神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

注連縄・雲彫・柵を加えたガラス箱宮三社神殿

丸みをとりエッジを効かせた箱型の神棚

おまかせ工房の注連縄シリーズはしばらく在庫切れが続いていて、一昨日に出来上がってきたから早速紹介をしてみたいと思います。

以前、このガラスケース部分だけの販売はしているのか?と聞かれたことがあって、あいにくガラス箱宮の場合にはケースのみの販売はしてません。

こちらの外ケースに近いデザインのものは中型サイズ用神殿ケースというものがあって、それが雲彫を加えたガラスケースなんだけど、こちらのサイズよりはるかに大きいからその辺は商品ページで確認をしてください。

 

箱型神殿というのは箱型に合わせたお宮を作っていて、このお宮だけっていうのもないんだけどね、普通のお宮と箱宮用のお宮は違う。

どう違うのかと言えば、作り方が違っていて打越の後ろ側がない、そして、それに伴って背板がない、要するに後ろ半分がない。

まぁ、なんのこっちゃ?となるわけだけど、お宮が違うんだ、という点だけ知っておいてください。

 

となると、ほとんどの場合が普通の神棚は箱宮のガラスケースの中に収めることができません、そのため神殿ケースは小型サイズと中型サイズを別途作っているわけです。

 

f:id:omakase_factory:20170719065259j:plain

 

いくつか箱宮神殿を作っていますが、支柱には丸みを付ける傾向があるんだけど、こちらの注連縄付きのガラス箱宮シリーズは丸みをなくして、ちょっと男らしい雰囲気に仕上げてあります。

 

小型、中型、大型の3サイズありますが、外寸では幅寸法が違う。

外寸の高さ寸法と奥行き寸法は各サイズとも同じです。

 

【神具】ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(大)吊下式(神棚)

---詳しい紹介---
外寸

高さ39cm 幅61cm 奥32cm

内寸(本社)

高さ25cm 幅40cm 奥4cm

 
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

 

youtu.be

 

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。