読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

デカすぎた御札でも困らない しっかり祀れる箱宮ケース

箱宮の箱を神棚にしてしまう 置くだけ壁掛けOK

場所があるときには何も気にならないんでしょうけど、大きな御札を手に入れたときどうしようか、、、という場合ですね。

神棚に入れようとあれこれ探してみても、大きな御札を入れるには神棚自体も大きくなるから、今度は祭り場所で困ってしまう。

ならば立てかけてみてはどうかとやってみると、上手く納まることもあるんだけどそれは単に置いただけで、横に神棚があったりしてなんだか影になってしまうと感じるときがある。

さらに木札でもお供えをする場合には納まりが悪い、区分けができない、要するに結界がないわけだ。

 

大草原の一軒家であっても周囲にフェンスをする、山小屋でも見かけることがあるけど、やはり区分けの一線は引いておいてもいいんじゃないだろうか。

そうしないとごちゃまぜになってしまう。

共有、シェアと言いう場合には良いことも悪いことも共有する覚悟が必要になるのかな。

 

ということで、これはこれ、それはそれ、と区分けをしたいときには個別に社を用意しておくわけだ。

特に全然系統の違うものを同じ空間に置きたいときには、普通は分けるかな。

分けたからなんだ、分けないとどうなるって話ではなくて、生活の中での判断の縮図がそこにはあるのかもしれない。

 

【神具】箱宮ケース小号

---詳しい紹介---
外寸

高さ42cm 幅31cm 奥25cm

内寸(本社)

高さ37cm 幅27cm 奥22cm

 
備考
内寸(本社)とは内側の空間を指します。

「吊り金具必要」を選択された場合には、壁に取り付けるためのネジなどを2本ご用意ください。

 

 

f:id:omakase_factory:20140107124224j:plain

上品シリーズです、桧製。

だから、おまかせ工房の他の上品シリーズと横並べしても違和感はないです。

木札を納める人もいれば大黒様恵比寿様を入れていた人もいたっけな。

 

それと手前はガラスにしているけど同じ大きさ同じ厚みの板を用意して板戸にしてしまう人もいた、そのときにはガラスを外して板を差し込むだけの話です。

専用の御簾を用意しているからその御簾を付ける人が多いですね。

 

www.youtube.com

 

木札や大きすぎた御札、小さな神棚を入れて祀れる箱宮ケース

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00405596217911.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

ゴテゴテしていない御霊舎 神道の必需品

塗装をしないで使うのが御霊舎の魅力

稀に神棚に塗装をしたいという話を聞くんだけど、それは少ないと思う。

ある限られたものを祀るときに塗装をした神棚を使うことがあるけど、ほぼ朱色だね。

外に祭る外宮というものがあって、それは稲荷を入れるとき朱色のものを使う人たちも若干だけどいる、あくまでも少数派。

 

現代住宅に合わせた、、、というセリフがあって、要するに新基準とでも言うのか、過去の物から外して新ジャンルを作りたいときによく使われる言葉。

良い面もあるし悪い面もあるから言葉の見極めをしないといけないわけだ。

 

似たような意味合いの言葉に「家具調」がある。

調とか風とかがややこしい、日本語の曖昧さの良し悪しが出てしまう。

やっぱり、仏壇や祭壇は家具じゃないですよ。

家具屋が作った祭壇と神棚屋が作った祭壇は全く違う。

何が違うのかと言えば、素材が違う。

家具屋は家具を作るための素材を選び用意する、神棚屋は神棚や祭壇を作るための素材を選び用意する、仏壇屋は仏壇を作るための素材や塗料を用意する、当然、出来上がるものは違うわけだ。

 

神道の祭壇は塗装をしない、塗装をするのであれば素材はどうでもよくなる。

どうでもいいというのはいい加減ということではないんだけど、むしろ、塗装の仕方に興味の目が向くと思う、ウレタン塗装なの?漆塗装なの?ってね。

御霊舎に限らず、神道祭壇の類は素材を活かすわけです。

 

f:id:omakase_factory:20170120083514j:plain

巨大なものより小さなものを選ぶ傾向が年々強くなってきているように感じますね。

まぁそんな大きなものは戸建ての家じゃないとなかなか置けない、いや、戸建てでも難しいことはある。

 

大きな祭壇などは押入れを改良して、しまい込むスタイルにする家庭が増えてきた。

これだと前にせり出しこない、押し入れもよくよく見ると不要なものばかり入っていることも多いし、こういう凹みの場所って住宅の中ではなかなかないよね。

 

今回の小型サイズの御霊舎などは置き場所には困らないのではないでしょうかね。

 

www.youtube.com

 

素材重視のコンパクトサイズの御霊舎

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

三種の神器が神棚にあってもいいかもしれない 木製台軸の真榊

真榊を置いてみると明るくなりますよ

人には波があるから気分が冴えない日が誰にでもあるよね、集中できない、あれこれ気になる、次に襲ってくるものがあるといろいろ考え込んでしまったりする。

部屋に入ると昨日より暗く感じることがあるなんていう人もいて、天候の違い、春夏秋冬の違いはあっても1年365日、昨日と今日はそれほど外の雰囲気は変わらないわけだ。

鈍痛がするとか体調が悪いわけでもないのに、薄暗く感じてしまうときもあるだろう。

 

暗いより明るい方がいいだろうということで、一般的には神棚は人の集まる明るい場所に祭っておこうと言われる。

しみったれた寒くて暗く薄汚れた場所より明るくて暖かく清潔な場所のほうがいいだろう。

 

ところで神棚を明るくしたときに真榊(まさかき)を置いてみるといい。

画像でいうと左右にある五色のもの。

三種の神器です。

それ以外にも五色の意味などがあって、これは知ろうとすると深みがあるから好きな人は調べてみるといいでしょう。

 

f:id:omakase_factory:20170119082946j:plain

神棚をライトアップすることはないと思う、見かけたことがない。

灯籠を置いたりするけど常時点灯させるわけでもない。

おおむね、神棚は暗めになりがち。

 

何か神具で明るめのものはないかなぁ~と思ったら、真榊がオススメ。

左右の位置関係は決まっているから、右側、左側は画像のように置きます、向かって左側には剣、向かって右側は鏡と玉。

画像のように置くだけです。

 

 

一番小さな真榊

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

ガラス箱宮一社 すだれ付き

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217915.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。