神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

小さな神棚の前で使うような八足台でも二段式で使える仕様がある

通常版と短足版を組み合わせれば二段式として使える豆八足台 神棚の棚板の上に水滴が付きやすいセトモノ類などを直に置くのは避ける傾向があって、理由は至って簡単で「黒い円形の水垢が消えない」ということ。 そのため今回のような豆八足台、長三宝、折敷…

連休も近いし神社めぐりのときには本殿内部を観察してみてはどうだろう

神具の置き方を見る機会 でもその前に神具を知らないと始まらない 物事っていうのは、思いつきだけで事を進められるような個人レベルの範囲なら思う存分思いつけばいいんでしょうけど、事をする前にある程度は知識や見識が求められる分野がある、あるという…

高さ寸法があまりない平べったい横長スタイル 通し屋根三社の神棚

明治シリーズには金具扉と唐戸扉があります 神殿様式には比率のようなものがって、一般的に神棚として作る神殿の場合には、正面からみると正方形に近いものが多いけど、今回の明治神殿は横長です、明らかな横長スタイル。 平べったいというか、高さをおさえ…

神棚に祓串を祭る 今までなかった神棚サイズの祓串・大幣

素材:桧製の軸と棒、和紙の紙垂(しで)、大麻(おおぬさ)、紐は正絹白糸 祓串は大小2サイズを作っているので組み合わせて配置できるように台座の面積は同じにしてあるから、整った並べ方ができると思う。 台座の底面は大小共に4cm角です。 大きなものは太…

事例で紹介する「こういう神前幕の掛け方はダメだ」 わかりやすいので必見

そろそろ神前幕を用意する時期だと思うので失敗例を紹介します 神前幕の掛け方を間違っている人たちは多いんですよ、、、という内容で記事を書いたことがあるけど、事例のようなものがあればさらにわかりやすいのではないかと思いまして、今回は失敗例付きで…

専用の神棚入れも用意している尾州桧で作る屋根違い三社の神棚

新しいうちに入れておくといいので神棚ケースと同時に選ぶ人が多い しばらく在庫切れをしていた尾州桧の定番三社「弥栄屋根違い三社 小型サイズ」が出来上がってきたので、早速、ブログでも紹介をしておきたい。 これも時代なのかもしれないけど、大型より小…

い草上敷きをホームセンターで買ってきたけどサイズが違う時にすること

既製品の寸法が間違えているのではなく部屋が狭いだけ 他店のレビューを見る機会があって読ましてもらったんだけど、ゴザの寸法が違うとかなんとか書かれていて、そんなことはないだろう、と思いつつも見ていた。 通販に限らず、グーグルでも「レビュー」っ…

いつかは選びたい神鏡 雲形神鏡という神道ではお馴染みの神鏡

行き着くと雲形神鏡か極上竜彫神鏡になることが目立つ 神鏡は種類やサイズをいくつか用意しているけど、コロコロと取り替える神具でもないからそうなっているわけです。 置き場所を変えればサイズを変えてみたりするので選びやすくはなっている。 一個の神鏡…

帰省するついでに鎮物を埋めてくる 桐箱版でも簡易版でもいいだろう

地鎮祭を逃したらあとはキッカケがあればいつでもいい 鎮物の埋納を気持ち優先でやっておきたい人たちがジワジワと増えてきて、必ずしも住宅建築と関連しているわけでもないようですね。 こういう風習は知る機会がないとそのまま知らないでいいものだし、知…

木箱のような神棚を探しているなら箱宮神殿や御札舎がある

ガラスを板に取り替えれば箱宮神殿は木箱のようになります 今回はやや指向性を変えてみて、木箱のような神棚を探している人たちもいるので、一工夫を必要とするけど、なかなか世の中にはない神棚になります。 2パターンの神棚があって、ひとつは箱宮神殿タ…

神具の中で一番安かったから選んだ その選択が失敗していることすら気づかない

流行りがないけど廃りもない 神具選びのコツ 神具業界ってブームが起きない業界、バブルも経験できない業界とでもいうのでしょうかね、いつまで経っても平行線みたいな業界、見方を変えると、バブルと違って消えてなくなってしまうこともないだろうという業…

目立ちにくく馴染みやすいゴザのピン 上敷鋲の選び方

上敷きを使うときには必ず上敷鋲を挿す 挿して留めること ゴザを敷く時には必ず上敷鋲(カーペット鋲)は使うから用意をしておいて欲しいわけなんだけど、稀にそういうことを知らない人もいるようで困ります。 おまかせ工房では当店で上敷きを作った人たちに…

中型サイズの神棚ケースに赤色の御簾を取り付けたときの参考例

この中型サイズ用神棚ケースの赤色の御簾は特注製作になります まず、神棚ケースには小型サイズと中型サイズがある、そのうち小型サイズには「緑色の御簾」「赤色の御簾」を常時用意している、そして、中型サイズには「緑色の御簾」を常時用意している。 と…

神棚の天井に貼ってあることがある雲という神具 雲じゃないとね

本来は雲 もともと雲 それ以外は業者の趣味で作ったようなもの おまかせ工房の雲は手造りなんだけど、こういう単純なものはマシンを使って次から次へと作り出せるもんだから、業者さんというのはいろいろな文字を作り出してしまう。 それが売れて広まれば、…

今なら無料で房の色が変えられるガラス箱宮神殿のすだれ付き仕様

房の交換は購入時だけ無料でできますが、後からでもできる 赤色の房、青色の房は別売もしているから、それとなく気分転換に取り替えてもいいかもしれないけど、後からの場合にはちと面倒になるので、最初から赤色の房がいいときには購入時に選択をしておいて…

