神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

絵馬を掛けたり御守を掛けたりできる掛台は飾り付けに最適

宙に浮くように飾ることができるから神棚で見えるように祀れる

絵馬あたりになると神社の絵馬掛けのほうに掛けておくことが多いかもしれないけど、自宅に持ち帰ってくることもあるわけ、問題はその後、、、さて、、、どうしようか?

神棚に絵馬を祀っておきたいときにはどこに置く?

という話です。

 

置くのではなくてぶる下げるというべきか、宙に浮かすというべきか、あぁ~そういう飾り付けだとどこでも置けるよなって思うはず。

見えるし。

神棚の棚板の上に置きたいときには、ほぼ見えないだろう。

どうしても見せるよう置きたいなら扉の前しかないかもしれない。

だって、絵馬を単体で置く時には何かにもたれかかるように置くしかないからな。

 

コレ、、、意外と便利ですよ。

絵馬のみならず、御守だってok

 

f:id:omakase_factory:20210926064228j:plain

 

御守などは一度しまってしまうと日の目を見ないことにもなりかねない、引き出しの隅にいつまでもある、、、こういうパターンもあるはず。

表に出しておく、もしくは持ち歩く。

御守なんだからそうしておきたいけど、部屋に祀ってしまう手もある。

大事な点は、見えること、これに尽きる。

 

どってことないものなんだけど、あると便利さがわかるかと思う。

あぁ~そうそう そういうの・・・吊り下げるスタイル、でも紐で吊るすわけではない飾り方になる。

 

基本、プラスティック製のほうで事が足りるかもしれないけど、木製台軸仕様のほうが良いときには「真榊の台軸」を利用してみてください。

ただ、木製台軸のほうは2本単位になるので、そこら辺は各人で考えてみて。

 

 

プラスティック製の絵馬掛け、御守掛け 1本単位で販売中

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

木製台軸仕様 こちらも絵馬掛け、御守掛けとして使えます(2本セット)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

贅沢な住宅にある畳廊下には上敷きを使っておくと畳替えを伸ばせる

回り廊下に畳を使うのは普通の家ではない 維持費が大変だ

住宅の中に廊下はいくつかあって、今どきほとんどの廊下は板張りですけど、畳の廊下にしたい場所があって、相当なこだわりがある住宅か商売で使う場所かぐらいじゃないと畳廊下なんか作れません。

なんせお金がかかります。

板張りにしてもピンキリの床材なんだけど、そのピンを超えてしまうのが畳廊下になるので、そりゃ踏んだときの感触はピカイチなんですけど、ともかく費用がかかるし、維持費がね、たまんないから普通の家ではまず見かけません。

 

ところが、こういう仕事をしていると畳廊下の家から依頼もあって、回り廊下に上敷きを敷いておきたいなんて話もちらほらある。

そもそも現代住宅で回り廊下のある家も少なくなっていまして、古民家までいかなくても古めの日本家屋だと回り廊下があったりする。

縁側っていうほうがわかりやすいかもしれない、多くの場合、板にしてある。

ただし、濡れ縁には畳は使わない、、、ここは雨が降ったら濡れる場所。

くれ縁のほうだね、室内側だ。

外側から見ると濡れ縁、落ち縁、くれ縁・・・こんな風に日本家屋が作られる。

落ち縁がないところも多数あります。

 

 

f:id:omakase_factory:20210925062817j:plain


住宅の外側に畳を使うと日焼けしてしまうから定期交換が欠かせない、そのため上敷きを敷いておくことがあるわけです。

畳替えをする頻度を考えれば、い草上敷きのほうがはるかに安く上がる。

それだけではなくて、畳の向きにも関係していて、上敷きを使うと一直線で綺麗に見える利点もあるわけ。

それが今回の「長尺物の上敷き」というものなんです。

 

こういうものは既製品などないので、全てがサイズオーダーで作ることになるんだけど、すごく高いものだと思っている人もいるようですが、計算は単純明快なので価格を知ると安くてびっくりするはず。

単純に1畳サイズで長さを割るだけ・・・これだけ。

だから、長さ8メートルなら四畳半のサイズオーダーということになる。

 

このような長尺スタイルのゴザは、使うところも限られている関係でなかなか見かけないものだと思うけど、別に珍しいものではないんですね。

それと上敷きには双目織りと引目織りがあるけど、長尺物の場合には強い織り方の引目織りで作っておくほうがいいでしょう。

廊下なので上を歩く頻度が高い、そのため双目織りのような柔らかさがないけど、い草の量が多く密を増した引目織りのほうが向いていると思います。

 

 

引目織りで作るサイズオーダーの上敷き 廊下敷きも作れます

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-order-004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 

 

龍神を揃えるなら置いておきたい竜彫神鏡 絡めて揃えるのが決め手

統一感を出しておこう ちぐはぐにならない統制感のある神前になる

「龍」というのは愛好家が多くて、だからって大きな声で「龍が大好きだ」なんていう人もいないので、こっそり趣味に近いものがある。

収集していくといろいろな龍が世の中にあることを知るだけではなくて、出かけた時の探す楽しみにもなるよね、趣味ってそういう他人にはわからないものがある。

中にはコケシ収集、赤べこ収集、ふくろう収集・・・こういうのは趣味を超えた個性というより癖に近いものがあるけど、何か詳しいものがあると生活に弾みが付くぞ。

自分だけの楽しみほど楽しいものはないな。

 

龍絡みも種類が豊富なジャンル。

龍神破魔矢だってそうだし、ただ、龍神破魔矢は飾り方も楽しめないとなんだか足りない気がしてくる不思議な破魔矢だから、神前破魔矢立て、神前破魔矢置き、神前破魔矢掛けなどを使ってみると、その機能美を引き出してくれるかと思う。

 

神具としては竜彫神鏡というものがある。

せっかく龍が居るのだから周囲にもそれらしきもので揃えておくというのは、統一性の美意識があるので全体を綺麗な形でまとめられるはず。

もし、神棚に龍神破魔矢を置いてあるなら、神鏡を竜彫神鏡にしてみると趣をより整えられるのではないだろうか。

 

f:id:omakase_factory:20210924062831j:plain

 

竜彫神鏡にはもうひとつ極上竜彫神鏡というのがある。

神鏡って国産、外国産があって、国産のほうが高いけど、極上竜彫神鏡あたりになると外国産がドーンと安い、こんな値段で誰も作らないよっていう値段なんだけど、せっかくだから国産神具を使いましょうよ。

 

それと極上竜彫神鏡は大きい。

神鏡自体の大きさは2寸ならどれも同じなんだけど、台座が大きいから置き場所を考えてから選ぶことになる。

よく使われる場所は神棚を祭ってあるところの最前列かな。

バシッと置く。

神棚の扉の前に神鏡を配置することもあるけど、極上竜彫神鏡の場合には奥行きもあるので、相当大きな神棚を持っていないと収まりきれないので、やはり、階段前とか最前列になるかな。

 

そんな感じで竜彫神鏡は架空の生き物を造形してある神鏡なんだけど、東洋では「龍」は天空を自由自在に舞い、疲れを知らないみなぎるパワー、強い生命力などの印象が根強くて、男はこういうものが大好きだね。

 

 

竜彫神鏡 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3295.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。