神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

ガラスの上に神棚のお供物は置かないほうがいい 滑るって知らないのかな

ガラスの棚板だと滑って落ちます ガラスシェルフ? だめだめ

あれこれとイメージを変えたい気持ちもわからないでもない、革新的なものに魅力を感じることもある、伝統を古臭いと感じることもある、人の気持ちは右往左往するものだからいろいろやってみると面白い、ともかく経験しないと何もわからない。

 

インスタグラムなどでも「新しい神棚のかたち」のような紹介をしているものがある。

スタイルであったり、形であったり、生活感であったりと出ては消え、消えては出てのアイデア勝負みたいなもんなんだけど、その中で「それ やばいよ」って思うものがあった。

硝子板・・・ガラスシェルフ・・・これを代用してしまうケースがあった。

ガラス板と書けばわかりやすいけど、ガラスシェルフって何? という場合には、画像検索をしてくれれば一発でわかります。

ガラス板が出てきます、板のことを英語でシェルフというそうです。

 

業者側がガラス板の上に神具を置いちゃダメだわ。

地震で揺れたら滑って落ちておしまい。

どうしてこんなことがわからないのかね。

ガラスに置いたらモダンとか、そういう話じゃないと思います。

 

 

起こってみなければわからないことも生活の中にはたくさんあるけどね。

経験則だって身につけておかないと、だから、温室育ちより揉まれたほうが実社会では役に立つわけだ。

まぁ、実体験が豊富でいろいろな人に接している人は強いですよ、まして、失敗も成功も繰り返した人なら尚の事、これは間違いない。

 

それと、セトモノ類の裏はざらついている。

日本製の陶器は多少研磨してあって、外国製の陶器はそのままの状態だからかなりザラザラしていることが多い。

研磨の差こそあれ、ツルツルではないのでガラスの上に置くと、ガラスに傷がつきやすいことは見て取れるかと思う。

 

置くなら木材の上がオススメ、摩擦係数も高い場所なら多少の地震では落ちることなんかないし、そもそも透明ガラスを使って、下から覗き見できるように神棚を設置する必要もないかと思う。

神は桧に宿る、、、これ大昔から言われていることなんだけどね。

 

www.youtube.com

 

セトモノセットB豆 一番小さな水玉、平子、皿、榊立てのセット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana4431.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

趣味のDIYで組み立てられる神棚の棚板セット 9パターンの中から選べます

いくらDIYレベルで設置ができる棚板セットでも慣れた人のDIYレベル

なんでも自分で作ってみようというDIYはとても人気があって、やってみると強烈な刺激が頭の中を通過するわけね、楽しくて楽しくしょうがないわけだ、一日があっという間に終わってしまう。

何が楽しいって採算度外視、コストなんか関係ねぇ~、やりたいことができればいい、他人の要望ではなく自分の自己満足、出来上がる工程がまじまじと感じられ、ついでに工具の扱いも上手になることがよくわかる。

これが業務になって工作をするとなると・・・趣味のようなやりたい放題は無理。

「趣味のDIY」は楽しいよ、マジで楽しいからやってみな。

 

お金がある人は電動工具をあれこれ買い集める、たとえ数回しか使わないだろうものでも欲しくなる、そして、所有欲を満たせてくれる。

ともかく趣味のDIYは多種多様な工具を使い分けないといけないね、これが業務で工作をするときには、一種類を極めていくようになるから、そこが趣味と業務の大きな違いかもしれない。

業務用の電動工具は電圧からして違うので、個人宅ではまず使われないけど、せっかく買った電動工具を使わないのももったいないし、趣味のDIYにもいろいろな方向性があるから、是非、神具の製作にトライしてみてください。

 

ところで、「できる」と一言で言ってみてもそれぞれ程度というものがある。

実務ではそこの判断がとても重要でして、初心者のできる、初体験者のできる、プロのできる・・・いろいろな「できる」があるので見極めをしないといけない。

 

