神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

伝統工芸士の御札入れ 正面から見えて脇からは見えない

作りは単純に見えても仕上げは超一級品の神棚

大きなものではここまで手を加えて磨きをかけると大事になってしまうこともあって、神札を入れるだけの大きさです。

とても変わった神棚になるのではないかと思うんだけど、扉というものがない。

扉がなくてスリット状になっている、細隙という仕様だね。

そのため左右からは見えない、正面に立ったときだけ見えるわけだ。

 

この状態のまま立ててもいいし、付属品に壁掛け金具、破魔矢掛けリングを入れてあるから、それらを使えば画像のようにも祭っておける。

 

見てしまうとなんだか誰でも作れてしまうように思うほど単純な構造になっていて、板と棒だけじゃないかと思うかもしれないな。

でも、無理です。

おまかせ工房のスタッフもこれはちょっと無理だと口を揃えて言うぐらいの仕上げ、プロが見てこりゃスゲーなぁ~と思うぐらいの仕事ね。

木材が木材ではなくなってしまうような木目の細かい仕上げ。

手間をグングン加えて、工芸品レベルになる感じで完成させてあります。

 

 

f:id:omakase_factory:20171214083951j:plain

入れることができる御札の大きさは内寸です・・・高さ28cm 幅9cm 奥1.5cm

上からストンと入れるだけ。

【神具】お札差し 神棚 スリット仕様

---詳しい紹介---
外寸

高さ32cm 幅14cm 奥6.5cm

内寸(本社)

高さ28cm 幅9cm 奥1.5cm

   伝統工芸士 山下学(第506829号)氏の作品です
備考
内寸(本社)とは御札を入れる空間を指します。

おまかせ工房では昔ながらの寸法、そして規格で作った神棚類を販売していますが、このお札立ては創作神具になります。そして、この御札立てにはコンセプトがあります。
製作をする段階で「神具に見えずに神具である」という概念、そして「シンプルであること
この二つの思惑を兼ねた新しい神棚になります。
横から見ていくと箱のように見え、次第に正面に近づくとお札が見える。
その見え方も浮かんだように見えるように縦一本の細隙(さいげき・スリット)を12本施し、繊細にして淡麗に仕上げてあります。
破魔矢を掛けられるようにリングを付属してあります。
壁に掛けても置いても使えます。
素材:選び抜いた檜葉材
伝統工芸士 山下学(第506829号)氏の作品です
類似品にご注意下さい。

 

f:id:omakase_factory:20171214085146j:plain

実際に動いているときの見え方はYouTube動画に掲載中です。

真正面にくるとはっきり御札が見える。

youtu.be

  

正面から見える神札入れ 浮かんで見える不思議な神棚

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidanaofuda.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。