神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

突き抜ける爽快感 木彫り雲「桧」大きな雲 小さな雲

突き抜ける爽快感 木彫り雲「桧」大きな雲 小さな雲

なんだかメンソールの宣伝文句のような表題になってしまった感があるんだけど、目の上のたんこぶは鬱陶しいわけです。

おまかせ工房の店長ブログは自己啓発のブログでもなく、宗教ブログや精神ブログでもありません。

だから、雲があるからないからどうなるとか、そういうことを書くことはないわけですが、これあってもいいんじゃないかな~と思うので、しれっと宣伝しています。

 

雲がないからって天地がひっくり返ることもなく、周囲に不穏な空気が漂うこともない。

でも、でも、それでも・・・という念押しですね。

 

気分です、気休め。

その気になればなんでもできるわけで、人間は気持ちの塊みたいなもんでしょう。

ただ、外圧によってやらされるのか、自発的にやるのかが大きな分かれ目だよね。

 

自発的にやることってストレスが起きない、もう背中に羽根が生えたように動ける、脚はカモシカの脚のように軽やかになれる、上り坂も苦じゃないよね。

やればやるほど爽快感に満ちあふれてきて、終わればこう思う「え~もうおしまいか~」。

脳の中に何かの物質が出るんだと思う。

 

f:id:omakase_factory:20150207100821j:plain

人の生活で理想的な住宅って平屋建て。

特に歳を取ると階段の昇り降りも不自由するわけで、一階で全てが賄えることができれば尚結構なんだろうけど、家族数人で住むには日本の戸建ての敷地では、多くの場合が狭すぎる。

二階建て、三階建て、アパート、マンション、、、と上に上に伸びざるをえない。

 

そこで、余り気にしないことなんだけど、どうして私の上に人がいるのか、、、って部分ね。

建物が透明だったら、実に滑稽な住宅なんだけど、床だ壁だとあるもんだから気づかない。

空間を創り出しているだけなのに固定資産と言ってみたりさ。

取壊したら土地しかないわけなんだけどね。

 

雲は天井などに貼り付けておきます、それだけ。

上を見上げて読めるように、うかんむりが手前だね。

気分だけでも空(そら)を創っておこうというもの。

 

やっぱり、足の裏とか荷物とか、その他いろいろなものが神棚の上にあったら嫌だと思う、気にしなければ気にならないんだけどさ。

 

 

突き抜ける爽快感 木彫り雲「桧」大きな雲 小さな雲

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-kumo-005.html


木彫り雲 桧 神棚 雲板 大きな雲1枚 小さな雲1枚 :mail-kumo-005:おまかせ工房 - 通販 - Yahoo!ショッピング

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。