神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

神棚や祖霊舎では神鏡と金幣芯をペアで使う人たちが増えてきました

せっかくだし国産神具を使おうよ 金幣芯の魅力

そろそろ夏祭りが近いということもあって修祓式に参列して安全の祈願をしてきたんだけど、神社というのはそれぞれ神具の置き方が違う、このような仕事をしていると興味がどうしてもそちらに向いてしまうのは避けられないな。

氏神神社を2箇所巡ってそれぞれの社殿内部で使われている神具の種類、大きさなどが違っていて、ついでに値段が見えきてしまうのは職業病みたなもんかもしれない。

もう取り替えたほうがいいかなぁ~と思うものの多々あって、神社仏閣というのはどうしても寄付に頼る部分が根付いているから、神社であれば氏子が声を出さないとなかなか新しいものに取り替えることができない。

金属、漆などは耐久性があるから滅多矢鱈に交換することはない、白木の代表格である三宝などは日焼けをしやすいでこれは新しいほうが絶対にいい、八足台はしょうがないかな・・・天板の汚れが酷くなってきたらカンナ掛けを大工に依頼すれば少しは復活する。

 

紙でできたものというのがあって、提灯が傷んでいたっけな。

大きな提灯で人の背丈ぐらいある提灯で天井から吊り下げされていたけど、火袋が裂けていたりして、実際に灯明をするものではないけど、あれこそ氏子の声が必要で張替えはさほどかからないからやればいいのに、、、と思ってしまう。

 

壁代が薄汚れてしまうのはしょうがないのか、まぁ、そうそう洗濯をするものではないけど新しい壁代はとても綺麗ね。

壁代っていうのは壁一面に掛けてある白色の布のことで、赤紫の布筋があって、白色の蝶と鳥が描かれているのが基本で、さらに家紋のときもあれば柄はいろいろある。

これは見たことがある人は多いのではないでしょうかね。

 

神前御簾は外に向けているものは房の傷みはこれもしょうがないし、真榊は古くなると五色の色の中でも一番表側にある緑色の色が飛びやすいから次第に薄くなってしまうのもしょうがない。

しょうがないことばかりというのが実情かな。

 

f:id:omakase_factory:20190721061041j:plain

ところで金幣芯なんだけど、祓串の後ろに置いてあるのを見かけた。

祓串というのは簡単に言うと木の棒に紙がたくさんついていて、振って祓いをする道具で参列すると必ず行われるものだから、知っている人はとても多い。

その祓串の後ろ側にそれより大きな金幣芯が置いてあって、こういうスタイルか、と納得していたんだけど、金幣芯の置き方は様々あります。

アレンジしてみてもいいでしょう、だって、決まりがないからさ。

 

神棚で使うなら、単体で扉の前に置く、最前列に大きめものを置く、というのが目立つけど、最近ではプロっぽい祭り方で神鏡と金幣芯を前後に置いてみる人たちが増えてきたように感じる。

これは神鏡の種類が大きさの組み合わせがあるので、商品ページでわかりやすく掲載しているので、そちらを見てくれたほうがいいと思う。

 

金幣芯 きんぺいしん 中型 レターパック便(送料税込)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-kinpeishin-002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

雲水彫神鏡と金幣芯中型の組み合わせ 木彫り雲の無料サービス期間中

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kagamikinpei-set-006.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

尾州桧で作る神棚 五社神殿 屋根違いと箱宮

数ある桧の種類の中でも尾州桧の神棚を使ってみようかと思う

おそらく東濃桧で作った同じ大きさぐらいのものと比較をすると2倍近く価格面で違うと思うけど、尾州桧は良い素材なので神棚の顔がとても綺麗に仕上がります。

素材として専門店や昔から営むところが扱うかな、量販店ではお客さんが求めていないことが多いからこういうクラスの素材は扱わないことが目立つ、置いておいても売れないんだ。

どんな業界でもプロショップというものがあるのは理にかなっている。

 

ところで、一社や三社の神棚はよく見かけると思う、今は小型のものを選ぶ人たちが多いので三社でも小型、中型がよく出るかな。

五社、七社となると場所自体がないということもあるし、事務所でも五社以上になるとなかなか使われない、というか、、、そこまで社に収める神札がないということもあるでしょう。

 

