神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

上敷きが大きいのではなく部屋が狭いだけ サイズ変更なら補修用ヘリテープ

今どきの和室は日本家屋の間取りでは作られていないことがある

滅茶苦茶な間取り寸法で作られている和室は困るんですよね、昔々は家具も間取りに合わせて作られていたそうだけど、家具に関してはいつからか地域の差がなくなったらしいけど。

どういうことかと言うと、畳の大きさで家具が決まる。

キッチリと幅が合うと素晴らしいわけ、家具の幅と畳の幅が合う。

そんな和室見たことないよって人のほうが多いはずなんだけど、今それをしようとすると家具は注文家具になるね。

ヘリの上に乗らないように並べると素晴らしいね。

 

上敷きっていうのはヘリが付きます。

例外的に「耳組」なんて言い方があるんだけど、縁無のござ、というものある。

花ござの系統になるんだろう、民芸花ござ、なんて言い方もする。

 

花ござっていうのは上敷きであって上敷きではない、では一体何なのか?

価格的には上敷きの倍ぐらいするのは至って普通なんだね、花ござは花ござに適した田んぼで作るイグサを使うので高級品になっている。

もう上敷きで使うイグサではないんだ、花ござで使うイグサで上敷きは作れない。

 

f:id:omakase_factory:20140807213148j:plain

 

っで、花ござのサイズオーダーはほぼ不可能なわけです、花ござっていうのっは柄を織り込んでいるから、切るわけにはいかないのは想像した通り。

 

上敷きっていうのは無地だから、大きければ切っても違和感がない。

だから、家具を乗せてヘリを隠してしまうのであれば、家具の手前で切り落としておくほうが綺麗な敷き込み方になるんだけど、知っている人は知っている、わかっている人には見えている、というような認識としては万人向けではないかも。

 

f:id:omakase_factory:20210716055749j:plain

 

今回は家具などを置くなら、その部分のゴザは切ったほうがいいよという話なんだけど、補修用ヘリテープを使うとサイズ変更ができるということなんです。

おまかせ工房のござのヘリを使った専用品だけど、当店で作っている上敷き以外のヘリはありませんから、ヘリの柄などの問い合わせをされても手持ち以外はありません。

 

新しく動画を作りました。

2分37秒の短い動画なんだけど、何本かに分かれていた補修用ヘリテープの使い方の要点を一本の動画にまとめたような内容です。

 

www.youtube.com

 

 

補修用ヘリテープ No.5

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。