神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

ナニコレ? 神具の補助的な役割を果たす水米塩の固定台

あれば便利で役に立つ 毎日の行為が続けられる補助神具 ともかく熱というのは冷めるものなので、生活のありとあらゆることでモノの見え方がガラリと変わることは誰でもあることなんだけど、ダイエットでもトレーニングでも勢いのあるときは無茶をしてでもレ…

桐箱に収めて鎮物を埋納してみる 桐箱以外は使わないほうがいい

古墳の出土品から考えれば鎮物本体だけが残るようにしておきたい いくつかの鎮物が世の中にはあるようなんだけど、考え方としては鎮物本体(七種一組)のものだけが残ればいいかと思う、それが古墳から出てきたんだからそうしておけばいいのではないでしょう…

破魔矢を垂直に飾りたいときに使う神前破魔矢差し 桧製

短い破魔矢なら神棚でも飾れる 棚板の高さ次第かな 破魔矢を垂直に飾りたいとき壁に立てかけたりするとなかなか安定しなくて風が吹いたら倒れてしまうから、なかなか垂直飾りをしている人は少ないかもしれない。 破魔矢差しのような道具を使えばそれが可能と…

木箱のような箱型の神棚に神具を収めたみたときの参考例

箱宮シリーズには一社と三社、五社があり外箱は一社用と三社用だけ 観音開きの扉にガラスを外して板を入れて完全木箱タイプにしたいときには各人で用意をして欲しいわけなんだけど、ガラスと同じサイズのものを用意して入れるだけなので、作業としてはなんら…

小型の一社の神棚を横に3台並べたような薄型の三社の神棚

神具も一緒に祭っておくと薄型の神棚でも見栄えが増します 一社神殿を個別に3台並べてある光景も何度も見たことがあります、おそらく、個々に違う時期に揃えていったように感じているけど、同じ神棚で揃えておくとそれなりに見栄えがある、これをあっちでこ…

神棚であれば一番小さな真榊が最も使われる 木製台軸仕様の真榊

真榊は「大は小を兼ねない」ので場所に合った大きさを選ぶこと 真榊という神具を知らない人はまだまだ多いから、何か新しいものでも祭ってみようかと思案中であれば「真榊」はおすすめしたいな。 それでもこんなものは見たことがないという場合には、本殿内…

日本家屋の畳サイズ一覧表 半畳・四畳・団地間は参考程度です

花ござの場合には江戸間8畳と10畳は寸法が違うので注意 い草上敷きと花ござの違いなんかあるのか? といわれそうなんだけど、花ござというのは模様を織り込んで作る関係で比率というものが最優先される、無地を織るのとではわけが違う。 そのため「花ござ…

神札が浮かんで見えつつ正面以外からは見えない神棚 伝統工芸士作

置くだけでも壁に掛けることも可能 破魔矢も掛けられます シンプルすぎて素人でも簡単に作れてしまうそうな気がすると思ってみても、やってみれば出来ないことがよくわかる、さすが伝統工芸士作のお札差しのご紹介です。 質感はカット面から生まれているわけ…

祭壇で使うなら良い神具を選びたい 三宝、折敷、遠山三宝

神棚だと贅沢な神具になります 八足台、祖霊舎などの祭壇向け神具 何度も書いていることなんだけど三宝、折敷、遠山三宝の神具はピンきりになっているので、安く作ろうと思えばトコトン安く、それとは別に贅沢三昧をしたければ驚くほど高くなっているんだけ…

神前幕は取り替える頻度の早い神具 そして種類もいろいろある

同じサイズで販売されている神前幕の比較例 神前幕はいろいろな店で販売されているから馴染みのある神具だと思う、元々の由来は陣幕なので神棚では神前幕を結界として利用している人も多いはず。 あいにく陣鐘、陣鼓の神具はないね、陣幕だけが残った理由は…

祖霊舎や八脚案の上で榊を使うときには木製花台は必需品です

大きな棚板で神棚を祭っているときでも使うことがある 共通項のようなものがあって、祖霊舎、八脚案、大きな棚板・・・これらに共通していることは「安くない」という点なんだけど、数万円から数十万円するものだらけの世界です。 高いものだから木製花台を…

魅せる置き方ができる 破魔矢の機能美を引き出してみよう

神前破魔矢シリーズは置く、掛ける、差す、立てかけるができます 9月の中旬に入って薄っすらと涼しさがでてきて、少しは過ごしやすくなったかな、もう一回ぐらい熱波が待っているのかな、というまさに前線でギリギリのせめぎ合いが空の上では行われているか…

大きな一社の神棚は三社と並べることもある 尾州桧で作る神棚

一社と三社の横並べのときには素材を合わせておくのが基本中の基本 一昔前だと神棚は専門店、仏具店、ホームセンターの三箇所ぐらいでしか見かけることがなかったけど、今では通販であちらこちらのものが紹介されていてどれにしようか迷ってしまうほど売られ…

フローリングの上でも使えてさらに縦横斜めに自由に切れるゴザ

切ったら補修用ヘリテープNo.1を必ず貼って上敷鋲を挿しておく 和室と言っても和室空間のように立ち上がりにして部屋の一区画だけ和室にしている家などもあるし、置き畳を敷き詰めて和室風の文化を楽しんでいる住宅もある。 マンションなどでは和室無しとい…

神社の拝殿に置かれている不思議な神具 神棚でも同じことができる

国産神具を使おう 祓串、神鏡、金幣芯の組み合わせ あいにく今回紹介する並べ方で使っている3点の組み合わせではセットということをしていないから、個別に選んでいってもらうしかないけど、どこかで見たことがあるけど何を選んでいいのかわからないことも…

