神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

木箱のような箱型の神棚に神具を収めたみたときの参考例

箱宮シリーズには一社と三社、五社があり外箱は一社用と三社用だけ

観音開きの扉にガラスを外して板を入れて完全木箱タイプにしたいときには各人で用意をして欲しいわけなんだけど、ガラスと同じサイズのものを用意して入れるだけなので、作業としてはなんら難しい話はない。

ただ、どのような木目のものを入れたいのかということが難解なのでこちらでは用意をしていません。

もっともそのような正面にも板を入れて板戸に仕上げたいという人は稀だと思うから、内部が見えるようなスタイルで祭っておくといいでしょう。

 

箱宮シリーズには尾州桧版と東濃桧版が世の中にはあります。

そこを知らないと何でもかんでも安い物を選んでしまいがちだし、価格で並べ替えて検索したところで上位は安い東濃桧になっているから、尾州桧の存在を知らないで終わることもあるかもしれない。

同じようなものだから・・・って見慣れてくるとそれなりに違うけどね、初見だと同じものだと誤認識するのも否めない。

 

今回は一社を紹介しているけど、箱宮シリーズには「外箱だけ」の販売もしています。

外箱だけというのは社なしの状態ですね。

木札など収まらないものを直接入れて祭ったりすることがあるので、そういうときには社なしの外箱だけで利用してみるのもいいでしょう。

 

f:id:omakase_factory:20200925073150j:plain

【神具】箱宮10号一社 神棚 尾州桧版

---詳しい紹介---
外寸

高さ42cm 幅31cm 奥25cm

内寸

高さ31cm 幅27cm 奥4cm

 
箱宮は基本的には置くだけで祭りますが壁掛け仕様にもできます。
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
「吊り金具必要」を選択された場合には、壁に取り付けるためのネジなどを2本ご用意ください。

 

今回使った国産神具は【神鏡1.5寸と神具一式極小セット

 神鏡1.5寸 高さ約8.4cm
 真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
 かがり火高さ約6cm
 セトモノセットB豆
 豆八足台6寸

 

www.youtube.com

 

尾州桧で作る箱宮 箱宮10号一社

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00205596217914.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

箱宮10号一社の外箱

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00405596217911.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

神鏡1.5寸と神具一式極小セット 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。

小型の一社の神棚を横に3台並べたような薄型の三社の神棚

神具も一緒に祭っておくと薄型の神棚でも見栄えが増します

一社神殿を個別に3台並べてある光景も何度も見たことがあります、おそらく、個々に違う時期に揃えていったように感じているけど、同じ神棚で揃えておくとそれなりに見栄えがある、これをあっちでこっちで揃えたようなちぐはぐな神殿で揃えてしまうのは避けたいところ。

もし、そんなちぐはぐな状態であれば三社の神棚に取り替えてもいいかもしれない。

同じ神棚でも新旧の差がありすぎて社の汚れ具合が酷かったら取り替えましょうか。

 

三社の神棚は一般的には高欄などの付属が付いたりすることがほとんどで、箱宮のような社の作り方をしないので、奥行きがある程度必要になってくる。

そのため棚板の奥行きも必要になる関係で、手前がどうしても狭くなってしまう。

もし、神棚の棚板に余裕がなくもっと手前を広げたいようなときには薄型の神棚に取り替えてもいいだろう。

 

さらに手前に出したなく、、、という究極的な場所のこともある。

でも神札だけ壁に貼り付けるような祭り方はしなくない、、、もうどうしたらいいの? なんてことになったとき、この薄型の神棚の背面に三角吊カンでも取り付けて壁掛けにしてしまうのもいいだろう。

ただ、おまかせ工房ではこの出神殿三社に三角吊カンを取りつけるサービスはしていないので、各人でやってください、難しい作業はありません。

三角吊カンって三角形のカンが付いたネジで留める例のアレのことです。

神棚も重たくないから社の背面に2箇所付けて壁掛け化にするだけの話かな。

 

f:id:omakase_factory:20200924063646j:plain

【神具】出神殿三社 小型 神棚

---詳しい紹介---
外寸

高さ36cm 幅52cm 奥10cm

内寸

高さ27cm 幅8cm 奥3cm

高さ27cm 幅8cm 奥3cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州

 

今回使った国産神具は【雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット

 雲水彫神鏡1.5寸 高さ約9cm
 真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
 かがり火高さ約6cm
 セトモノセットB豆
 豆八足台6寸

 

www.youtube.com

 

尾州桧版 出神殿三社 小型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00505596217919.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

神棚であれば一番小さな真榊が最も使われる 木製台軸仕様の真榊

真榊は「大は小を兼ねない」ので場所に合った大きさを選ぶこと

真榊という神具を知らない人はまだまだ多いから、何か新しいものでも祭ってみようかと思案中であれば「真榊」はおすすめしたいな。

それでもこんなものは見たことがないという場合には、本殿内部を見回して見て欲しいけど今回は下に画像を付けておいた、ちょうど真榊の片方が写っていたからね。

 

真榊は三種の神器と五色と榊からなる神具。

これについての詳しいことは過去に何度か書いているので今回は省略させてもらう。

ともかく彩りが増えるし神棚全体が明るくなると思う。

まずは「明るい神棚に仕上げたいな」っていう程度から置いてみるといいかもしれない、詳しく知るのはその後でもいいでしょう。

 

真榊にはプラスティック製と木製があるから、木製台軸のほうがいいときにはあれこれ検索をしても上位に表示されるのは安いものになるので出てこないかもしれない。

まぁ、検索上手な人であればそこらのことは十分承知していることでしょう。

 

f:id:omakase_factory:20200923063951j:plain

 

左側の後方にあるものが真榊という神具になります。

左右に置きます。

一応、左右の配置が決まっているから反対に置かないことかな。

このような大きな真榊は何種類かあって、まぁ、これも金額次第で何種類かあるわけなんだけど、拝殿内部をよく見ないと目に飛び込んでこないこともある。

 

f:id:omakase_factory:20200829124704j:plain

 

 

もっとも使われている一番小さな真榊 木製台軸仕様

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

持っている真榊がプラ製だったら木製に取り替えるキットもあります

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。