神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

キャンプ、海水浴で使える防水ダンボール箱を作ってみよう

防水ダンボール箱を即席で作れる梱包用透明ラップ

おまかせ工房から出荷されている神棚などの箱は、この透明ラップを使って全部を覆っていることがあるので、届いた荷物が濡れているということはないはず。

小さな箱ならそういうことまでは必要ないと思う、両手で抱えるぐらいの大きさからかな、30x30x30ぐらいの大きさから防水化をして出荷をしていることが多い。

 

誰もが知っていると思うけど、ダンボールというものは濡れるととても弱い。

濡れている場所でも使えない。

そのためこちらは晴天でも相手側が雨だとちと困ることがあるわけだ。

宅配トラックの荷台の上は雨の日に濡れていることが多いはず。

そんなことを気にしながら出荷をしています。

 

というこちらの話ではなく、、、防水段ボール箱を作ってみようか、、、という話。

プラスティック製の折りたたみ箱でもいいんだろうけど、空き箱使ってそれが同じような役目を果たせるなら、ほぼタダ同然で同じ用途のものが手に入れられる。

そもそも継続的に使うわけでもなく、ゴミ箱が欲しい・・・といおう場合には最適なのではないだろうか。

 

キャンプ場、海水浴場、バーベキュー会場など、ダンボール箱にごみ袋を差し込むだけでいいときと、外装まで防水しておくほうがいいときもある。

芝生が濡れているとかね、そういうときこそ完全防水のダンボール箱は最高のゴミ箱になるわけだ。

 

f:id:omakase_factory:20200804064525j:plain

透明ラップを使って防水ダンボールにするのは簡単。

箱にしてから全体を巻きつける。

三回ぐらい巻きつけておけばいいかと思う。

上に切り込みを入れればOK。

箱の上を全部切り取ってもいいだろうし、円形に切り取っておくのもいいだろう。

仕上げに切り口をガムテープでもいいので止めておくと補強ができる。

あとはゴミ袋でも入れておけば、、、完成という至って簡単でその場でできてしまうのでやってみるこだね。

 

楽しい会場なんだけどともかくマナーが悪い連中の姿をみると周囲が幻滅してしまうし、そこを毎日清掃管理している人も同じ。

気持ちが大きくなって細かいことが面倒になる場所だけど、こんな箱をひとつ置いておくだけで、大人のマナーが守れたら安いもんだぜ。

 

 

防水ダンボール箱を即席で作れる梱包用透明ラップ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/packing014.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

足元の神様に貢物を贈る 土地信仰 鎮物という地鎮祭ではお馴染みのもの

怪しいものではありませんが人生に一回登場できれば大成功かな

どんな役者でも役がなければ出番がないわけでして、機会というものは棚からぼた餅というわけにもいかないので、あちらこちらに働きかけてという話になる。

聞いた話によると大役を任されるのを嫌う人もいるみたいね、その役が染み付いてしまうと何を演じてもその仮の人物にしか見えなくなってしまうということらしい。

下積みの長い人なら喉から手が出る話だけどな、人生、立場によって見方も見え方も違うという部分だ。

 

ところで、人生一度の晴れ舞台・・・って経験をしたことがあるだろうか?

ハレとケで日本の文化はできているということらしいので、そのハレのほう。

年代によっても性別によってもこのハレの日がいろいろある。

家を建てる、、、これもハレのひとつだろう。

 

人生で人は何回家を建てることができるのか? という結果データがあるそうだ。

これがかなり細かく分析されている。

結論としては、ハレ中のハレってぐらいの少なさ。

住宅などは大舞台なんだけど、今では建てられたものを買ってしまう傾向が強いから、その舞台の大きさに気づかないこともあるかもしれない。

 

f:id:omakase_factory:20200803070013j:plain

 

土地信仰の一環だと思うから、地鎮祭もしないということもあるようなんだけど、土地信仰は日本では根強いもので、気にしない、信じちゃいないという場合でも、何かしら気になるということはある、おそらく気づいていないだけで「土地」というものに、別段の想いがあるはず。

 

自分が居る足元の話ってわけなんだけど、「信仰」なんていう言葉があるから毛嫌いする人たちもいるのかな、でもね「土地信仰」はひとつのワードだからそれでいきましょうか。

 

普通は埋めておく。

土地の神様への貢物。

後からでも空いている場所へ埋めておけばいいだけだから、やっておこうか。

鎮物が埋まって上に土がしっかり乗る程度の穴をあけるだけ、30cmも掘ればいいだろう。

埋めるときにはそのまま埋める、桐箱のまま、本体のまま埋める。

桐箱版を使う場合には紙を入れる程度で、プラスティックなどは入れないこと。

埋めたらもう見ることはないので、そのまま朽ちていくのを待っていればいい、最後に鎮物の七種が残れば完成です。

古墳から七種が出土しているそうだから、鎮物の歴史は、、、人の人生よりはるか大昔からやっている行為ということ。

もう、こんなことを考えていても始まらないので、とりあえずやっておく、ってことでいいんじゃないだろうか。

 

 

www.youtube.com

 

 

簡易版の鎮物

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004s.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

桐箱版の鎮物

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

破魔矢を置いてみるのもいいだろう 掛けてみるのもいいだろう

破魔矢の機能美を引き出してキマる飾り方は必ずある

見た目っていうものは意識をしないと良くならないもんだというのは重々承知なんだけど、着飾る見た目ばかり気を取られてしまいがちだよね、でも、住まいの中の見た目を考えると出歩きも楽しくなってくるかと思う。

飲食店巡りは手っ取り早いんだろうけど、インテリア店巡り、家具店巡りなどになると嗜好性と指向性が相まって、趣味としても面白くなるのではないでしょうか。

 

とは言え、街にでかけても店が無くなってしまって、、、というのが地方都市ではよくあることで、ロードサイドの大型店舗は全国どこへ行っても同じ店になっているので、ガツンとくる癖のある店は知る人ぞ知るって感じの個人店しか残ってないかも。

ありきたりの物には興味がないという人を知っているとそういう類の店はいっぱい知っているはず。

 

何かを変えたいと思っても、それを引き立ててくれるグッズのような、置台のようなものを探すのはとても大変なわけです。

商売をしていてショーケースひとつ、棚ひとつ探したいと思っても、自分たちの希望するものがなかなか見つけられないと感じた人ならよくわかるかと思う。

まして神具になると・・・普段の話題にも上がらない。。。。よね。

 

f:id:omakase_factory:20200802063034j:plain

 

破魔矢の入手はいつでもできるけど年始に多いので、今回はすでに破魔矢を持っている場合に、このような置き方、飾り方ができますという紹介です。

 

破魔矢の置き場所として、神棚の前である必要はないので部屋の至る所どこでもいい。

玄関から始まり廊下、リビング、子供部屋などどこでもいい。

ただ、神棚の手前周辺になると空き場所が大きく関係してくるので、コンパクトに作り、素材も桧を使い、周囲の雰囲気に合うように・・・と条件が多い。

おまかせ工房の破魔矢シリーズは、破魔矢大好きのスタッフがこういうものが欲しい、と半ば愛好家が自作しているようなものになるので、バッチリはまります。

 

単に作りましたなんていうつまらないものじゃない。

みんな破魔矢が大好きだから、そういう好き者が作り出したこだりたい商品ということになります。

破魔矢を置く、差す、掛ける、立てかけるが可能。

あとはその場その場の雰囲気や飾り方に合わせて選ぶだけ。

 

www.youtube.com

 

 

神前破魔矢置き 桧製

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hamayaoki001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。