神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

伝統工芸士が作る御札入れ スリット構造の神棚

棚に置いても壁に掛けても浮かんで見る神札入れ

なかなかこういう神棚は珍しいと思う、横からみても見えない、真正面にきたあたりで見える、それも浮かんで見えるという摩訶不思議なお札入れを伝統工芸士の山下さんが作っていて、おそらくこういうスタイルの神棚は日本で最初だと思う。

少し似たようなデザインのものが作られてきたようだけど、これがオリジナル品。

 

板を寄せ集めただけのように見えるかもしれないけどさ、工芸などをやっている人であればこの仕上げがどれだけ手間のかかるものかすぐにわかる。

木材であることを感じさせない仕上りとでも言うのかな、すごいです。

 

棚に置いてもそのまま直立するし、付属の壁掛け金具を使えば柱などでも掛けておける、また、リングも付属しているので破魔矢を挿してもいい。

神札は中に落とし込むだけ、その寸法は高さ28cm 幅9cm 奥1.5cm。

この寸法より大きな御札は入らないけど、標準的なものであれば問題ないはず。

 

f:id:omakase_factory:20180316071349j:plain

 

【神具】 御札入れ 神棚

---詳しい紹介---
外寸

高さ32cm 幅14cm 奥6.5cm

内寸(本社)

高さ28cm 幅9cm 奥1.5cm

 
吊り金具付属、破魔矢掛けリング付属
備考
内寸(本社)とは御札を入れる空間を指します。

おまかせ工房では昔ながらの寸法、そして規格で作った神棚類を販売していますが、このお札立ては創作神具になります。そして、この御札立てにはコンセプトがあります。
製作をする段階で「神具に見えずに神具である」という概念、そして「シンプルであること
この二つの思惑を兼ねた新しい神棚になります。
横から見ていくと箱のように見え、次第に正面に近づくとお札が見える。
その見え方も浮かんだように見えるように縦一本の細隙(さいげき・スリット)を12本施し、繊細にして淡麗に仕上げてあります。
破魔矢を掛けられるようにリングがあります。
壁に掛けても置いても使えます。
素材:選び抜いた檜葉材

伝統工芸士 山下学(第506829号)氏の作品です
類似品にご注意下さい。

動画を作ったからわかりやすいと思う、浮かんで見える、という表現がしっくりくる。

なによりそのデザインが究極的シンプルさだよね、無駄が無い。

youtu.be

 

f:id:omakase_factory:20180316071606j:plain

 

伝統工芸士の神棚 お札入れ スリット構造

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidanaofuda.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。