神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

霊璽(御霊)の名入れは神職の仕事 手書きの一発仕上げが普通

霊璽だと手書きが多い 位牌だと機械入金が多い 神仏の違いではない 名入れすら避けている神職だと・・・なんて書き方をすると怒られてしまうかもしれないが、普通は文字の練習ぐらいしているもんなんですよ、そういう職業を選んだのだからそれぐらいヤレって…

結局、良い神棚に回帰する 一周回って戻ってくる 尾州桧の神棚 富士三社

尾州桧の神棚に激安品はありません でも幅広く選ばれるには理由がある ロングランの商品というのはそれなりに魅力があるかと思うので、まだまだ世の中には50年100年150年200年・・・と続いている商品がある。 ただ、食べておしまいのような消え物…

神棚前の水垢対策 豆八足台に水玉と瓶子(平子)を置く

豆八足台の上に水、米、塩だけあるわけではない 理にかなう置き方 理にかなう置き方というのは「水垢対策」なんです、黒く円形に残る水垢は祖霊舎では目立ちすぎてしまうし、神棚の棚板でも避けたいだろう。 以前、画像のような置き方(水玉と平子)を乗せた…

御幣の上位神具のような使い方をする金幣芯(きんぺいしん)という神具

紙垂のような御幣のような なんとも不思議な神具なんです 金幣芯 紙垂っていうのは、注連縄につけるヒラヒラした白い紙のことなんだけど、わざわざ折り曲げて作ってある、ほとんどの人はその折り曲げがどうして折り曲げてあるのか考えたこともないかもしれな…

神棚でいつかはこんな祭り方をしてみたい おっ!って思わせてみるか

神仏が嫌いな人でもキッチリしたものなら文句を言わない 家の中に神仏を毛嫌いする人がいると、「神がかったことばかりして」「宗教じみて馬鹿みたい」などと小言をいわれて腹が立つ人もいるようでして、だったら言われないようにする方法のひとつ「きっちり…

木製灯篭は祖霊舎や祭壇では欠かせない神具 神棚では贅沢品かも

神棚で使うときには社の価格とのバランスも大事かもしれない 御本人が良ければそれはそれで何ら不都合がない、、、こういう言い方が無難な言い方になるわけなんだけど、外から見ると摩訶不思議なバランス感覚が見えてくることがあるかと思う。 一点豪華主義…

木札用の神棚として使える箱宮の外箱 神棚では収まりきれないとき便利

社(宮形)では入らない木札を祭りたいときの参考例 神棚のことを社(やしろ)と言ったり、宮形(みやがた)と言ったりするのは、「神棚」を棚板として考えている地域もあるためなんだけど、「神棚の上に社を乗せてある」なんて言い回しをしてくれると、話が…

使うなら本物 神前や仏前で使うスダレ 一枚掛けておくといいでしょう

神仏前用の簾を家庭で使う場合には床の間、仏前などがとても多い まず、神前御簾、仏前御簾のパーツのバラ売りはしていないので、房だけあるか? 金具だけあるか? という問い合わせがちょいちょいありますが、当店ではできません、バラ売りをしている店を探…

い草上敷きに挿す上敷鋲で目立たなく馴染みやすいピンがあります

透明の鋲と同系色、近似色だと思っている鋲は避けましょう ゴザにピンを挿して止めたいとき、ピンの頭が迷彩色が良いだろうと思いつつも似たような色を選んでしまうと、和室の場合には浮き出て見えてるからやめてきましょうか。 自然のようないろいろな色が…

すだれ付きの特別仕様のガラス箱宮三社で一番小さなサイズの祭り例

これ以上小さいと一社になり、三社では大中小になっていきます 箱型の神棚を探している、ガラスタイプの明るい神棚を探している、小さな三社を探している、、、このような条件であれば今回、神棚の祭り例として紹介をしているガラス箱宮三社16号御簾付き仕様…

神棚、祖霊舎、祭壇などで利用できる幅30cm超えの豆八足台 二段組も可能

高さの違う台を二台置いて二段式としても使えます 小さな八足台と言ってみても、尺超えサイズになると使う場所が限られてくるので、大きな神棚、祖霊舎、それから八脚を使ったような祭壇だと、このぐらいのサイズの「豆八足台」を使ってみてもいいだろう。 …

家を建てると不幸が起きる 偶然・迷信だけどね 地鎮祭ぐらいしておこうか

鎮物を埋めるだけ 自分でできるからやっておくといい 霊感商法のようなものに引っかかり不吉な悪いことを言われると、この野郎 すぐに脅しやがって、なんて思いたくなるのもよくわかる、だから、感情優先ではなく理屈も加えて考えつつ話を聞いてみるのもいい…

三宝の選び方は適材適所がいいだろう ともかくピンキリの神具です

知れば知るほど種類のある神具 それが三宝 折敷 遠山三宝 「三宝」と聞くと世の中のあるものは皆同じと考えてしまう人もいるかと思う、しかし、実際は店ごと違うってぐらい種類があるので、あちらこちらの店を回って見てみるといい。 似ている・・・遠くから…

破魔矢の絵馬は外してもいい 外した絵馬は飾っておけばいい

おまかせ工房の破魔矢置き台シリーズは掛ける、置く、立てかける、差す いろいろな問い合わせがあって、破魔矢を置くと傾くのですが・・・なんていう問い合わせのような相談があって、よくよく聞くと絵馬の重さで傾いていたというオチなんだけど、中心に置く…

DIYも可能かも 神棚用の棚板は軽くて組み立てやすい簡易的なものでも十分

幕板と膳引きだけは必要か不必要か見極めてから選ぶこと どんな神棚向けの棚板にしても、後から幕板と膳引きを取り付けるのは難しいことがあるので、この2つのパーツについては事前に決めておくことを薦めたい。 幕板は飾りを兼ねた神前幕、注連縄などを付…