神具はあれこれ組み合わせて配置してみると劇的に雰囲気が変わる

金幣芯や祓串などが加わると置き方にこだわりたくなる 神具の配置って決まりごとがほとんどなくて、今回の例で言うなら真榊の左右に位置関係は決まっているぐらいかな、真榊っていうのは五色のヒラヒラのある三種の神器がぶら下がったもの。 その他の神具で…

黄ばんだイグサは御役御免 新しい青々したイグサに取り替えよう

黄ばんだものはイグサの効果が終わった抜け殻みたいな植物 そもそもイグサを見たことがない人たちも多くて、何メートルもあるものだと思っていた人もいたけれど、使える部分としては1メートル程度で先端が細くて根本のほうが太い植物。 天然素材だからなんで…

極めてシンプルに神札を祀りたいときの一例 御札舎と祓串

スカッとシンプルに祀る あれこれなくても整った祭り方ができます ひとつの一例ということで、御札を入れておくサイズのシンプルな箱宮である御札舎本一社と祓串を使った参考例です、祓串の変わりに御幣でも金幣芯でも神鏡でもOK。 祓串のような神具は外に出…

見上げると雲がある神棚 雲の上が天であり空であるからコレが必要

位置決めがどうしても必要 天や空を掴むような位置にしない 雲板っていう神具があって効果については眉唾物かもしれないし、そんなことを言い出したら世の中は眉唾物だらけになってしまう、まして今どき自分自身すら信じられないなんて話はごろごろあるわけ…

尾州桧で作る御霊(みたま) これを霊璽(れいじ)とも言います

御幣は神棚でも使うことが多いので馴染みがあるものかもしれない 位牌は知っていても霊璽を知らないということはよくあることで、初耳だなんて人は世の中たくさんいるかと思う、霊璽なんか読めない書けない漢字のひとつ。 その霊璽のことを御霊なんていう場…

神棚の社をそのまますっぽり入れておける神殿ケース

単体の社を収めたり大きな木札、木箱などをに最適 箱宮のようにして神棚を祭っておけるための神殿ケースです、新しいうちに入れておくことが多いようですけど、社本体のみならず大きな木札を祀っているような場合でも神前に神具を配置できる空間を確保できる…

地鎮祭で使うなら手造り品を選ぶ ただ安物ではない 木製桶

造り手が居なくて困る業界のひとつ 貴重品になりつつある 「昔ながらの」という言い回しがある、なんとなく安心感のわいてくる言葉で優しさも同時に感じるから不思議な言葉だと思う、老舗とかね、それだけ長く営業できるのはお客さんが付いているからなんだ…

普通の畳で使う上敷き鋲は薄畳、置き畳、システム畳では使えません

要するに安い畳は薄く作られているのでこの上敷き鋲は使えない 畳って上から見ることがほとんどでしょうから、畳の厚みっていうものに関心がない人たちは多いと思うし、まして内部構造などになったら畳店を信用するしかないだろう。 それとリビングで使うよ…

神前幕を棚板の幕板に付けるときと箱宮に付けるときは方法を変える

同じやるなら格好良くキメたい 見た目は大事だ ここ一番ってところでしくじってしまう、最後の最後でコケてしまう・・・そんな人だらけなので心配御無用ということで話を進めていきましょうか。 ヤルなら本気でってことで、神前幕一枚を付ける掛ける取り付け…

神棚の棚板は軽量タイプなら日曜大工で設置ができる

簡易的な棚板セット 幕板のあるなし 膳引きのあるなしなど選択可能 神棚の棚板は低価格なものから高額なものまで幅広い選択肢があって、社本体に合わせたものを選んでいくことが多いはずだけど、板の厚い重厚かつ重量のあるものは、あくまでも天井付近の壁に…

この神具は何だろうか? 使ってみるとその便利さがよくわかる固定台

受注製作なのでセットのときだけ同じ桧で天板が作れます 穴が空いている道具がある、その道具は水、米、塩を乗せておくもので、そのまま乗せて運ぶこともできる、豆八足台と一緒に使うことが多い見慣れない道具。 毎日のお供え交換が楽になります。 こうする…

神棚にも注連縄を使うことがありますが、どこに付けるのがいいのか?

箱宮なら本殿の屋根の下あたりがすっきりしているのではないだろうか 9月に入ったので「わら縄」の出荷がそろそろ増えだすと思うけど、9月は全国的にあちらこちらの神社でお祭りがあって、時には神輿も出たりして・・・という光景が当たり前だったけど、今…

神具の置き方 目に飛び込んでくる神鏡、金幣芯、祓串

神具の配置って個性がある いろいろ変えられる 仕事の関係で神社へ行ってきて、普段ブログを書いている金幣芯と神鏡の関係やら祓串のポジションとかがこれは参考になるのではないかと思ったから事例の紹介です。 左側の八足台は一段式を3台並べているけど、…

事例を参考に逆縁仕様の上敷きというものを説明する

幅x長さで表記するには訳がある ここはとても大事な部分です 7月頃からのイグサ上敷きの製作において、逆縁仕様での注文が増えたこともあるので再度「逆縁仕様」と「通常仕様」の違いというものを解説してみたい、この2種類の違いがわからないとかなり違…

神具と神具を組み合わせて祭ってみる 神鏡、金幣芯、御幣、祓串など

神具の組み合わせは前後にしたり左右にしたり離したり 神具一式セットという項目があって、実物の神具で組み合わせを紹介しているページなんだけど、大きさの検討に役立つのではないかと思う。 組み合わせて配置したいときどこに置くのか、どのように祭りた…