神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

御幣の上位神具のような使い方をする金幣芯(きんぺいしん)という神具

紙垂のような御幣のような なんとも不思議な神具なんです 金幣芯

紙垂っていうのは、注連縄につけるヒラヒラした白い紙のことなんだけど、わざわざ折り曲げて作ってある、ほとんどの人はその折り曲げがどうして折り曲げてあるのか考えたこともないかもしれない。

樹齢の高い御神木にも縄と紙垂を組み合わせて巻いてあることもある、巻いていなくても周囲の囲いに縛り付けてあることもある。

氏神様の祭りのときには、地区一帯に注連縄を張って紙垂をつけてある光景を目にしたこともあるだろう、祭りの当番町になればさらに仕事が増える。

 

とかく、神聖な場所には紙垂をつけておく習慣が残っていて、今でも当たり前のように紙垂作りをして注連縄にくくりつけている。

なお、紙垂は手作りで十分です、一枚二枚、いや十枚程度を買っていてもしょうがないので、半紙があればそれで作ればいいし、使う場面で紙の素材を変えていくことになるでしょうけど、紙垂作りは至って簡単な作業なので一度しておけば忘れないはず。

 

ところで、その形なんです。

ギザギザを作ってある、ここからは神聖な場所だから近づくな、ということ。

「のこぎり」ですね。

だったら、のこぎりを吊り下げておけば・・・ってことにはならないので、そんなところに子供でもわかる感じで教えを挿し込んでいるんだろう。

 

 

御幣という神具がよく似ている。

御幣は御霊としても使う、こちらの金幣芯は御霊としては使わない。

金幣芯の代わりに御幣を使ってもいい、よくあることだ。

御幣と金幣芯の関係・・・こんな理解でいいだろう、使い方がわかれば違う場所で使うこともなくなる。

 

御幣、金幣芯は複数台並べて使うこともある神具だから、そのときにはチグハグでは格好が悪い。

そのため取り替える時には一斉に取り替えてしまうことが目立つ。

一台だけ古いとか形が違うとか、そういうのは避けたい気分になる、やはり、統一性の美というものがある。

 

www.youtube.com

 

 

金幣芯 小型サイズ 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana5001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

神棚でいつかはこんな祭り方をしてみたい おっ!って思わせてみるか

神仏が嫌いな人でもキッチリしたものなら文句を言わない

家の中に神仏を毛嫌いする人がいると、「神がかったことばかりして」「宗教じみて馬鹿みたい」などと小言をいわれて腹が立つ人もいるようでして、だったら言われないようにする方法のひとつ「きっちりやる」といいでしょう。

だらしがなく、散らかり、中途半端で、手入れもしない・・・こんな状態だったら言われても返しの言葉でろくなセリフが出てこない。

しかし、きっちりというのは、金をかけるということではなく、揃わせる、整わせる、整頓する、、、ビシッとしていると小言が出てこないぞ。

 

物事に無頓着になってしまうと、他人にも薄々感じるものがあるからな。

熱狂的になってしまうと、これはこれで嫌われる。

難しいところなんだろうけど、ともかく、きっちりしておくと自分自身もしっかりしてくるはず。

 

神棚の祭り方は千差万別。

何をどのようにしていくかは各人の判断あんでしょうけど、そんな漠然としたことばかり言ってみても前には進まないので、こんな祭り方もあります、、、という一例です。

意外と知ってくると、このような形になっていくかもしれないぞ。

神具を知ってからでもいいので、少しずつ増やしてみるといいでしょう。

 

 

どうしてこの台にこの神具を置くんだろうか?・・・実に良い疑問です。

あれこれ見てきて、いろいろなところの拝殿などを見物してくると、何なら不思議な神具の置き方ではないことを知ります。

このひらひらした五色のものはなんだろう?・・・少し大きな神社の本殿などではもっと大きな状態のものが置いてあります。

神鏡の後ろにある金色のもの何かな?・・・神具の名称だって覚えてくる。

 

神棚の前など狭い領域ですから、ここがだらしがないとダメ。

ちまちましたことあんでしょうけど、神前って整った状態にしておくのが超基本になるので、他人に文句を言わせないぐらい綺麗な見栄えを保っているぐらいがちょうどいいかと思います。

 

 

雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 

木製灯篭は祖霊舎や祭壇では欠かせない神具 神棚では贅沢品かも

神棚で使うときには社の価格とのバランスも大事かもしれない

御本人が良ければそれはそれで何ら不都合がない、、、こういう言い方が無難な言い方になるわけなんだけど、外から見ると摩訶不思議なバランス感覚が見えてくることがあるかと思う。

一点豪華主義・・・これが実に同感してしまうときと、反感になってしまうときがあって、やるときにはとてつもなく楽しいのがこういう極端なとき、やめられないこともあるだろう。

 

神棚の祭り方をいろいろ見ていると、どうしてコレだけこんなに良い物を使うのか、また、この逆のどうしてここでコレを使うのかと考えてしまうような、全体としてのバランスを欠いてしまう祭り方も実際多いわけ。

誰もが納得をする必要もない領域になるんだろうから、行き着くところ満足すればなんでもいいんでしょう。

でも、何やかんや言ってみても、バランスって頭の隅においていてもいいだろう。

 

木製灯篭という神具があります。

これもピンキリの神具で使う素材で価格が大きな差がある。

木製だけではなくプラスチック製もある。

主に、尾州桧の木製灯篭は祖霊舎や祭壇形式で祭っているときには、これじゃないとだめ、ってぐらい一発チョイスする神具になるわけですが、神棚のときには社(神棚)の価格とのバランスを考えつつ選んでみるといいでしょう。

 

 

モノには順序というものがあって、木製灯篭を用意してから神棚を用意する人はまず居ません。

大本部分を準備してから脇を固めていく。

神具は脇役。

目立たないように存在感を出さないと脇役の役目がこなせない、実に難しい。

だから、全体のコーディネートの中でバランス感覚をもって神具を選んでいくといいかと思う。

ビシッと整っているほうが絶対オススメです。

 

今、木製灯篭はLED電球になっているので、熱はこもりません。

一年365日24時間点灯させて使うこともあるでしょうけど、事あるときだけ点灯させておくだけでもいいかと思います。

 

www.youtube.com

 

 

 

尾州桧版の木製灯篭 祖霊舎や祭壇では欠かせない灯籠

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3152.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。