神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

ガラスの上に神棚のお供物は置かないほうがいい 滑るって知らないのかな

ガラスの棚板だと滑って落ちます ガラスシェルフ? だめだめ あれこれとイメージを変えたい気持ちもわからないでもない、革新的なものに魅力を感じることもある、伝統を古臭いと感じることもある、人の気持ちは右往左往するものだからいろいろやってみると面…

趣味のDIYで組み立てられる神棚の棚板セット 9パターンの中から選べます

いくらDIYレベルで設置ができる棚板セットでも慣れた人のDIYレベル なんでも自分で作ってみようというDIYはとても人気があって、やってみると強烈な刺激が頭の中を通過するわけね、楽しくて楽しくしょうがないわけだ、一日があっという間に終わってしまう。 …

八足台(八脚案)を使う神棚の祭り方をする 長尺スタイルが便利

「八足台」「八脚案」 やりたいことがやれる 魅力を感じる まず八足台を選ぶ段階で型にはまった祭り方をする必要がないわけでして、あとは創意と工夫でひとつの空間を創りあげていけばいい、そもそも八足台とは個人個人違う祭り方が出来る神棚設置台としての…

武家もあれば農家もある 巴紋という神前幕は幅広く使われる

巴というのはその形から水がらみではよく見かける それと戦だな 今、神前幕に家紋を入れることはほとんどないかと思う、もし、昔からそうしているというときにはお寺などのことが多いので、家庭用の神前幕では巴紋、稲荷紋、卍紋、無地ぐらいから選ぶことに…

い草上敷きには向きがある 反対の向きであえて作ることもある 逆縁仕様

ゴザの逆縁(ぎゃくべり)仕様になると畳数が増えることがほとんど い草上敷きにしても畳にしても向きというものがある、そんなことは普通なら意識をしないことなんだけど、全く知らないと何のことだかわからないかもしれない。 というわけで図を見て欲しい…

神棚におめかしをしてみよう ガラリと変わるぞ 扉につけるスダレ

神棚のおめかし スダレ一枚でオシャレになる 扉御簾というもの 神札が丸見えではなんか気になるというときに使うといいかもしれないんだが、神棚の扉の裏側に一枚の御簾をつけておくことがあるので、知っておいても損はしない。 もともと御神体の手前には御…

シンプルな神棚につけたいアクセント 祓串というものを置ける

神宮大麻の前に祓串を置いたときの参考例 御札は一社、三社のような社があれば扉の中に収めておけるわけなんだけど、場合によっては社を使わずに、そのまま厚紙を貼って立てかけてあることも御札の祀り方としてはある。 他にも札差しのようなものを使ったり…

祖霊舎の前に置くときに使う小型サイズの八脚案(八足台) 脚は固定式

簡単に言うと既製品の八足台 これはサイズオーダーできません おまかせ工房の八足台はサイズオーダーで作るものが主流でして、組立式で作ることがほとんどなんだけど、今回の八足台は脚は固定式で既製品寸法で作るタイプのものになる。 本来、八足台というも…

丸みをもたせた明るく祭れるガラス箱宮の神棚 神具のフルセットも収まるサイズ

神具は一個でもいいから何か置いてみて 神鏡だけでもいい 神棚っていうものは基本「祭る」ものなんですけど、そのため明るくしておくというのがいいかと思うし、実際、それなりに大事にしている人たちのものを見ていると、手に触れることをしているというか…

神教みくじには凶と大凶はありません 教え重視で前向きな御神籤

気づきかな ちょっと立ち止まって気づかせる内容かな 来月末には全国各地の神社で茅の輪くぐりが実施されるので、その準備にGW後には取り掛かかるのが、こういう仕事をしている人たちのルーチンなんだけど、何やらコストアップがもの凄くて、例年通りとはい…

龍が好きなら龍で固めたい 神具は類は友を呼ぶものを配置する

同系、類似、仲間、同人、同種・・・ひとつの世界観を創りやすいわけ 物事(モノゴト)は多種多様なんだけど、それだとまとめづらいこともあって、同じようなもので固めていくほうが整うわけ、そのためモノゴトは繋がりを持たせることが非常に多い。 身の回…

長三宝という豆八足台とは違うお供物の置き台 内側の寸法が気になるかも

使いやすいさから言うなら豆八足台がオススメなんだけど・・・ 神道祭壇、祖霊舎、八脚案などの祭壇形式で祭っているときには、水物神具には下敷きのようなものを使うことがほとんどでして、直に台の上に置くと円形の水垢が残るので消えないこともあって、豆…

わかりづらい事にはまり込む 金幣芯という魅惑の神具を置いてみる

左が井伊家の兜 右が三嶋大社の御神馬 目の付け所は各々違うわけでして、こんなところに目が行くのは千人に三人居るか居ないかってぐらい3シグマ限界なんじゃないかってぐらいの少数派です。 前を通り過ぎる人たちは多かれど、兜を見たり馬を見たりしてはそ…

間違ったアドバイスほど無駄なことはない ゴザの折り曲げは厳禁だからね

折り曲げたい部分は切り落とす これ基本中の基本 縦横に切れる い草上敷は斜めには切れないのでそれは先に言っておく、あくまでも縦切り、横切りで終わらせておくと失敗がない、、、とは言うものの、斜め切りが全く無理ということではないので、どうしてもし…

神棚へ祓串を置ける時代 小さな祓串を置いてみようか しかも本格的

祓串の置き場所は扉前、階段前、脇、神鏡の前、金幣芯の前と様々ある 祓串を神棚に置きたくても、よく見かけるサイズのものは大きすぎて置くにおけないということがある、そのため小さくても本格的な祓串を作っているから、そういうものを使ってみてはどうだ…