棚板の設置は簡単です・・・そうだなぁ~ 壁に釘を挿して棚をつけたことがある人なら超簡単、ピンを使って額縁をつけた人なら注意深く作業、木材加工しかやったことがないならどんなもんかな、、、って言う「簡単さ」です。

DIYにも方向性がいろいろあるわけだ。

 

 

 

簡易タイプの棚板セットは全部で9パターン。

幅の大小もあれば、幕板の有る無し、膳引きの有る無しに分かれている。

ここで知っておかないといけないことがある。

それは、、、しめ縄、神前幕を使いたいときには「幕板付き」を選ぶ。

この幕板というパーツがないとしめ縄、神前幕を格好良く掛けられないので、天井に画鋲で留めたりしてしまうことになるだろう。

もし、後から幕板だけ欲しいときには、DIYで作ってしまうしかないだろう。

 

膳引きというのは引き出しのこと。

これもお供物を乗せたりしたいときにはあったほうがいいかもしれない。

特になくてもなんとかなるけど、こちらの膳引きは後から製作するのはとても難しい作業になるはずだから、必要かも、、、と思ったら膳引き付きを選ぶといいでしょう。

 

 

そして、棚板セットには木彫り雲 桧製 大きな雲または小さな雲の無料サービスを只今実施している。

雲板って何? というときには検索をしてどんなものか知ってください、今回は雲の説明は省略します。

 

 

 

 

簡易棚板セット 幕板付き 膳引き付き No.6 幅75cmまでの神棚用

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00005596217916.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。

八足台(八脚案)を使う神棚の祭り方をする 長尺スタイルが便利

「八足台」「八脚案」 やりたいことがやれる 魅力を感じる

まず八足台を選ぶ段階で型にはまった祭り方をする必要がないわけでして、あとは創意と工夫でひとつの空間を創りあげていけばいい、そもそも八足台とは個人個人違う祭り方が出来る神棚設置台としての利用が増えている神道ではお馴染みの台です。

なお、台のことを案という言い方をよくするので、八足台のことを八脚案と言ったりする、同じことです、呼び名がいろいろあるだけ、でも八足案とは言わないし、八脚台とも言わないな。

 

まず、知っておいて欲しいことがある。

木材、特に八足台で使うときには、基本的に一枚板になる。

一枚板を使わずに、安価な製法で木材を加工するとき、合わせたり、繋いだり、貼ったりする方法もあるんだけど、同じような形で価格がドンと下がれば買いやすいのは見てとれるので、そういうのはパチモンです。

 

八足台で使う板の向きでピンとくいるのは木材をいじることがある人かな、この板の使い方で「奥行き」は樹齢を意味している。

たかが10cm、されど10cm。

10cmの奥行きを得られるのに100年かかる。

だから、安易に奥行き45cmで一枚物の高級桧の板が欲しいぃ~・・・なんて言わないほうがいいかもしれない、、、高いぞ! すごく高い。

あ、素材を変えれば安いものもあるけど、本来、八足台で使うような一枚物の板のときには、そういう素材を探すことから始めないとなかなか見つからないわけです。

 

おまかせ工房では奥行き1尺(約30cm)までであれば2割増になりますが受け付けています。

 

 

おまかせ工房ではいくつも作っているので、初めて作りたいときわからないことがあれば、問い合わせてください。

難しい話はありませんが、ともかく安心できるところに依頼をするのがいいでしょう。

ただ、安物はありませんから、まともなものを作っておきたいというときには、手前味噌になりますが当店がオススメです。

 

八足台には決まった高さがありません。

サイズオーダーになるから、尚のこと心配かもしれないけど、ほぼ一度は電話をして内容は確認しています。

こちらもそのほうが安心なんです。

 

届いたものは組み立てるだけなので、この組立については説明なんか必要なしってぐらい簡単に組み立てできます。

見れば誰でもわかります、今まで誰一人としてわからなかった人がいませんから。

 

www.youtube.com

 

 

二段組立式八足台 幅2尺5寸 北米産桧(スプルースとも言います)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-hassoku-2-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。