろそろゴールデンウィー…

猫と神棚の相関関係 猫は悪くない 猫対策には箱型の神棚もいいだろう

ここはダメなんて無理だから 猫の遊び場にしたくないとき 家に猫がいると神棚は絶好の遊び場になってしまって困るんだという話がある、言ったところで聞き入れてくれる相手ではない、神棚と猫の論争は尽きることがない、なんせ相手は油断できない相手だ、し…

地鎮祭をやらないなら鎮物ぐらい埋めておく 自分でできるからやるだけ

世の中の流れとしては従来のものを無くしていくらしいがそれでいいのか? 日本は世論に流されやすいと言われるようだ、誘導させる側には都合がいい国民性ということらしいけど、こっちだぁ~と言えば一斉にその方向に向かってしまう癖がある。 日本で行われ…

神棚の棚板を選ぶ時には神前幕と注連縄の有無は必ず先に決めておくこと

幕板というパーツは後付では見た目が悪いから最初に選ぶのがコツ 神棚のことを「お宮」「宮形」「社」「神殿」「本殿」など言うことがあって、棚板のことを「神棚」ということもあって、問い合わせでもこれらの言葉が入り乱れるので、地域によって違うのかな…

人を祀る 願いを込めたいときには人の形をしたものを使う 木製人形代

むき出しで使うときとは意味が逆転する祭祀具 木製人形代という祭祀具 祀るのであれば社(やしろ)は必要だと思う、木札でも同じなんだけどね、むき出しのまま立てかけるのであれば簡単なものでもいいから社の中に入れておく。 御札舎本一社という箱型の神札…

防水ダンボールを使ったキャンプでのごみ処理は大人のマナー

楽しさの先にある大人のマナーを守ろうか キャンプのゴミ処理 そろそろ大型連休の始まりということでスポーツ用品やホームセンターのキャンプグッズ売場にはお客さんが多いように感じる、ともかく新品の用具を持参してキャンプ場にくる人たちが目立つから、…

神棚にスダレを付けてみよう 簡易版の神前御簾で明るい神棚にしてみよう

神棚で使うときには簡易版の神前御簾で十分です 神前御簾と聞いても、なんだそれ? という人もまだまだ多くて、見たことはあるけど名称までは知らないこともある、そもそも「御簾」という言い方すら聞き慣れないんだろう、「みす」と言います。 「すだれ」な…

ゴザをタンスの前で切りたい 家具の移動ができないなら補修縁でサイズ変更

GW期間中はレターパック便で補修用ヘリテープの出荷対応中 連休中しかできないことをする、、、こんな目標を掲げてみても一向に作業がすすまないのは一歩も前進しないからなんだろう、その一歩を踏み出すには何かを動かしたり変えたりすることかな、眺めてい…

山に住んでいる そんな場所から陽が昇る 上彫神鏡という台座のイメージ

台座のイメージは草木、林、森などからの木漏れ日かな 一ヶ月ぐらい前から週末になると雨だった地域も多いようで、伊豆半島も同様な天気だったけど、先週は久しぶりの好天に恵まれたせいかツーリングの人たちが多かった。 道路にも青い矢印マークがあってそ…

神棚にアクセントを加える かがり火を置くと全体がキリッと締まる感じ

黒い神具をひとつ置いてみる ローソクは差すだけでいい かがり火はローソクに火をともすこともできるけど、消し忘れが怖いから飾りとして使うのがいいかと思う、ともかく、忘れやすい年頃になったと実感しているなら、それは間違えなく自覚があるので灯明は…

神道祭壇や祖霊舎で使う三宝 神棚で使うなら良すぎる神具

神棚本体より神具1個のほうが高くなる祭り方はバランスが悪い 単体であるものであれば一個一台を考えていればいいけど、パーツが構成されたようなものだとバランスということを考えないとおかしなことになるよね、パーツ数が増えれば増えるほど難しく経験や…