今回は「屋根違い五社」と「箱宮五社」を同時に掲載してみたんだけど、屋根違い五社を棚板で祭る場合には3尺6寸5分以上の棚板が必要になる、365というのは棚板としてよくある寸法で毎日という意味を引っ掛けて縁起を担ぐとも言われているし、験担ぎの一環でもある、ただ、屋根違い五社の場合には3尺6寸5分ではちと窮屈なので4尺以上を使うことが目立つ。

 

それともうひとつの箱宮五社なんだけど、こちらはそのまま置いたり掛けたりするので棚板というものは必要がない・・・と言いそうなんだけど、今、箱宮神殿を棚板の乗せて祭ることも目立ってきたから、次第に「普通だね」という祭り方になることでしょう。

箱型の神棚をネット通販で始めて知ったという人はとても多くて、特に珍しいものでもないはずなんだけど、要するに店に足を運ばなかったから知らなかったというだけじゃないかな。

 

f:id:omakase_factory:20190720060745j:plain

【神具】 弥栄屋根違い神殿五社 神棚

---詳しい紹介---
外寸

高さ57cm 幅100cm 奥30cm

内寸(本社)

高さ39cm 幅16cm 奥10cm

高さ31cm 幅12cm 奥9cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州

youtu.be

 

f:id:omakase_factory:20190720061126j:plain

【神具】 箱宮神殿27号五社 神棚

---詳しい紹介---
外寸

高さ44cm 幅80cm 奥28cm

内寸(本社)

高さ32cm 幅75cm 奥5cm

 
吊り金具をつけると壁掛けにもできます。
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
「吊り金具必要」を選択された場合には、壁に取り付けるためのネジなどを2本ご用意ください。
材料:尾州

youtu.be

 

尾州桧で作る神棚 弥栄シリーズ 屋根違い五社

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00205596217912.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

尾州桧で作る箱宮 箱宮27号五社 幅2尺7寸相当

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00205596217917.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

お盆に間に合う織りたての上敷きござ 7月末までの注文分で対応中

上敷きの製作は8月上旬の注文はお盆後の納品になります

日本には新盆、旧盆とあって何度聞いてもよくわからないという人も実際のところ多くて、8月の旧盆には休みがあるからなんとなく「お盆」だなというイメージがあるけど、新盆休み、旧盆休みとは言わないのでどっちがどっちだかわからないこともあるかもしれない。

きゅうり、なすを用意してみたり、僧侶が家にきたり、お施餓鬼に出かけてみたり、まぁ、直系の家はやることが多くて出費も増えてという具合だと思うな。

そして今回の盆休み休暇も最大9連休になるとも言われているので、2019年はGWの10連休で暇をも余してしまった人は、心してかからないと同じことの繰り返しになってしまいそうだ。

 

おまかせ工房では職人には全て休みを取らせます、職人というのはそういうもんなので、季節感のある節目をつけないとなんだか上手く回らない。

ということで作業場にも人がいなくなる関係で、お盆までに上敷きござの納品ができるのは7月末までの注文で対応しています。

 

どうしても新盆前、旧盆前に仕上げてくれという内容が増えますが、できるものは引き受けるけど出来ないことは引き受けませんので、直前すぎる注文ですぐにやれと言われても困ってしまいます。

相当急いでいる場合や明日あさって必要になるなんてときにはホームセンターで購入してみたらどうでしょうか、まだ在庫を積んで置いてあると思いますが、お盆を過ぎると店内模様替えで秋から冬にかけての敷物に入れ替わります。

古いものになるんだろうけど慌てているのだから贅沢も言ってはいられない。

 

f:id:omakase_factory:20190719060256j:plain

f:id:omakase_factory:20190719060330j:plain

 

今回、和室のサイズを掲載してみた。

江戸間、五八間、本間の3サイズが日本家屋では多いんだけど、4畳というものはありません。

それと江戸間と五八間は8畳と10畳は同じ大きさです。

10畳を超える上敷きも作れますが、それは規格寸法ではなくてサイズオーダーになります、15畳ぐらいの大きさまでなら作れます。

もっともっと大きなものは経糸と重量の関係で作りません、15畳相当までかな。

ということで、お盆に人が来たり、季節の変わり目で模様替えをする家などがあるので、お盆前に納品できるのでは今月末までの注文というお知らせです。

 

 

い草上敷き ランク8 江戸間・五八間 八畳サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-023.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。