神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

神棚ではよく使われる横長の三宝 奥行きがないとき便利

大角でもなく三宝でもなく八足台でもない それが長三宝

三宝というのは様々な置台をミックスしたような形をしていて、とは言うもののそんなことはどうでもいいかもしれないな、 形としては大角と三宝を足して豆八足台に似せたような形をしている。

大角と雲脚台はあまり見かけるものではないので、どんな形をしたものかな?と思う人もいることでしょう、この2つは儀式向けというか家庭ではほとんど必要がない。

 

高さと奥行き。

この2つが決め手になって形を選ぶことになるんだろう。

三宝は神棚の手前におくとき頻繁に使われるのね、横長だから奥行きがそれほど必要としない、神棚の手前は狭いことが多いから。

神道で使う八足台のような本格的なものを持っている場合には三宝のほうを使う、これは奥行きをしっかり確保できるから。

っで、高さも長三宝はそれほど必要としていないわけ、だから、平べったい。

 

三宝では高すぎる場合には遠山三宝を使うと高さ半分になります。

だから、高さと奥行きが関係してきて、置き場所次第かな。

 

f:id:omakase_factory:20180921071540j:plain

横長だと神具並べやすいという利点もあるだけじゃない、やはり、棚板の汚れ防止対策も兼ねているわけだ。

水物神具は水滴が落ちる、そのため黒い円形の水垢が残りやすい。

棚板には費用を掛けている人も多いからね、綺麗に使ってきたいのさ。

 

今のシーズンだと短時間だけ「サンマ」をお供えする人もいる。

生サンマだとちょっと困ることも多いけど、焼きサンマであればお供え物としてOK。

横長の三宝はこんなときでも使えるわけ、アルミホイルなどを敷いてね。

旬のものを一品ぐらいでいいからお供えするとメリハリができるんじゃないかな、季節感というか節目感というか。

 

三宝とも長膳とも言われる置台 上品

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3037.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

鎧兜にだって付く時代 金幣芯の魅力は男ならではかもしれない

やっぱり近くに置いておきたい 金幣芯 きんぺいしん

以前、彦根城に行ったとき博物館で展示していた井伊家の鎧ですが、何パターンがあるようなんだけど兜に金幣芯の付いたものが展示していたのでおもわず写真を撮ってみた。

兜はいろいろ武将の人たちの身だしなみようで、凝ったものなどあるから特徴的で当時の工夫も垣間見れたして実に興味深い部分。

ショーケースの中に入っていたから金幣部分の硬さ具合などはわからないけど、それほど硬い素材ではないような気もしている、馬にこのまま乗ったら金幣が揺れて落ちてしまうのではないだろうか。

しかし、これが当時のものであれば金幣芯を支えている銀色の金具はきっと金具職人がコツコツ作ったものなんだろう、黒色の芯は・・・黒檀だったらカッコイイな。

 

金幣芯ってなんなの?

ということは過去にいろいろな角度から書いているから省略する。

神道ではよく見る特に珍しいものではないんだけどさ、神棚に置くことが多いと思うから、何かの機会に深く知ったら金幣芯を置いてみるといいでしょう。

 

f:id:omakase_factory:20180920064742j:plain

 

さらに変わったところでは静岡県三島市にある三嶋大社の御神馬。

馬の上に金幣芯があるんだ。

もうね、どんな意味があるんだろうか?と考え込んでしまうかもしれないな。

というより馬の方に目が行くのが普通でその上の金色のヒラヒラには目が向かないと思う、ただね、このヒラヒラのものはあちらこちらで見るから気にしておくと神社の神殿内部を覗いたときには面白くなるよ。

 

f:id:omakase_factory:20180920070224j:plain

 

実はまだまだ面白い場所、変わった場所で金幣芯は使われていて、マジか? ここで出てくるか? と疑いたくなるような場所で見かけることがある。

御幣か金幣芯かみたいなこともある。

結構深みのある神具かもしれないな。

 

同じ神具なら日本製を使おう 金幣芯

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-kinpeishin-002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

陽射しがどの場面で見えるのか? 神鏡の魅力と選び方のコツ

日の出、日の入りなら神鏡は日の出 昇るパワーをいただこう

真夏の太陽は見るだけで目が痛くなって、西日にいたっては腹が立ってしまうこともあるだろうけど、秋になると心地よくなるから不思議なもんだ。

神棚に神鏡を置いてある人たちも多くて、いろいろな意味を込めていくから地域によっては様々な解釈があるけど、一応、太陽です、そのため台座などは物語の一部と考えてもいいと思う。

 

たとえばね、今回の上彫神鏡、、、台座をじっくり見ていると・・・見えたかな?

丸い鏡の下あたりのギザギザは模様じゃないくて葉、草、植物・・・どう?

木漏れ日の中から太陽がグングン昇るように見えるようになると面白くなるはず。

街中だとちょっとこういう光景には出会えない、公園とか山とかがないとこのイメージはわいてこないかもしれない。

 

自然の光景を形にしたものが台座だからさ。

実にわかりやすいと思うな。

 

f:id:omakase_factory:20180919063857j:plain

住んでいる場所や地域によって太陽の出る場所が違うのは当然なんだけど、どこから昇ってくるのかもそれぞれ違う。

海沿いに住んでいるから海から昇ってくるわけじゃない、日本では東側から昇り西側へ沈んでいくから太平洋と日本海でも見え方が違う。

山から昇ってくるように見える場所もあるし、雲の切れ間から昇ってくるように見える地域もある、参考までに言うと、うちの場合には太陽が昇る位置に山があるから山から昇ってくるように見える。

 

ご自身の住んでいる場所から見える太陽の昇るイメージに近い神鏡があると思うから、そういうものを選んでみるのも選び方のひとつです。

 

木漏れ日のイメージが近い 上彫神鏡シリーズ 上品

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3299.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。