神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

特売品の上敷きがあります ※縁一種類のみ ※江戸間・本間のみ

特売品であって激安品ではありません ※補修用縁も別途用意済み

旅館向けで作っているい草上敷きがあります、ただし、他の上敷きと違ってサイズオーダーはできません、縁の変更はできません、サイズは江戸間と本間のみです。

とうことで、現代住宅では和室が小さく作られてしまう傾向が強いはずなので、一昔前の戸建て住宅なら日本家屋の間取りで作っていることも多いかと思います。
その場合はサイズオーダーで創ることも補修用ヘリテープを使うこともなく利用できるかと思います。

 

まず部屋の寸法を測らずに、い草上敷きを量販店やホームセンターで買ってきて、敷いてみると大きくて店に文句を言っても何の解決にもなりません。

それは自身の部屋が狭いのです、これは昔からある日本家屋の間取りを考えずに和室を作ったのだからしょうがない。

 

もし、間取りが江戸間、本間であれば特売品の上敷きというものがあります。

どこが特売なのかというと、品質をワンランク上げて価格はワンランク下のもの。

旅館や民宿などで使うために作っているラインのものです。

 

特売品のい草上敷き 縁変更不可 サイズオーダー不可 間取り固定

特売品のい草上敷き 縁変更不可 サイズオーダー不可 間取り固定

 

ちょいと確認をしてみてくださいってことで、下に日本家屋の間取りを紹介しておきますが、呼び名がいろいろあって、中京間、京間などもあるけど同じです。

団地間は参考程度で一回り狭い作りになっていて、これは全国どこでも団地は狭くなっています。

ところが、現代住宅では平米数や畳の数で間取りを決めてしまうので、この日本家屋の間取り通りに作られることが少なくなってきたわけだ。

 

店で売られている既製品の上敷きは、日本家屋の間取りで作ったものを販売しているので、サイズが大きすぎることが続出しています。

一応、専用品の補修用ヘリテープを使えばサイズ変更ができるけど・・・。

 

日本家屋の間取り 昔から寸法が決まっている

日本家屋の間取り 昔から寸法が決まっている ※団地間は参考程度です

 

 

www.youtube.com

 

 

特売品のい草上敷き 江戸間6畳仕様

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-s-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

い草上敷きのサイズ変更ができる補修用ヘリテープNo.5

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。