神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

神棚で使う神鏡には何種類がある 選び方は好きなものを使えばいい

神道では雲形神鏡を使います 祖霊舎、御霊舎などではお馴染みの神鏡

神鏡には何種類かあって、サイズもあるせいか、どれを選ぶものなのか決めかねていることもあるだろう、選び方のコツは・・・好きなものを選ぶ。

って書いておくと、無難なつまらない内容になってしまうので、バランスを重視して、あとは季節の代わり目などでころころ取り替えることもあることは知っておこうか。

一度置いたらずぅ~とでもいいんだけどね、節目のときには取り替える人たちもいるので、気分転換ですよ、深い意味はありません。

 

それとなく置き場所を変えてみると雰囲気が変わる。

扉の前にあったものを階段の前にするだけでも変わるし、そのときにはワンサイズ大きくしてたり、ツーサイズアップしてみると大きく変わるな。

 

手前に置くなら大きめがいいだろうし、中央一台だけでもいいけど左右にも置きたいなら左右は小さめにしてみるとか、神鏡の置き方はいろいろあるんだ。

そして、その神鏡と他の神具を組み合わせていく。

金幣芯もいいだろう、御幣でもいい、祓串だって組み合わせの候補になる。

ともかく神具の祭り方は結構面白いぞ。

 

 

今回は雲形神鏡を紹介しているわけなんだけど、この神鏡は神道ではお馴染みと言ってもいいぐらいの神鏡なんです。

台座には物語があるので、この場合には全部入り。

自然の描写の全部入りみたいな神鏡でして、祖霊舎や御霊舎などではよく使われるものなんです。

 

神棚においてもいいんだけど、神鏡の値段とにらめっこかな、安い神棚だと神具とのバランスも考えないといかないかもしれない。

神棚より神鏡のほうが高い、、、こういう祭り方をしている人はいないかと思うので、そこら辺の価格帯については個人個人で考えてみてください。

 

★神鏡の素材について
型、大きさ問わず、神鏡の台座は桧製です。
鏡は1.5寸、2寸、2.5寸はニッケル素材です。
3寸以上はクローム素材になります。

 

www.youtube.com

 

 

 

雲形神鏡2寸 国産神具を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3238.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。