神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

和室の鴨居に掛けるための専用金具 押掛長押

馴染みがないと名称も使い方もわからない特殊な金具

まず近年の住宅では和室というものがない家も増えてきて、鴨居ってなんですか? ということも言われることがあるんだけど、洋間だと上枠はあっても鴨居はないわけで、マンションだと全室洋間ということもあるから、その存在を知らない人たちも増えてきたのは否めないよね。

鴨居の上に装飾を施すことがあって、要するに欄間と言われる部分ね、そんな部分に彫刻をするような家は大家です、デカイ家の旧家に見られることがある、その欄間の下が鴨居というわけだ、、、って鴨居を説明するのに欄間を出すのも変だな。

 

その鴨居なんだけどじっくり見たことのある人もこれまた少なくて、下から見上げる人はいても上から覗きこむ人はめっきり少ない、そりゃそうだ、そんなことしてどうするの? という具合だ。

 

普通の鴨居には上から見えると溝がある。

この溝は大事な部分ね、板を貼り付けてあるだけじゃないからさ、もし溝がないときには何か忘れているんだと思う、それか高さ30cmぐらいのお寺の本堂にあるような大きな鴨居かもしれない。

家庭向けの鴨居にはほぼあるはず。

 

そこに引っ掛ける長押がコレ・・・・っていう説明です。

初見の場合にはこの金具がなんだかわからないと思うな。

f:id:omakase_factory:20180815060934j:plain

 

上部の小穴が空いているのはこの状態で使うこともあるから、そのための釘穴。

ただ、ほとんどの場合には折り曲げて使う、下の画像でいうと赤色が金具に相当しているわけだ、こうやって使う。

 

f:id:omakase_factory:20180815060942j:plain

折り曲げると言っても一発で位置を決めて折り曲げるのがコツ。

こういう平べったい金具はクネクネと曲げたり戻したりしていると折れてしまう。

折り曲げて引っ掛けて使う、クギで留めて使う、のどちらか。

この両方ができないときには適当な長さに切ってその場に合った使い方をする。

 

 

和室の鴨居に掛けるための専用金具 押掛長押

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/zashikikanagu003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

寄せ付けないという考え方 金幣芯を使おう 日本製版

戦い方 跳ね除け方 避け方 向かい方にもいろいろある

経験不足の人の物事の考え方よりあれやって失敗、これやって失敗、その中から成功がちらほらあるっていう人の話の方が面白い経験はないだろうか。

失敗経験がなくてもいい、なにも苦労をしなくてもいい、でも何かいろいろなことをやってきた人の話は展開が広がって面白いことがあるはず、今の時代は殺し合いの戦いなんてそうあるわけではないけど違う意味での戦いは生活をしていると山程ある。

金幣芯っていうのは目に見えないものを寄せ付けない効力を生む・・・らしい。

気持ちの持ちようを変えてくれるのかな。

 

見えないものが見えてくる、、、、、君 最近どうかしてしまったのでは?

まぁ、あるさ、そういうときもあるだろう、しかし、幻覚・幻視の話ではない、これならすることは治療です。

 

不思議と嫌なことが重なる経験はないかな。

何をやっても裏目、全く上手くいかない、行くとこ行くとこ怪我をするとかね、物事の本質や原因は他にあるんだろうけど、何か変なことばかり起こる。

うまく歯車が回っていない状態。

そうならないようにしておく準備をしろと言われるかもしれないな、つまり、負を寄せ付けないで行けってこと、邪気なんていうかもしれない、ただ、目に見えない。

 

f:id:omakase_factory:20180814065239j:plain

殺し合いの戦をしていた時代には武将の必需品という側面もあるし、神社にいけば当たり前のように金幣芯を見かけるだろうし、何も戦って勝利を掴むだけが良いわけではない、というかむしろダメ、双方にダメージがある。

 

引き寄せる力が欲しい場面もあるだろう、引きが強いヤツっていうのは必ずいる。

これはその逆、寄せ付けない力。

災難は避けて通ることができればそれに越したことはないだろう、災難に合ってどうするかという知識や見識、実行力も必要だけど、その一歩手前で防ぐことができれば良くない?

 

日本製の金幣芯を使おう 中型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana5002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

自分の場所をガッチリ確保できる半畳のゴザ 一畳のゴザの製作

一畳や半畳はほとんどが業務用ですが個人でも実用的なサイズです

業務用使用として作る機会のある一畳敷き・半畳敷きは家庭の中では見かけないと思うんだけど、主にお寺と会席のある飲食店向けかな。

ここで言う一畳敷きっていうのは寝ござではないからさ、寝ござは寝ござとして作ったものじゃないと心地良くないと思う、い草も違うし織り方だって違う。

半畳敷きの方が需要としてはあって、お寺で使うなら座禅のとき、それから檀家さんがきたときの法事のときに使うことがある、また、お盆法要などで自宅にきたとき座布団の下に半畳敷きを敷いておくこともあるよね。

 

おまかせ工房では一畳敷き、半畳敷きは作る上で最低枚数というものがあって、6枚以上からじゃないと作れないから一枚だけって場合には作れません、しかし、四畳半以上の上敷きと一緒に注文をしてくれたら一枚でも作ります。

こういっちゃなんだけど、半畳一枚だけ作っても仕事にならなくて、いや、むしろ手間の方がはるかに大きくて全く作れないわけです。

一畳あたりの金額は変わらないからさ、それと半畳サイズは一畳サイズと同額です。

 

会席の場では座椅子の下に敷いておくわけね、畳が傷まない。

半畳と言っても本間サイズの半畳もあれば、江戸間サイズの半畳もある、この大きさの違いはかなり違う。

会席の場合には江戸間がほとんどです、人が座って肩と肩が触らない程度、もう少し言い方を変えると、上下(かみしも)の肩が当たらない間隔になる。

っていうけど、今どき「かみしも」なんか着るのはまずいない、神社の氏子総代のときには着るかな。

半畳敷きを敷くと、、、、個人個人のスペースはしっかり確保されます。

 

f:id:omakase_factory:20180813061102j:plain

会席の場ってどういう場所? と思う人もいるかもしれないな、座卓が何台も並んで対面式に整列しているところ、よく料亭とか言うところのこと。

20人ぐらいは余裕で会合できる、そして食事もする、40人ぐらいでも大丈夫なところはいっぱいあるよね。

そういう席では半畳敷きを使うことが多い、別の方法としては長尺の上敷きを作って一気に敷いてしまうやり方、この場合には8メートル、12メートルとか細長い上敷きを作りますが、各人のスペース確保を念頭にしたときには半畳スタイルのほうが向いています。

 

一畳敷きの上敷きござ 半畳敷きの上敷きござ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。