神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

ちょっと雰囲気を変えてみたくなったら金幣芯もいいだろう

バチンとくるものがあるかもしれない 気迫かな

一昔前だと先輩というのはおっかない人が多かった、いや、父親もおっかない存在だったのかもしれないけど、いつの間にかソフトになって、兄弟喧嘩のようなことをしてみたい、真剣に怒られてみたい、と思う人もいるようだけど、人間が本気になったときの様子ってなかなか垣間見る機会がないね。

兄弟喧嘩は一人っ子だと無理だし、何か言ったらへそを曲げてしまう世代に言っても無駄と早合点してしまうと言うのもバカバカしくなるんだろう。

 

気迫というか風圧というか、なんかそんな目に見えないものを持っている人がいる。

喜怒哀楽を出しているわけじゃない、ただそこに居るだけなんだけど何やら近づき難い何かを感じる人。

呪縛とはちと違う、誰にも縛られていない、後ろ盾が見え隠れするわけでもない、初見の人でも不思議と気迫を感じることがある、そんな何かを感じる人を見かけることもあるだろう。

近づいてはいけない人、、、寄せ付けない力を持とう。

 

起きてから考えるか、起きる前のことを考えるか、いや、災難は避けて通るのか、災難に近づかないようにするのか、、、いろいろある、もっとある。

寄せ付けない・・・・こんな考え方もある。

f:id:omakase_factory:20171225064653j:plain

不運をじっくり考えてみると必ず要因がある。

生活の中だから様々な要因があるんだろうけど、何故なんだ?どうして起きたんだ?どうしてこうなった?とじっくり考える、ペラペラ喋る前にじっくり考える。

避けられないことが重なった、自分から不運に向かっていった、諦めるしかない、次回があれば次回に期待。

不運が向かってきた、、、これじゃなぁ、嫌だなぁ~というなら金幣芯オススメ。

そんなこんなで考え方があって、昔からある神具です。

戦国時代劇だと必ず武将の屋敷や陣地などに置いてあるから見たことがある人もいるんじゃないかな。

負けを引かない、少なくても負を寄せ付けないようにしたい。

 

日本製 金幣芯 サイズいろいろ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana5001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。