神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

相撲の土俵の上にある吊り屋根は厚屋根だったんだな しかもあれは神明造りだ

神棚にも厚屋根があります サイズも価格も一段と上ですが・・・

何気に国技館の相撲を見ていたら土俵の上に屋根があって、吊り屋根というものなんだけど「厚屋根」だった。

どうして今の今まで見過ごしてきたんだろうか? というぐらいの大きな物体だ。

普段からテレビをじっくり見ない生活になって何年と経ったことも関係してくるのか、それともたまたま吊り屋根の映像のところだけ見ていなかったのか・・・何やってんだ? 俺。

 

東京大神宮もそうだね、あれも厚屋根だ。

厚屋根っていうのは言葉どおりの仕様で屋根に厚みがある、そのためドン♪とした趣があって圧倒される神殿様式になる、ただし、とても高いので実際の神殿でもそうそう作らないし、かなりの予算が取れるところしかできない作り方ね。

あちらこちらからお金が入ってくる大きな宗教法人レベルの仕様です、言い方を変えると後世に残しておくべき建造物ということでもある、なかなか作れるものでもない。

 

厚屋根三社は4サイズ作っています。

最も小さなサイズでも幅70cmほどあるので、棚板は最低でも75cm(2尺5寸仕様)は欲しい、というか実際は120cm(4尺仕様)以上の棚板を用意してあることがほとんどかな。

ものすごくダイナミックに見える神棚です。

 

f:id:omakase_factory:20210516055602j:plain

【神具】通し屋根神殿三社厚屋根 小型 御簾付き 神棚

---詳しい紹介---
外寸

高さ48cm 幅70cm 奥27cm

内寸

高さ30cm 幅34cm 奥8cm

 
材料:尾州檜 
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。

 

 

神棚の祭り例として【雲水彫神鏡2寸と神具一式セット】を使ってみました。

 雲水彫神鏡2寸 高さ約11.4cm
 真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
 かがり火高さ約7.5cm
 セトモノセットB(小)
 豆八足台7寸

 

www.youtube.com

 

尾州桧で作る神棚 厚屋根三社 小型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05205596217914.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

雲水彫神鏡2寸と神具一式セット 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-007.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

融通が効かないのでお得にしてある 旅館向けラインで作る上敷きゴザ

特売品の上敷きは縁1種類、江戸間と本間のみ、サイズオーダー不可

おまかせ工房の上敷きはサイズオーダーのお客さんが多くて、規格寸法の上敷きが隅に追いやられてしまったように感じるときがある。

部屋の広さ大きさに合わせたもののほうが良いことを知っている人たちが増えたのか、注文も至って簡単ということもあるのか、国産い草が良いからなのか、、、そこら辺の事情についてはよくわからない。

ただ、日本家屋の寸法で作る規格寸法の上敷きは、補修用ヘリテープを使えばこれもいとも簡単に部屋の形に合わせることができるから、規格寸法をホームセンターで買ってきて、後からヘリテープで修正をかけるという方法もあるだろう。

 

今回ご紹介するのは、サイズオーダーでもなく、セミオーダー感覚で作れる規格寸法の上敷きでもない。

融通が効かない、一辺倒な規格のゴザ。

 サイズ:江戸間、本間だけ

 縁:No.6のみ

 品質:ランク7のみ

 特注:サイズオーダーできない

なんだよってぐらい何もできないい草上敷き、これならホームセンターで買ってきてもいいぐらいだと思うし、もっともっと安い外国製の上敷きでもいいのかな、外国産なら大量販売のネット通販業者ならお手のものだろう。

 

でも、コレ・・・魅力がないわけではない。

 ランク7のい草だけどランク6の料金です。

 

f:id:omakase_factory:20210515061424j:plain

 

個人宅で使う量と旅館などで使う量は全く違うの想像がつくかと思う。

い草上敷きも織物だから織機というものを使うし、何工程も経て製品として作れるわけなんだけど、ある程度の量、そして決まりきった規格のものだと織機を専用化できる。

 

品質の違うい草を入れ替える必要もない、寸法決めも個々に行う必要もない、縁の種類も1種類だけだからセットしたまま・・・これらのこと全て入れ替えようとすると作業のとき時間もかかって次のことができないんです。

だから、一件一件寸法が違うサイズオーダーは少し料金が高いわけ。

上敷きを10枚作れば全部の寸法が違うんだから手間が凄い。これはこれでたまらないわけ。

 

 

特売品の上敷き 江戸間六畳 ランク7 双目織り

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-s-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

特売品の上敷き 本間六畳 ランク7 双目織り

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-sh-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

サイズ変更や角落としなどができる補修用ヘリテープNo.5

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。

木製花台は榊立ての水垢で困ってしまう前に使う化粧箱のようなもの

板でも豆八足台でも長三宝でも折敷でもいいんだけど・・・

これじゃないとダメなんだということはないので、目的場所に合ったものを使うといいかと思う、しかし、もし祭壇のような高額なものの場合にはそれ相当のものを用意するので是非とも木製花台を使って欲しい。

全体のバランスが大事ということなんだろう。

 

木製花台は神棚で使う場合もある、ただし、かなり大きな棚板のときしか登場することがないはず、少なくても幅75cm以上の棚板は必要になる気がする。

近年、神棚も小型のものが多くなってきて、同時に棚板も小型化してきて何から何までスケールが小さくなっているような気がしている。

究極的にはミニマリストなんて呼称もあるようだけど、要するに「それは何もないのでは?」と思わせるぐらいの生活に慣れれば必要ないのかもしれない。

 

賃貸住宅と持ち家では考え方も大きく違うのでなんとも言えないな。

祭る神棚、、、こんな状態になるのは持ち家が圧倒的だと思う、自由にやれる、棚板固定だって問題なし。

賃貸の場合には置いておくだけってこと多いはず、釘など挿せないことも多いので置くだけ、そのため箱型のガラスケース入りの神棚なども多く使われている。

 

f:id:omakase_factory:20210514055131j:plain

 

神道祭壇と言われるものがあって形式もいろいろあるわけなんだけど、八脚案のような置台を使った祭り方をする場合にはすべての神具は良い物を使います。

当然ながら八脚案自体がかなりの値段をしている。

八脚案は八足台とも案とも言うので、聞いたこと見たことがある人が多いかと思う。

布を被せることはまずないので地肌のまま使います、布を被せて使う場合にはベニア板でも十分なので形だけの八脚案という使い方のときかな。

 

八脚案にしても祖霊舎にしても直接置いていい神具と直接は避けて何かを挟ませておきたい神具がある。

陶器物の中で水滴がつくもの・・・これは何か板でもいいのでかませておきたい。

台の上に円形の黒い水垢が残ると消えない。

 

今回は木製花台を紹介しているけど、何でもいい、板でも豆八足台でも長三宝でも折敷でも・・・いつまでも棚の上が綺麗な状態で使えますよ。

 

 

木製花台 祭壇の必需品です

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana4463.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。