神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

龍(竜)という架空の生き物

龍(竜)という架空の生き物

とかく男性には人気のある竜なんだけど、神棚でも龍を使うことがある。

そもそも日本神話にも登場してくるという話もあるぐらいだから、その古さは筋金入りなんだけど、未だ誰も見たことがない。

 

龍の鳴き声はこうだ、鱗だ、柔らかい、堅いなど、もう妄想の世界がひどい。

でも人を魅了しているのだから、しかたがない。

昇り龍という言葉があって、下るより上るほうが気分的にもいいのかもしれない。

というか、とかく世の中、昇りが大変でゆっくりで下りがとてつもなく早い。

嫌になっちゃう。

そんな上昇のお手伝いをしてくれるのが龍なのかもしれない。

 

学生のころ、学ランという制服に身を包んでいたことがあるが、裏地に龍を入れたりしているのがブームになった時期があった。

今見ると変だと思うが、周囲がそうであったので違和感ゼロ。

これも時代の面白さ、変遷なのかもしれない。

とかく男は龍が好き。

 

神鏡にも龍が入っているものがあって、その中で一番彫りの深い龍がこの龍。

激安品も出回っているようだけど、そんな値段で彫れるもん?ってことを考えないといけないと思うな。

 

f:id:omakase_factory:20141102095256j:plain

龍には縁起担ぎという意味合いも含まれていて、水牛の角と龍は相性が良いとかいろいろなことを言われている。

 

ドラゴンなんて言い方の方が馴染みが深いと思うけど、爪の本数を厳しく規制していた国もある。

これはかつて皇帝のいた国、そう中国。

五本爪は皇帝龍、他は三本にしろだのという、景徳鎮の焼き物に描かれてきた図柄でもその歴史の長さが伺える。

 

インドも龍が好きね。

なんというか、仏教とも深く関わってきているので、根付いているんだと思う。

 

ただ、今だに誰も見たことがない・・・。

 

 

彫りの深さに人気がある神鏡

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3518.html


神具 極上竜彫神鏡 2寸 上品 大きさの目安 約高さ13.3cm:kamidana3518:おまかせ工房 - Yahoo!ショッピング - ネットで通販、オンラインショッピング

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。