神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

神社の中を覗いてみるとそこには別世界が広がっている 神具の世界

神棚でも同じことができる バランス良く神具を配置すると見栄えが良い

センスっていうのは生まれ持った人がいる反面、いくら頑張ってみてもなんだかチグハグで終わってしまうこともあって、何をやっても上手くいく、喋れば喋ったで人を引き込み、居れば居たで人の目を向けさせ、常に話題の中央を陣取りその場を支配してしまう魅力に溢れた人がいる、、、しかし、この真逆もある。

良い物を身に着けてもそれ相当に見えないとか、これの真逆は得だよなって思ってみても始まらない、家具の配置ひとつとってもセンスの良し悪しは分かれてしまう。

難しいよな。

 

普段の生活の中や身の回りの事なら修正もきく、直したければいくらでも直すことができる。

ところが一回置いたらほぼ位置が変わらない世界がある、、、神仏の領域はその傾向が強いから「真似てみる」のが手っ取り早い。

センスはそのまま維持できるし、講釈、理屈は二の次だと割り切ってしまうのも手。

ただ、それぞれのパーツには意味があるので、何かのときに知ってみたいなという気は忘れないことかな、見え方が変わってくるぞ。

 

f:id:omakase_factory:20210117075210j:plain

 

今年はコロナの関係で特別な年のようで初詣期間が例年より長い。

豆まきの時期まで初詣という意識で神社側も運営しているところも多い。

授与品の場所とかね、別途設営したままにしているとこもあるし、焼納場所も例年より長く設置している神社も目立つわけ。

むしろ、空いていてこちらのほうが行きやすいだろうな。

 

っで、空いているなら是非とも拝殿を見てみるといい。

なかなか見る機会もないだろうし、初めて見てもなんだかわからないだろうけど、いろいろな神具はそれとなく置いてある。

ともかくセンスを磨くには慣れること。

 

 

祓串 大幣 大小2サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-haraegushi.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

金幣芯 大型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana5003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

雲水彫神鏡2寸

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3414.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

真榊 まさかき 木製台軸仕様 小豆 一番小さなサイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。

木製人形代という祭祀具は節目のときに使う機会がある

1月、6月、12月が多い 節目のときに使うかな

人形代というのは祓えのときに登場することが多いので知っている人もいるかと思うけど、2世代、3世代で住んでいないと知る機会もないかもしれないな。

初代というか祖父祖母の居ない家庭で育ってしまうと、祭事がらみの経験がほとんどないこともある、仏壇や祭壇がない世代だと全くと言っていいほど知らない場合が目立つ。

 

この人形代の種類に木製がある。

使い方は個人個人違うので、自分に合わせた使い方をすればいい。

 

なぜ人の形をしているのか? それは至って単純明快で対象となるのが人だから。

これしかないってぐらい明快なたったひとつの答え。

そのため奥が深いとも言える。

年始になると利用する人が少し増える傾向があるから、こういうものがあるということも知っておくといいでしょう。

 

f:id:omakase_factory:20210116071736j:plain

表と裏、、、このぐらい違う使い方がある。

一方では願掛け、祈祷の道具として使い、もう一方では恨みつらみの道具としても使うので、表裏一体ということかな。

そのときの気持ちを込める・・・って言われたときにどういう気持ちが思い浮かぶかってことなんでしょう。

 

祀ることもあれば、燃やすこともあれば、埋めてしまうこともある。

その人の気持ちを具現化していく祭祀具、それが木製人形代。

表も裏も共通していることがあって「気が休まる」ということが得られる。

 

大小あるけど、祀るときには大きな方を大人に見立てて、小さな方を子供に見立てることもあるし、両方とも直立できるから立てておくこともあるかな。

 

 

木製人形代 小型

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-hitokatashiro001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

木製人形代 大型

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-hitokatashiro002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

神前幕を前面に掛ける方法もあれば周囲に掛ける方法もある

コの字に掛ける(前と横)場合には「無地」だけ

神前幕の掛け方については過去に何度も書いているけど、誰もがブログというものを読むわけでもないので、おかしな掛け方をしていても気づかないことがあるのはしかたがない。

今年もインスタグラムで自分の「神棚」をあげている人たちが多かったけど、いろいろな祭り方があるんだなという参考になる。

 

ところで、神前幕を掛けるとき多くの場合には「前面」だけなんだけど、前面と左右にまで掛けておきたいこともある。

そのときには「無地」だけ選んでおくこと。

紋付きの神前幕は前面だけを基準に作られているので、左右にも掛けたい場合には奥行きの2倍の寸法を足した長さのものを選ぶことになるよね、そうすると当然ながらより大きな神前幕を選ぶことになるから紋の位置も離れるわけだ。

コの字掛けをしたいとき紋付きを選ぶと目が離れたような神前幕になってしまうので避ける、注意してねなんて言い方ではなくて「避ける」「選ばない」ということです。

 

コの字掛けは無地ならOKということ。

 

f:id:omakase_factory:20210115074644j:plain

 

このコの字掛けは格好良いんですよ。

ただ、紋付きが欲しいときには先に書いた理由で避けるし、棚板に幕板がないと逆に格好が悪くなるから、棚板に幕板がることが大前提。

幕板を後方から支える左右軸の内側に掛けておくから場合によっては左右軸に装飾などをしてあると尚結構という具合かな、棚板の種類によっては前面に軸が2本ある場合もあるけどね。

 

前面に2本の軸があるような棚板の場合には、後方に板をつけてから神前幕を掛けておくとコの字にしたとき綺麗に見えます。

後方から2本の軸があるようにするという感じ。

 

コの字掛けにしておくと神棚のホコリ対策にもなるから、一度やったらコレ良いねということになるかもしれないな。

でも、幕板がないのに天井に画鋲で挿して固定する方法だと見栄えが悪いからそれはしないほうがいいかと思う。

 

 

神前幕 京友禅特選 無地 前面掛けなら幅120cmの棚板に最適

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3106.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。