神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

八足台(八脚案)、高級棚板、祖霊舎のときには木製花台を使うことを薦めたい

榊立てをそのまま置かない 多くの人が実践している水垢対策のひとつ

八足台(八脚案)、高級棚板、祖霊舎・・・これらの神具は値が張るものなので、使い方を知っておく必要もある、もちろん、やらなくても使えるけ多くの場合には対策はしてから使うことが目立つ。

榊立て、水玉、平子・・・板でもいいです、なんでもいいです、、、という言い方はしないので、神具として木製花台があるからそういうしっかりしたものを使われるほうがいいでしょう。

 

ケチらないで使ってほしい。

もうこういう高額な神具を用意しているのであれば、そこをケチってどうする? という感じかな、今回のような花台でもいいし、折敷でもいい、長三宝、遠山三宝三宝などいろいろな形のものがある。

 

敷台を使う・・・水物を入れておく神具には是非そうしてほしい

 

榊立ての場合には、三宝の上に置くことはほとんどしないから、折敷か木製花台になることがほとんどなんです。

装飾があったほうが見栄えもいいから、木製花台を使われる人たちのほうが圧倒的かな、折敷を使えばかなり安く上がることも事実です。

 

 

榊立てには首長のものと四角いものがある。

どちらも水垢がつく、これは避けられないので事前に対策をしておくことがある。

何でもすればいいということでもなくて、気にならないならしなくてもいい。

ただ、先にも書いたけど「八足台(八脚案)」「数万超えの棚板」「祖霊舎」などは高額になる神具だから水垢を付けたくない。

 

このような木製花台より神棚のほうが安いよ、、、ってこともある。

そういうときには使わなくてもいいかもしれない。

全体のバランスで考えてみるといいだろう。

 

神棚の棚板などは予算をたっぷりかけて仕上げてあることも多いから、取り付け工賃、本体価格なども入れれば10万円ぐらいのものを使っているのは珍しい話ではないんです。

棚板が一番高いこともあるわけですよ。

そんなときには神具もある程度のものを使うことになるけど、こういう水物を入れておく神具の受台は必ず用意しておくことを強く薦めています。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

木製花台 榊の周りに木枠の装飾をしたもの  国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana4462.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

神棚の扉にすだれを付けてみる 特に扉を開けてあるときには役立つ

基本、神棚の扉は閉めておく 開閉に限らず御簾をつけることもある

神棚の扉に関しては、開けておく、閉めておくと大別できるかと思うけど、基本、閉めておくものなんです、そのため閉めておく派のほうが多い。

しかし、開けておく派の人たちの周りは開けておくことが多い、なんのこっちゃ? と思うかもしれないが、要するに伝聞です。

隣が開けていたからうちも、知り合いが開けているからうちも、という関係で広がるのは否めないな、それはそれ。

爺さん、父さんの代から開けているのようなときには、もう無理に閉じておくこともないだろうと思う、開けていたければ開けておいていいのではないでしょうか。

 

理屈から言うと、神札丸見えというのは避けたい、ほとんどの神社で丸見えの状態で祀られているところはない。

扉は開いているぞ!って言うときの扉は拝殿の扉だから時間が来れば閉める。

神棚の扉は拝殿の扉とも御神体の扉とも解釈できる、おそらくここが開閉状態の分かれ目なんでしょうけど、普通は丸見えは避けて閉めておくのが基本・・・知っておいても損はしないはず。

 

 

丸見えの神札は避けるから、何かしらの社に納めておく、それが神棚ね。

まぁ、剥き出しでも丸裸でもいいんだけどね、本人の感性だ、御本人様がこれでヨシと言ったらこれでヨシ!の世界です。

 

それでも、なんとなく、、、そうだよなぁ~ 言われてみればそうだよなぁ~ と思ったら丸見え状態からの卒業だ。

そして、もし神棚の扉を開けて祀っていたなら、扉御簾という神具をつけてみてもいいでしょう。

目隠し的な意味合いです、見えそうで見えない、見えないようで見える・・・それが御簾、日本独特の感性がここにも生きています。

 

www.youtube.com

 

扉御簾 小型サイズ   国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/misu-tobira-000.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

扉御簾 中型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/misu-tobira-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

扉御簾 大型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/misu-tobira-002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

い草上敷きを使うときには上敷鋲を必ず挿しておくことを忘れないこと

上敷きを置くだけ、敷くだけでは未完成 鋲を挿して留めて完成

ゴザを部屋に敷くときに上敷鋲を使わない人がいるようなので注意喚起を兼ねて書いておきます。

い草上敷きを敷くときには「必ず上敷鋲を使う」のが当たり前なので、ここまでの説明は普通しません、そのためどこの店でも、鋲を挿しましょう、という説明はしていないのではないでしょうか。

 

上敷きは置いた状態では完成とは言えない、敷いたつもりでもそれはまだ未完成。

鋲を挿して留めて完成です。

こういう説明って・・・必要になる時代なのか? と自問自答してしまう。

 

同様に、補修用ヘリテープでも上敷鋲を使います。

補修用ヘリテープを使うときには、すでにい草上敷きを持っていることがほとんどだと思うので、上敷鋲は当然手元にあるはず。

それを使えばいいだけの話なんです。

 

ただ、縁の色に合わせたものや透明の上敷鋲は逆に目立ってしまうので、このような色のものがいいかと思う。

最初だけです、目が行くのは。

自然と意識をしなくなって馴染んでくる色合いので、おまかせ工房ではこれ一色だけを大昔から採用しているぐらいです。

 

 

注意して欲しいことがもうひとつある。

薄畳には従来の上敷鋲は使えません

 

薄畳と言ったり、システム畳、置き畳など名称がいろいろあるけれど、そういう薄畳には使えません。

この上敷鋲は本来の畳に使います。

今の住宅でも和室に使っている畳が薄畳であることも増えてきたようなので、そのときには他のものを使うことになるでしょう。

 

やけに薄い畳があるんです、コスト削減とかいう理由で。

畳って上から見るものだから厚みがわからないものなんだけど、普通の畳と薄畳とあることを知っておけばいいでしょう。

 

 

www.youtube.com

 

 

上敷鋲 22本入り 目立たなく縁に馴染む色です オススメです

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-pin.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

ござのサイズ変更ができる専用品 補修用ヘリテープNo.5

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。