神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

八脚案(八足台)の脚固定式はココが緩んだら修理不可能

八脚案は組立式で作ることが増えてきました

固定式と組立式・・・この2つの作り方がある八足台は使い方、使う場所で脚の組み方を考えないといけないとてもデリケートな置台だと思う、、、ということで今回は「固定式」に絞った説明を簡単にしてみたい。

 

固定式と言っても差込式ということなんだけど、下記の画像が固定式の一例で、作っている事業所ごと若干の違いこそあれ、仕組みとしては同じ原理なのでわかりやすいかと思う。

まず、裏面にあたる部分から差込ます、画像でいうなら上側が正面といいうことかな。

差込口が見えてしまうほうを正面にするわけがない。

これも作る事業所によっては前も後ろもないように・・・ということで差込口を一直線で作ってしまうところもある、これは安いものに多いかもしれない、そのほうが手間がかからないからね。

 

固定式というものは見てわかるように天板の裏、そして、脚の組み部分を合体させて、グイグイグイと差し込んで固定をするわけだ。

木と木が擦れますよね? そして差し込みの高さ分で固定をしている。

何度も何度も差し込みをすると擦れて緩くなる。

八足台というものは左右からの力に大変弱い置台。

構造というか力学というか、こういうものは見ればわかるはず。

 

だから、置き場所、使い方が限定されてしまう。

一度置いたら触らない・・・拝殿などなら玉串を置くなど触らない。

一度組み立てたら再度分解しない・・・しまったりしない。

こういう場所なら固定式で作ってもいいでしょう。

 

f:id:omakase_factory:20200711064850j:plain

 

っで、この組み部分の修理はできません、やったとしても現状の大きさは維持できないかもしれないし、予算的にも新しく作ったほうが安上がりになるかもしれない。

要の部分ということかな。

 

扱い方を知らないで固定式を選んでしまうと後々失敗をします。

知っていれば問題なし。

 

家庭で使う場合には掃除などで移動をすることもあるだろうし、横からの力に弱いから畳で引っ掛けたり、襖の敷居に引っ掛けたりして、パキッと音が聞こえたらそれはもう緩みますよ、酷い場合には要部分が折れる。

 

今は組立式を多く作ります。

こちらのほうが扱いやすく強度がある。

 

 

一枚板の北米産桧(スプルース)製 二段組立式八脚案

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-hassoku-2-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

ゴザの角落としをするならサイズオーダーのとき依頼してください

角の場所と寸法は必ず絵を渡す 図にかいて写真添付でもいい

い草上敷きで柱の部分を切り落としたい場合、FAXがあればとても楽なんだけどFAXを使わないようになったらしいね、固定電話のない家もじわじわ増えてきたそうだし、というか未だにFAXを使っている国は日本がダントツという話を聞いたけどどうなんだろうか。

FAXがなくても絵に書いて写真を取ってメールをしてくれればOK。

ともかく、口だけ、文字だけでこれを正確に伝えるのは意外と難しいし間違えるので、「角落とし」はサイズオーダーのとき同時にやってしまうので依頼をしてください。

 

というのも、サイズオーダーの上敷き注文で補修用ヘリテープを一緒に買った人がいたからなんだけど、サイズオーダーで作れば補修用ヘリテープは不要となる。

どうしてかな? と思って連絡をしたら、角を切りたい、とのこと。

これならサイズオーダーのときにできる旨を伝えて完了したわけだけどさ。

 

あ、それとサイズオーダーではない規格寸法の上敷きの場合でも角落としはできるけど、料金はサイズオーダーの上敷きになります。

と言ってもほぼサイズオーダーで作る人たちなので、この説明はいらないかもしれない。

 

f:id:omakase_factory:20200710064102j:plain

 

「横x縦」と「幅x長さ」・・・これ・・・似ているようで全然違う。

サイズオーダーで作る場合には「幅x長さ」でお願いします。

そして「角落とし」がある場合には上記の図のように位置と寸法を記載してあるものを渡してください。

手書きでいいです、わかればいいだけの話です。

 

どうして「幅x長さ」が都合がいいのかと言うと、上敷きというものは「幅<長さ」の関係になっているからなんだ。

正方形もあるけど「幅=長さ」になるだけ。

 

上記の図なら「幅250cm x長さ340cm」ということで、これなら間違いない。

部屋をどちらから見たのか? これで「横x縦」は90度変わってしまう。

「逆縁仕様」の上敷きというものになってしまうこともあるから、かならず「幅x長さ」である必要があるわけだ。

 

 

サイズオーダーの上敷き 江戸間六畳相当 ランク6

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-order-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

「ぼんぼり」というライト 雪洞 神道の家庭や寺院で使います

家で使うときには祖霊舎など祭壇のある家庭が多い

今、時期的に雪洞を探している人もいるかと思う、これがないと始まらないと言われる「雪洞」は仏教で言うなら提灯みたいなもんかな。

ただ、お盆のときにプラスティック製の提灯など、ともかく年に一回しか出番がないということで、安物を用意してしまうことが多くなってきたと仏壇屋が言っていたけど、神道の場合にはそこまで安いものはなくて、プラスティック製の雪洞もあるような話を聞いたことがあるけど、それ、、、やめときな、、、っていう製品だと思う。

 

祖霊舎神道祭壇、神徒壇、御霊舎などがあるなら神道なんだろうけど、それとは別に神棚を八足台を使って祭っている祭壇形式の家庭の場合も雪洞を使う。

八足台(八脚案)は立派なものだから、それに合わせた神具もまともなものを用意するのは当たり前だと考えるので、このような雪洞を用意して祭壇の手前、もしくは八脚案の上に置いたりする。

曲がり間違ってもプラスティック製の雪洞は使いません。

 

雪洞は高さで選ぶ。

一応、細かい数字も掲載はしているけど、高さだけでいい商品。

例えば、高さ60cmぐらいの雪洞・・・となれば2尺の雪洞を選ぶだけの話です。

 

f:id:omakase_factory:20200709072612j:plain

 

寺院でも使うのでそのときには一組ではなく数組を並べておくこともあるけど、業務で使う場合には使う側も詳しいので細かい説明はいらない。

 

雪洞って提灯と違って一年中出しておいてもいいものなのね。

だから、祭壇の前に置いておくことが多い。

提灯は年に一回が多いかな、お盆の期間中だけ出して、お坊さんが檀家巡りできたときには用意されているようにしておくとか、まぁ、そんな感じだと思う。

終わればしまう、、、それが仏教の提灯。

圧倒的に仏教の提灯のほうが売れるので、仏壇屋はシーズンがくると提灯だらけになっていることもあるよね、ピンキリの世界です。

 

これは神道用品なので仏壇屋でも取り寄せになっていることが多いかもしれないけど、神道の家では一組用意しておいてもいいものだと思う。

灯篭とは違いますよ、ただ、これも御霊舎など小さな祭壇の場合には木製灯篭で済ますこともある、ともかく雪洞は祭壇で使うものってことです。

 

 

日本製 雪洞 ぼんぼり 高さ2尺 十文字台

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bonbori003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。