神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

交換するときにはまとめて交換することが多い神鏡と神饌セット

定期的に全交換することが目立つ神具 セトモノ、神鏡、神前幕

今日は七夕か、でも全国で大雨被害でコロナでと踏んだり蹴ったりの2020年で楽しくないね、こんな夏ははじめてだ、夏祭りも無くなって今年いっぱいのイベントの中止の連絡ばかり飛び込んでくる。

初詣なんかどうなるんだろうか? と思ってしまう。

 

ところで、神具というのは一回買ったら死ぬまで使うなんていう人もいれば、こういうものは節目節目で取り替えるものという人もいれば、定期的に取り替えるという人もいる。

定期的に取り替える人は何を定期的に取り替えているのか?

経験的には神鏡とセトモノが多い。

一番多いのがセトモノで、次に神鏡で、その次が神前幕かな。

 

セトモノなどは割れるまで使うというのが最も多いかと思うけど、それは交換をしない人の場合の話であって、今回は取り替える場合の話になるので全く違う。

実はセトモノを取り替えるとリフレッシュ度がマックスになる。

家族の食器は万年同じものを使っても、このセトモノセットだけは新しくしてみるといいだろう。

それに合わせて神鏡も取り替えると雰囲気が大きく変わる。

神鏡は何種類かあるから今年はコレにしようという感じで取り替えていけばいいし、以前使っていたものを再度取り出してきてもいい。

神鏡の大きさを変えたり、種類を変えたり、置き場所を変えたり、数を増やしたりといろいろ変化を加えられます。

 

f:id:omakase_factory:20200707072821j:plain

 

神前幕についてはこれは洗濯をしないから定期的交換をしている人たちも多いし、実際、おまかせ工房にも早い人は毎年交換という人いるし、3年おきという節目を作って交換している人もいる。

 

神具というものは製品でもあるので、一定品質を取り揃えていく必要があって、これがディスカウント店、ホームセンターなどではどうしても安物が出ればそちらを売りたくなるので、品質が一定していないのが困るわけです。

定期交換をしていきたい場合には専門店がいいと思う。

国産のものであれば品質に大きなバラツキが出ない。

でもこういうものは価格で選ぶ人が多いのも確かだけどさ、神具まで外国製を使わなくても、、、と思うけどな。

 

 

国産神具を使おう 神饌と雲水彫神鏡の組み合わせ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-set-002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。