読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

定番三社 高さを低くした低床型の通し屋根三社 上品

高さ低めなので天袋に祭れることもある通し屋根三社神殿

神棚の棚板の高さは概ね2尺(約60cm)ぐらいは確保していることが多いから、少し上を開けたとして50cmぐらいの神棚を祭ることが多いと思う。

しかし、住宅事情などの点から40cmぐらいしかないとかね、マンションの梁が出ていてその直下に祭るから低くしないと下がりすぎてしまうとかね、事情はいろいろある。

そんなときのために通し屋根三社であれば明治神殿、屋根違い三社であれば出雲神殿の二種類を作っていて、どちらも上品神棚です、少し良い神棚を祭ってみたい人向けの商品があるので、今回はその中から明治神殿三社金具の中型サイズを紹介してみたいと思います。

 

中型サイズとい大型サイズを作っていて、あいにく小型サイズはない。

見え方としては、横長の神棚、にみえるはず、高さを抑えてある分ね。

そのスタイルが気に入ったということで、高さ制約がないところで祭っている人も選んでくれる。

意匠登録をしているデザインです。

 

【神具】明治神殿三社(金具)(中)(神棚)

---詳しい紹介---
外寸

高さ33cm 幅65cm 奥22cm

内寸(本社)

高さ28cm 幅39cm 奥4cm

 
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

 

 

f:id:omakase_factory:20160829083137j:plain

 

御札を納める高さは28cmを確保しているから、ほぼ入れられると思う。

見てわかるように良い素材を使います。

これも数十年前から作っているから新旧交換をしてくれるお客さんが多い。

そのために細部を変えないで作ります。

 

www.youtube.com

 

今回は金具扉ですが、唐戸扉もあります。

 

高さ低めの定番三社 明治三社シリーズ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05005596217918.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

棚板や祭壇などで祭るときには必需品 あってもいいことが多い

木製花台を使ってみよう 左右に余裕があれば置いてみよう

簡単にいうと榊立ての木製カバー、あってもなくてもいいように感じる人もいる反面、ないと困るということがあって、それが高級棚板を使っている人や祖霊舎などの祭壇、それから八脚案などを持っているときだね。

榊立てに限らず、水玉、平子、皿など陶器類を直接置かない、置きたくない、置いたらちょっとマズイというとき。

 

米と塩だけは台の上に置かなくてもいいかもしれない。

水物、酒物は台の上に置きたい。

おのずと榊立ても置きたいときがある。

水滴です、これが跡になるから。

 

神棚の棚板であれば上からは見えないだろうし、気にしなければそれでもいいと思う。

しかし、棚板にもいろいろあって良い素材で作った棚板の場合には使う。

 

神道祭壇や祖霊舎のときにはほぼ使う。

見た目も良いからだけどね、どうしても置き場所が目に飛び込んでくる。

 

平子カバーっていうのはないんだ。

あれは御神酒なんだけど乗せるとすれば、三宝、遠山三宝、長三宝、豆八足台、折敷などを使う。

のし口を差している人もいるけど、覆うようなことはしない。

同時に水玉カバーっていうのもないね、これも乗せることはある。

 

神棚の棚板であれば大きめものを使っていて、左右に少し空間ができるなってときには、榊立てに木製カバーがあるものを使ってもいいように感じる、見た目が増す。

 

f:id:omakase_factory:20160828084747j:plain

木製花台は榊立て込みです。

生榊をつかう人も造花を使う人も使う。

 

おまかせ工房では二種類あるけど、どっちがどこで使うためのものかという区分けはないです。

花台(A)、花台(B)は、これは好みの事だから気にしないでいいと思う。

なんとなく花台(B)が柵っぽいかな。

小さな花台があるのは花台(A)の方です。

 

 

神具 花台(A)角花 上品 高さ約10.5cm[これは組み(一対)です]【5号(角花3寸)】【お宮・神棚用】

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana4462.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

破魔矢立て・・・龍神破魔矢や短めの破魔矢に最適

破魔矢立て・・・龍神破魔矢や短めの破魔矢に最適

たまに神前破魔矢立ての問い合わせがあって、ほとんどが凹み部分のことを聞かれる。

穴が開いているのか?とかね、簡単なことなんだけど持っている破魔矢の矢先の有無に関係しているのかな。

垂直に凹みを作れば簡単につくれるけど、神前破魔矢立ての凹みは傾斜をつけてある。

そのため矢先の無い破魔矢であっても引っかかる部分があるから抜けずらい。

そして矢先のある破魔矢であってもアタリがつくからズレずらい。

 

木製破魔矢だけじゃなくて金属製の破魔矢で有名なものとしては龍神破魔矢がある。

龍神破魔矢にも対応してます。

あの破魔矢は向きが上向きだからスコンと落ちる部分がないと上向きに飾れないよね。

 

あ、普通の破魔矢も上向きで飾りたければそうしてください。

ただ、そのとき破魔矢に文字が書かれていることも多くて、その時には「破魔矢」と書いてあるはずなんだけど、その文字は上向きだと逆さまになる。

人によってはその書かれている紙は外してしまうこともあるようです。

 

f:id:omakase_factory:20160609101550j:plain

 

確かに下記の画像だけだと凹みがあるかどうかわからないね、単体の画像も用意をしているけど見てくれているのか、気づくことができるのか、まぁ、その辺は個人差がある。

 

神前破魔矢立ては75cmぐらいの破魔矢でも乗せらたけど、重心が上部後方に移ってしまうから、75cmぐらいのときには絵馬などの付属品は外して飾ったほうが安定感がある。

外した絵馬は近くに置いておけばOKです。

 

f:id:omakase_factory:20160827075455j:plain

 

 

破魔矢立て・・・龍神破魔矢や短めの破魔矢に最適

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hamayaoki002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。