神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

全体的にドッシリとした屋根に特徴のある大きな通し屋根三社

事務所や道場など広めの場所で祀られることが多い神棚

このシリーズは4サイズの神棚を作っているんだけど、大きな神棚です、今回のは小型でも幅70cmだからそれ相当の場所が必要になるわけね、そのため事務所や道場など広い場所で神棚を祭っておきたいときにはよく使われる。

神殿様式の中で屋根を厚く作る分野があって、その継承作品になるんだけど、屋根を厚くした門など武家屋敷でも見かけた人もいるんじゃないだろうか。

 

本殿など神殿部分の屋根を厚くしている神社は全国にたくさんあるよね。

こういう部分は神殿の勉強をちょいとしていないと見えてこないかもしれないけどさ、それから門っていうのは今時の門構えじゃなくて、茅葺き屋根の時代の門ね。

屋根の重みが増す、重厚感というんだけどこの重みが欲しいわけですよ、そうするとデンと構えた立派な建物に見えるんだ。

 

屋根だけ厚くしてもバランスが大事だから、堅魚木、千木なども太くする。

それと大きい神棚だから細部にも少し手を加えることができて、まぁ、こういう神棚を祭っていると凄みがあります。

 

f:id:omakase_factory:20170823064433j:plain

【神具】通し屋根神殿三社厚屋根(小)(御簾付き)(神棚)

---詳しい紹介---
外寸

高さ48cm 幅70cm 奥27cm

内寸(本社)

高さ30cm 幅34cm 奥8cm

 
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州

 

Youtubeの動画でもみればわかりますが、この神棚は扉御簾を事前に取り付けてあるので後から加える必要はないです。

 

youtu.be

 

 

デンと構えた大きな神棚 厚屋根神殿様式

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05205596217914.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

真榊の軸がプラスティックならば木製に取り替えることが可能

真榊の木製台軸 自分で交換できます

真榊にはプラスティック製があることを知らないと安いものに手を出すと思うんだけど、別に困りはしないと思うのでそれはそれで置いておけばいいと思う。

でも、あるときふと思って、ネット検索などをしたとき木製台軸仕様の真榊があることを知るとそちらの方をどうして選ばなかったんだろうと思うはず。

しかし、それでは残念が残ってしまうので、プラスティック製から木製に取り替えることができる交換セットのご紹介です。

 

これは真榊を持っていない場合には全く使い道のないパーツですね。

交換は簡単。

既存の糸を切って取り替えて、さらに正絹糸で再度結んで完成です。

作業時間は数分間。

 

f:id:omakase_factory:20160311154233j:plain

f:id:omakase_factory:20170822064355j:plain

当然ながら、初めから木製台軸仕様を選んいる場合には必要ないです。

なかなかこのプラスティックと木製があることを周知されていないようで、おまかせ工房にも問い合わせがあって、これから買う前の問い合わせなのか、すでに買った後の問い合わせなのかわからないんだけど、いろいろ価格検索をしているんだろう。

 

神具って消えてなくなるようなものじゃないからさ、なんとなく木製のほうが雰囲気あるんじゃないかな、さすがにプラスティックで作るような価格にはならないけどね。

 

真榊の木製軸、木製台・・・プラスティックからの交換用

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-masakaki-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

濡れ場や汚れ場に最適な畳の上に敷くポリプロピレンの花ござ

畳の上、砂地の上、板の上などで直接敷いて使えます

案外、汎用性が高くていろいろな場所で使ってもらっている業務用ポリプロピレンの敷物なんだけど、やはり小さな子供の多い環境ではよく使われていて、保育園、幼稚園でには頻繁に出荷をしている、これは皮膚に関係しているようでアトピーの子供への対策らしい。

これが大人になるとそういう敏感肌目的より、水こぼし、酒こぼしなどの目的に変わってきて、集会場、公民館での会合の際に、おこぼし、が起きるもんで、畳の上でそれをやられると困るわけね、だから、こういう織物カーペットを使う。

ビニールは使わない、生きている人間のいる場所でブルーシートを使うのは気が滅入る、あれは覆い隠すとき使われる、目隠し、間仕切り、屋根、荷物などでね。

 

板の上でも使うね、海の家がそうなんだけど、それからキャンプ場などの休憩場所かな、大きな傘の下にあるベンチのような空間だ。

板の上だと鋲が使えないから金属プレートなどで凹凸が出にくいように固定して敷きますね、特に海の家の場合には皆さん素肌になるから凹凸は危険だから厳禁だ。

f:id:omakase_factory:20170821074208j:plain

 

【模様】シリーズと【潮波】シリーズがあります。

 

【模様】シリーズ・・・江戸間寸法のみの製作でサイズオーダーはできません。

丈夫ですね、そのかわり堅いとも言えるんだけど、こういう柄物として織り上げる場合には途中で切ることができないから、サイズオーダーができないわけです。

業務用ポリプロピレン敷物はシート状になっていない、織物です。

たまに聞かれることかな、シート上になってい草風の凹凸を型押しするには、温泉場などで使うものね、健康ランドとかさ、あれはシートです。

f:id:omakase_factory:20170821074218j:plain

 

【潮波】シリーズ・・・本間サイズ、五八間サイズ、そしてサイズオーダー可能。

ポリプロピレン敷物をサイズオーダーする場合には、カット加工で対応します。

左右上下をカットして縁を付けて作る。

そのときこちらの潮波シリーズでカット加工が可能です、模様シリーズでは柄織の関係でできません。

f:id:omakase_factory:20170821074229j:plain

この潮波シリーズでサイズオーダーをする場合、ほとんどの場合に縁を付けることになります。

縁が付かないのは本間、五八間の切れ目でカットしたときだけ、まぁ、そういうことは稀だと思うから、縁付きに仕上げます。

そのとき使う縁の種類は一種類のみ、下の画像のみ。

い草上敷きの縁ではないので選んだりできません、ポリプロピレン専用の縁を使います

f:id:omakase_factory:20170821080150j:plain

 

濡れ場や汚れ場に最適な畳の上に敷くポリプロピレンの花ござ 販売ページ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a5dda5eaa5.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。