今どき日常生活で木製手桶、半桶、杓など使わない 地鎮祭のときぐらい

祭事というのは本来のものを使う 寿司桶が出てくると失笑される 知らない人にとっては皆同じに見えてしまうということは、生活の中においていくらでもあるかと思う、しかし、どんな些細だと思うことでも見る人が見れば・・・ということはある。 意識の中に伸…

大型神棚や祖霊舎で使うサイズの豆八足台 幅1尺~1尺5寸まで

豆八足台は通常版と短足版がある 組み合わせれば二段式としても使える 神具というものは小さなものが多くて、大きな神具になるといきなり大きくなって、本殿で使うようなサイズになってしまうものが多い。 神鏡にしても、金幣芯にしても、真榊にしてもそうだ…

上敷きを敷くとき木枠があって上敷鋲を挿せないときには下穴をあけてから挿す

小上がり、囲炉裏、堀こたつ、板の間など木枠で囲われた部分にゴザを使う 普通の環境であれば畳に挿すことになるので、このような施策を考える必要は全くありませんが、特殊な環境でゴザを使いたい、補修用ヘリテープを使いたいという問い合わせがある。 試…

神棚に彩りを与える真榊 あると便利な豆八足台 神具セット

神具セットに木彫りの雲は大小どちらか無料サービス期間中 よくわからない神具かもしれないが真榊というものがある、おそらく、どこの神社に行っても、どこの神道系教会に行ってもあるのではないだろうか? と思うぐらい珍しくもなんともない神具な割に、見…

神棚や祭壇で使う榊立てには2種類ある どちらを使うのか?

神棚なら首長スタイル 祭壇なら囲い付きが多い気がする 結論はどれをどこで使っても良い・・・ということになるけど、それでは話が膨らまないので、経験的には副タイトルの通り「神棚なら首長のBスタイル 祭壇なら囲い付きのAスタイル」がよく使われている。…

和室の大きさ 日本家屋の間取り 江戸間 本間などの寸法

現代の住宅の場合、和室はこの寸法で作られていないことが多い 身近なものでも話題にならないものだと知らないことも多くて、畳の上にゴザを一枚敷きたいだけでも、何を選んでいいのかわからないなんて当たり前にある。 まして、聞いたことがあるけれど何だ…

箱型の神棚は神宮大麻(頒布大麻)のサイズが適合する 単体の社の神棚と違う

箱型の神棚はコンパクトサイズ もっと大きなものは単体の社を使う 神札にはいろいろあって、一箇所の神社だけしか知らないとそれしかないと思ってしまう人もいるようなんだけど、形もいろいろ、サイズもいろいろ。 大きなほうが御神徳があると・・・いうこと…

神棚を並べるときには素材は同じものがいい 木目の揃ったものを置きたい

三社の横に一社を置く 分社したり別の社として使う 分社なんて言い方をすることがあるんだけど、別にしておきたい神札があったりすると、それ専用の社を用意して横に置いておくことがある。 そのときには安い神棚でやるとチグハグ感が出てしまうので、それな…

本格的な固定式八足台は家庭では使わないほうがいい 組立式八足台にするべき理由

家庭なら組立式八足台にして間違いなし 本格的な固定式は避けろ 右でも左でもないようなことを言っていてもしょうがないので、八足台の世界においては「固定式」と「組立式」とあるわけなんだけど、家庭で使うなら組立式にしてくれというお話です、言い方を…

豆八足台を2台使う 上下の段差があれば出来なかったことができる

より神前らしくなる 豆八足台という神具を上下2段にしてみる やってみてぇ~ いってみてぇ~ してみてぇ~と思いつつも、そのまま時間が経ち、興味も薄れて、昔話の回想録ばかりなってしまうと聞く側もあきてしまう、新しいことがないと話のネタも出てこな…

神棚と御札と祓串 たったこれだけでも祭り方次第で整った形になる

御札舎本一社の中に祓串を入れて扉を閉めてもおける 9月になると電話が増える、これは神社などで祭事が増えることも影響するのかもしれないが、問い合わせの内容次第では電話では全く答えることができないこともあります。 どうしても電話だと、突然の電話…

二段式八足台のときの段差はどの程度がいいのだろうか

二段、三段の八足台のときには段差を考えないといけない これから八足台を作って神棚設置台として使いたいとき、すでに既存のものの取り替えであれば考慮することがないと思われることに、「段差」がある。 一段式、つまり、一台しかないときには当然ながら…

補修用ヘリテープを使えば自宅でゴザのサイズ変更、形状変更ができる

縦横をカットしてタンスや柱を避けて敷き込むことができる 真夏の時期に比べると若干涼しくなったようなので、い草の香りが部屋に行き渡りやすくなるはず、そのため9月はい草上敷きの少し出荷が増えます。 5月、6月で先に敷いておくか、7月、8月を避けて9月…

ガラス箱宮に2サイズの違う神具一式セットを入れたときの参考例

神具一式セットの極小とそのワンサイズ上を組み込んだときの事例 箱型の神棚では幅2尺というサイズになると大型サイズになるわけなんだけど、場合によってはもっともっと大きなガラス箱宮スタイルの神棚を探している人もいるかと思う、そのときには探しても…

国産神具と外国産神具の比較 見比べ 違い セトモノセット

形も色合いも若干違うけど重さは国産より外国産のほうが軽いようだ 一度、自身の記録のためにもこの企画をやってみたかったので、「セトモノセット 日本製と外国製の違い 比較 見比べ 違い」という内容です。 実際、違うことは遠の昔からわかっていたことな…