水を家の中に置いてあるといいよ 水玉ひとつでできる乾燥対策

水玉、花瓶、水槽など、特に夏場はあるだけで調節ができるらしい 風水なのか建築学の話だったのかなんだったのか記憶があいまいで申し訳なんですけど、家の中に水物を置いてあるといいぞ、という話をきいたことがあって、これは精神世界のような話ではなくて…

いつかは置きたい神具 金幣芯という摩訶不思議な御幣の上位版

不思議なぐらい最初は目に入らない 知ると飛び込んでくる神具 せっかくだから国産神具のほうを使いましょうよってことで、そんな神具の中に金幣芯という見慣れたような見慣れないような、こりゃ一体なんだい? と言いたくなる神具がある。 周囲にある調度品…

大きくも小さくもない神棚一社神殿 尾州桧版だから全体的に綺麗な素材

専用の扉御簾を用意済み それだけ使われる人たちが多い神棚一社 程よい大きさがあるとすれば中型サイズということになるのかな、作る側としてはワンサイズのほうが効率的に良いのは自明の理というものだけど、人の好みに合わせていくことは製作現場からした…

上敷きが大きいのではなく部屋が狭いだけ サイズ変更なら補修用ヘリテープ

今どきの和室は日本家屋の間取りでは作られていないことがある 滅茶苦茶な間取り寸法で作られている和室は困るんですよね、昔々は家具も間取りに合わせて作られていたそうだけど、家具に関してはいつからか地域の差がなくなったらしいけど。 どういうことか…

家庭菜園で使うプランターが豪雨や台風で全滅する前にできること

透明ラップを使うと様々なサイズのものを覆うことができる 専用のものを用意すればいいんだろうが、サイズがはっきりしていないものの場合には都合がつかないことがあるから、できることなら何でも使えるようなものを探したいときがある。 カバーってあるで…

神前幕は洗濯しない 基本、使い捨ての神具 定期的に取り替える

古びるまで使わない もったいないけどそういう神具 消えて無くなるもの、消費をしていくものではないときには、いつまでも現存しているから、そのまま使い続けることに抵抗感がないよね。 少しぐらいダメな部分があっても、使えるなら使おうぜ、ということに…

神棚で使える祓串 これは画期的な神具です 大小2サイズあります

祓串は神具の中でも置き方や組み合わせが無数にある 軸も抜けるし大麻も付いているし、大小2サイズの底面は4cm角で統一しているから、大小組み合わせて並べたときでも綺麗な並べ方ができる。 大きな大きな振って使う祓串の素材をそのままに、小さく小さ…

神棚が付属していない箱型のものを使う それ自体を神棚として使う

一社用が1種類、三社用が2種類ある 箱宮神殿とその外箱 まず先に言っておきたいことは、この2つの商品は別のものということかな、だから、箱宮の中に神棚がセットされているものを取り外して、空洞のものにするということではない。 箱宮神殿は箱宮神殿と…

同じようで全く違う 小型の神前御簾には簡易版と本格版がある

ざっくり分けるなら 神棚で使うのか? 祖霊舎で使うのか? 簡易的な神前御簾、本格的な神前御簾は似ているものなんだけど価格が全く違うので間違える人は皆無ですね。 もし、予算があれば本格的なものを使いたい、、、という人もいるかもしれないけど、神棚…

神棚で使う時にもう少し低いものはないか? 短足型の豆八足台

豆八足台の世界はたった1段 たかが1段 されど1段 そんな感じ 超便利な置き台なので豆八足台を神前で使っている人たちが多いわけなんだけど、いろいろなところで作られていて、日本でも作っているし外国でも作っているので珍しいものではないかもしれない…

い草上敷きの代わりに和室で使う濡れても気にしない敷物

い草上敷きではなく業務用ポリプロピレン敷物を使う選択肢 和室と言えば「い草」が使われた場所になるから、素足で歩くと気持ちが良すぎて、寝転がるにも心地良く、寝室にすれば安眠効果で熟睡コースまっしぐらという具合に、日本の生活、気候には最適なんだ…

本物の手水用具があります 地鎮祭で使うためのものです

祭事では場違いなものは使わない 手筈が悪いと段取りに影響する 目的を持っているものを事前に用意をしておく必要がある・・・他人まかせで済ませることができるならそうしたいかもしれないが、いざ自身が用意をしないといけない立場に立つと、何をしていい…

八足台の上に三宝を置く時の高さはどのぐらいがいいのだろうか?

八脚案と三宝の位置関係 こだわりすぎなくてもいいかと思う キッチリは度が過ぎるとちっとも前に進めないので、ほどほどキッチリぐらいで話を進めておくといい感じになるので、是非、神棚の祭り方も同じようにほどほどキッチリで構成してみて。 八脚案の上に…

神具のサイズ選びで迷ったら神具セットの中から選んでみてください

神具のサイズの組み合わせで判断できないときに参考になるかと思う 単品だけ選ぶ時でもどれにしようか迷うこともあるでしょうけど、組み合わせて選ぶときにはさらに迷うこと必定なんでしょう。 普段から見ている、身の回りにあるようなものであれば判断でき…

半年が終わった 節目を作る良い機会 破魔矢の置き方を変えてみる

置き場所、置き方、変えられることは気づけばあるもんさ 1999年9月から通販を始めて今年2021年で22年ほど経ちましたけど、静岡県内で佐川急便が荷受と配達を共に停止したことは初めてのような気がする。 7月4日に熱海で土砂災害が起きたわけなんだけど、線状…