読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

お座敷すだれをクギで引っ掛けるとつまらない 専用金具の魅力

日本製の魅力 座敷すだれの専用金具

専用品と代用品、代替品、それから汎用品など種類を知らないと素人が自分で決めて手を出さないほうがいいと思もわれるものが世の中にはたくさんある。

布は布、なにを選んでも布は布・・・こんな判断で生地選びをする人はいないだろう。

紙は紙、紐は紐、、、となんでもいいならともかく、用途がある場合にはそれに見合ったものを選ぶ、ただ、知識や見識がない場合には見識のある人に聞いてみると失敗しない。

しかし、量販店がここまで多くなると商品知識があってわかる人も少ないのが現実。

 

金物屋の人がいれば、金物の世界も多品種の業界で、新興国製の金属は錆びやすいってわかっていても、安いから、売りやすいからという理由で湯水の如く流通していることに嘆く人もいるかもしれない。

というか、応力などが加わるとその差歴然ということもあるかな、精度も違う。

金属はみな金属っていうことではないけど、配合などを聞く人はプロしかないよね。

 

長く営んでいる、長く作られている、というものはいいね、とてもいい。

そのかわり安くない、しかし、着飾るファッションではないと思うから次から次へと買い換えるものでもないから、しっかりしたものを揃えたほうがいいような気がする。

 

f:id:omakase_factory:20160928083009j:plain

 

f:id:omakase_factory:20160928083019j:plain

座敷すだれの世界は面白いもので、使いたい金具があっても使う場所次第では使えないことがある。

あ~こんな金具で掛けたいなぁ~と思っても、そこに合わないと付けられない。

そのために何種類かを用意しているんだけど、「鴨居」の形で決まる。

普段は誰も意識をしない、たとえ新築戸建てであっても鴨居の種類など気にしないかもしれないし、鴨居の上に欄間があるけど、欄間を何にしようかという部分は話に上がるかもしれない。

 

 

お座敷すだれの長押(なげし)

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/zashikikanagu002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

ペットと暮らす和室で暮らす 濡れたら拭ける業務用い草風カーペット

業務用敷物の魅力 和室の臭い対策に最適

人の家にいくとその家の匂いというものがって、やたらと良い香りのする家もあれば、あれ?と思う家もあるのは誰もが経験していると思う。

毎日暮らしていると感覚も鈍くなって、整理整頓もしなくなることは人の生活ではよくあるわけで、まぁ、なかなか表に見せない部分であれば気にならないかな。

見える範囲を超えて、匂いについてはさらに鈍感になってしまって、気がつくと外にいるのにもかかわらず、なんか変わった匂いがするな、と言われたら要注意です。

 

ペットと一緒に暮らしていると、ペットの臭いというものが染み付く。

管理をしているとかなり和らいで、要は飼い主次第の話なんだけど全く匂いのしない家もあるし、猛烈な臭いを放っている家もあるのは否めない。

 

フローリングであっても臭いは染み付くし、塗装をしている床でも同じ。

ペット禁止にしている施設があるけど、あれは引っ掻くとか汚すとかいうことだけじゃなくて、臭いが染み付くことを避けたいというのも理由にある、これはなかなか落ちづらくて管理者を困らせるひとつの原因。

 

家庭であれば和室だね。

ここが匂ってはいけません。

畳に染み付いた匂いというのは取るのが大変なんだ。

だいたい経験したことがある場合にはよくわかってもらえると思う。

 

f:id:omakase_factory:20160927084640j:plain

今回は和室のペット対策という話で進めてきたけど、多用途で使えるしっかりしたカーペットです。

在宅介護中の家庭でも使える。

 

www.youtube.com

 

 

濡れたら拭けるカーペット 和室に最適

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/moyou-004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

神棚の彩りを増やして艶やかにしてみよう 御簾の房の色変更

お宮・特製吊[壁掛け]箱宮 御簾付きの箱型神棚シリーズ

色が付くってことは好みが出てくるわけで、好き嫌いも当然ながら生まれてくる。

神棚っていうのは多くの場合、地味です、とても地味で仏壇仏具のようにキンキラキンになりにくいから、ワンポイントの洒落っ気を加えたいときには御簾を使う。

その御簾にもいくつかあって、今回は房の色を変えられるシリーズの神棚があるから、あ~こういうのも艶やかでいいね!という場合の参考例です。

 

御簾だから誰にでも目が行く部分ね、さらに内部まで彩りを増やしておきたいときには、真榊を使うといいでしょう。

箱型の神棚で真榊を置く場合には、「小豆」サイズで十分です、一番小さな真榊ね。

金幣芯を置く人もいるよね、光が当たるとメラメラくるものを感じるかもしれないな。

 

この房の交換はどれでもやっているサービスではなくて、おまかせ工房には「お宮・特製吊[壁掛け]箱宮」という区分けをしているガラスケース入りの箱型神棚シリーズのみ。

後から交換するのは大変だと思うから、こういう組み合わせをしたいときには「赤色の房」を選択してください、こちらで作業をしておきます。 

 

f:id:omakase_factory:20160926075749j:plain

 

房のみの販売はしていません。

箱宮用の御簾は販売していますが、房交換はこのシリーズの神棚のみの無料サービスです。

 

www.youtube.com

 

 

お宮・特製吊[壁掛け]箱宮 御簾付きの箱型神棚シリーズ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217918.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。