神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

やっぱりね 神棚って明るいほうがいいかと思う 神具の祭り例

今以上にそれ以上に空間があればやりたいことができる

今を生きるという考え方があって、今が良ければそれで良しということになるんだけど、その人にはこの先のことが変化しないのかなと思うときがある。

一昔前だと家族が増えるから部屋数を増やしてみたりして、結局は空き部屋になってしまうものなんだけど、増える、大きくなる、という事象が想定されるとどんなものでも少し大きめのもの、多いものを用意するよね。

それが今は無くなっていく傾向になったようだね。

 

コンパクト過ぎてしまうと増設したいとき困ることもあって、増築できるようなものであれば足していくんでしょうけど、取り替えないといけないものだと先のことをちょっと考えつつ用意をしていくわけです。

神棚の棚板もそのひとつ。

棚板を横で繋いで大きくするってこともできないわけでもないけど、まぁ、普通はしないし、ならば、二台の棚板を左右に取り付けるというものなんだか見栄えが悪くなって、それなら初めから大きな棚板を一台用意しておいたほうがいいだろう。

 

という感じで、増えるかもしれないな、今は小型でもいずれば大型にしたいな、とかいうときには、広い場所を作っておくほうが後々良いかと思います。

場所があるならワンサイズ大きめの棚板にしてみるといいかもしれない。

自分がステップアップすると大きなものが欲しくなります。

 

f:id:omakase_factory:20201030064007j:plain

 

賑やかにしておくと良いと言われるのは神棚は祭るものだからなんだけど、しっとりと感じるようになるには年月がかかるかもしれない。

最初は綺麗だからね、しだいに薄汚れてきて馴染む・・・って人間と同じ。

ただ、神具が古びて汚れてきたらそのままにしておかないで交換したほうがいい。

 

豆八足台というやたらと便利な置台を使うことがある。

それを上下二段で使えば二段式の豆八足台になるので、これは祭り方のバリエーションをグ~ンと増やすからやってみるとかなり面白いかと思います。

なお、豆八足台は受注製作になるから二台同時だと同じ桧で作れることもあって、桧の木目がつながるように作れます。

 

f:id:omakase_factory:20201030064020j:plain

 

 

 

二段組の豆八足台 幅7寸仕様 桧製

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hassoku-set-002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

神具の配置例 実写版と神棚版 玄人っぽさが出てきますがどうでしょう

国産神具を使おう 神棚へ置くための配置例

どんなことでもその道のプロが必ずいるものなんだけど、なかなか出会う機会もなくてまして教えてくれる機会などそうないような、、、と思うときありませんかね。

道を極めていくというのは浪漫があるというか人の心を惹きつけるわけです。

っで、教えやら説法、説話など考え方の道を模索することもあるでしょうけど、意外と人の目が向かない道に神具の置き方の道がある。

呼び名がないから神具道とでも名付けるとするか。

 

そんな道 初耳だってぐらい人影に隠れた道だとは思うけどね、やっていくと見聞が広がって神社巡りが楽しくなると思うからさ。

観光などでその地域にある神社仏閣巡りをしても同じに見えてくる、でも知識があれば全然違うものとして見えてくる、一皮剥けた瞬間がある。

 

ということで、神殿の外側だけ見て帰るのも一向に構わないことなんだけど、是非、拝殿内部を観察してみて。

そのためには神具を知らないと話にならないけど、それほど種類もないし、見てわかる形状の違いもあるから、数回意識をしながら神社巡りをすればそれぞれの場所でいろいろな神具が使われて、配置もいろいろあるんだなということがわかるかと思う。

 

f:id:omakase_factory:20201029065304j:plain

 

神棚だと空間が狭いから神具を組み合わせて配置できないこともあるかもしれないけど、小さなものだからやれるならやってみるのもいいかと思う。

やっていくと気づくだろうけど、神棚がどんどん明るくなります。

神棚は「祭る」ものと言われるけど、センス良く並んだ神具をみれば、すごく良い感じに見えるからさ。

神棚が家にあるのに今まで何もしていなかったなと思ったら、神具を取り替えてみたり、配置を変えたり、増やしたりすると気分も変わりますよ。

 

f:id:omakase_factory:20200829124705j:plain

 

 

大幣 祓串

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-haraegushi.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

雲水彫神鏡2寸

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3414.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

金幣芯 大型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana5003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

これなら神社の御札も気軽に置いておけそうだ 御札舎本一社

目立たない置き方が好みなら尾州桧の御札舎もいいだろう

着飾るものの場合には見せたい、見せびらかしたい気持ちは手元にあると起こることがあるだろうけど、信仰とまでは言わないまでも神札のようなものを、どうだ、どうだと人に見せつける人は少ないはず。

むしろ、ひっそりと、こっそりと・・・かもしれない。

というより、部屋に馴染んでしまうものなので、ふと気づいたときには側にあるというものなんだろう。

 

この御札舎シリーズはとても控えめな神棚。

誰が見ても一目瞭然の神棚ではなく、木箱のような神棚。

そのため事務所や飲食店など不特定多数の人たちが出入りする場所でも使われている神棚でもある。

会計の後ろにある棚の中に置いておくとかね、商売繁盛とか火の用心とか以前はその文字を書いてあるものを貼ってあったりして、啓発に役立てていたんだけど最近では店内などもオシャレになったこともあって、露骨なモノが減ってきた。

神棚も姿形を変えていくこともあるわけです。

 

f:id:omakase_factory:20201028064241j:plain

 

御札舎本一社には3サイズのものがあって、小型、中型、大型がある。

小型だけ引き出しがないので、引き出しを使いたいときには中型と大型にしてください。

 

御札専用の神棚として作ってきたものだけど、単体で直立できるようにしてあるので内部の奥行きを少し多めに取ってある、そのため画像のような祓串を入れてみたりすることも可能だし金幣芯や神鏡でもOK。

ただ、引き出し付きの中型、大型であれば引き出し側に置いてもいいかもしれない。

 

 

f:id:omakase_factory:20201028064422j:plain

 

尾州檜で作る御札舎シリーズ 小型サイズ 引き出し無しタイプ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05420559621791.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

祓串 神棚に最適なサイズ 大小2サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-haraegushi.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。