神棚を台の上に置いて祭る方法が増えてきた ただし八脚案(八足台)を使う

ドッシリとした厚めの素材を惜しみなく使った組立式八足台 八足台は三宝同様にピンキリと言われる神具の代名詞になるので、安いものは安いなり、高いものは高いものなりということになる、どの辺で手を打つべきかが判断できないときには、「まとも」なものを…

神棚を明るくしておきたいときにはスダレを付けてみようか

専用の神前御簾を使う 神前幕を使うなど方法がいくつかある 神棚という場所は明るくしておこうということがあって、そのため各人が「祭る」準備をしておくわけなんだけど、嗜好性が強い祭り方もあれば、さっぱりした祭り方など、個性あふれる祭り方が行われ…

神棚の扉の構造は扉枠ごと外せる 開閉できない扉は買わないこと

扉は観音開きになるのでそこから神札を出し入れする 問い合わせの中に「御札の入れ方を知りたい」「木箱なんだけど入れられるか?」というものがあって、普通、神棚というものは扉が観音開きになっているから、そこから入れるわけなんだけど、木箱のときには…

龍神破魔矢は表に出しておきたい 箱入りのままでは物足りない

神棚があれば手前に綺麗に飾れます 通常の45cmサイズでも問題なし GW突入ということで行楽地には人がいっぱいなんですよね、コロナなんかどこ吹く風でマスクは必須なんだけど、まぁ新基準とでも言うのでしょうか、世の中が徐々に移りゆく様を感じられるかも…

神棚のお供物の置き方の一例 水・米・塩・酒を豆八足台に乗せたいとき

水滴が付きやすいものには下敷きのようなものがあったほうがいい 神棚のお供物の置き方の一例としてよく使われる「水」「米」「塩」「酒」なんだけど、決まりきったようにするのは業務で行っている人たちぐらいなものでして、要するにプロという立場、この人…

初めて神棚に神前幕を掛けるときに知っておきたいこと

陣幕由来の神前幕 入り口に掛けるものだからキメたい 物事には少し離れてみるといろいろわかることもあるので、どっぷり浸かるのも嗜好を高めて楽しいことは十分わかるけど、頭を冷やしてちと考えることも必要なこともある。 それが新品を買ったときだ、、、…

神前には桧を使ったものを使いたい 木製灯篭 尾州桧版

木製灯篭は安くないから素材しだいで様々な製品がある 尾州桧を使おう 5月も間近となって早朝でも寒い時期は過ぎたせいか、散歩のようなことをしている人を多く目にするようになった、特にアップダウンがない平坦な道のある街だと歩きやすいよな。 ついでに…

神璽をそのまま入れられる神棚 神明一社 尾州桧 特大サイズ

大型の一社神殿ならではの大容量 木箱や御神体を収められる 三社の神棚ではなかなかできない形というものがあって、それは容量を増やす、つまり、神札などを納める部分の巨大化なんだけど、今回の一社神殿は特大サイズということもあって大容量という形。 多…

短足型の豆八足台であれば一尺超えのサイズでも神棚でよく使う

豆八足台は通常型と短足型を二段式として使うことが目立ちます どの程度の高さ寸法が適当なのかは実際に使ってみないとわからないことがあって、豆八足台という神具には「通常型」と「短足型」を用意しています。 見てきた限りでは、最初は通常型の豆八足台…

たんすの下にゴザを入れて敷いていませんか? 補修用ヘリテープで直せます

い草上敷きは切れる 専用の補修用ヘリテープがあればできる タンスの下に上敷きを敷き込んでしまうことが目立つので、これは直せることだから新しくしたときには、カットしてタンスの手前に縁がくるようにしておこうか。 い草上敷きを新しくしたいのにタンス…

木製人形代 人の形をしているから祭祀具として使う

想いの込め方が使い方で真逆になる 木製人形代は平安時代の出土品 モノの見え方というものは、立ち位置や立場が違うだけで真逆に見えてくることがあるから、誰もが同じ方向を向いているようでも、立場次第では頭の中には全く違うことを想っていることはザラ…

神棚や御霊舎、祖霊舎に神鏡と金幣芯を置く よくある祭り例

神具を全部見せたい見たい気持ちを押さえないとできない祭り方 なんでもそうなんだろうけど、手持ちのものを見たい見せたい気持ちを払拭するのはなかなか難しいことがある、さらに進んでいくと見せびらかしたくなる。 しょうがないよね、この気持はさ。 特に…

三宝は使う場所を考えつつ選ぶもの ともかく種類がたくさんある

国内外の製品が入り乱れる神具 三宝選びは適材適所 三宝、遠山三宝、折敷という神具がある、似たりよったりのものが世の中で販売されていて、この神具は粗製濫造品から高級品に至るまで様々なところで作られているので、最終的には適材適所に合わせたものを…

細長いゴザは廊下敷きや園児向けの集団寝ござとしても使える

必要な人が限られるわりに使いだすと再注文をする変わった形の上敷き 特殊と言えば特殊になるんだろうか、細長い上敷きというものを昔から作る機会があって、個人宅であれば廊下敷き、保育園、幼稚園であれば集団寝ござとしても使うようだ。 もっとも、おま…

神棚で御幣を置く 必要なものは御霊だけではない 紙垂と・・・

御霊・霊璽として使うだけではない御幣の魅力 なんとも一言では言い表すことができない「御幣」というものがあって、形としてはどれもこれも似たような形をしている、至ってシンプルな神具ね。 見ての通り、木を切って作るだけのものだから、自作してもいい…