神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

別荘や山小屋など頻繁に行かない場所なら「自由に切れる上敷き」が良い

その場でサイズや形を決められて、縦・横そして「斜め」に切れるゴザ

伊豆半島全体には別荘と言われるような家が多くて、冬でもさほど寒くなく、雪もほぼ降らないこともあって定住している人も多く、伊豆半島の東側、西側、そして中伊豆と言われるところ、すなわちもうそれは全域かな、沼津から熱海を結んでそれより下の部分、下田まで全部に別荘地がある。

週末になると来るようなので、関東あたりからくるならちょうどいい場所なのかもしれないな。

帰りに地元のスーパーマーケットに立ち寄って、鮮魚などを買って帰るなんて話を聞くね、行楽地で買うよりずっと安いからな、ただ、全国規模のスーパーマーケットではなくて地域密着型がおすすめです。

 

ところで、そういう別荘は毎週末なんか始めのうちだけで、次第に月イチになって・・・と頻度が落ちてくるのは否めない、おそらく誰でもそうなるのかもしれない。

問題は行き来が面倒になってしまう。

これが家をダメにしてしまう原因なんだけど、家主が消えた家は不思議とボロボロになっていくので、家にも手をかけないとね、まして別宅になれば尚の事だ。

 

和室は手をかければ素晴らしい状態で維持ができる反面、手をかけないと一気に荒れてしまうので、畳が古い状態のままなら「い草上敷き」を敷いておくこと。

新しいゴザを一枚敷いておくだけで、留守中でも空気の浄化をしています。

何年も使ったような黄色くなったイグサはしません、青い状態のときだけです。

 

f:id:omakase_factory:20210405070523j:plain

頻繁に行かない場所で使うなら、先に既製品を用意して持ち込んで敷くことになることが多いはず、しかし、形やサイズが全く合わない。

そのときには「補修用ヘリテープと上敷鋲」でなんとかするしかない。

 

もうひとつの方法・・・こちらがおすすめなんだけど「自由に切れる上敷き」を使うという方法もある。

これはその場で切って寸法を合わせる特殊な上敷き。

ただ、その別荘の部屋は江戸間、本間の何畳かを知っておかないと選べないかもしれない。

ざっくり言うなら富士山より東側で本間の部屋はまずありません、本間は西日本の京都周辺の府県に多いかな。

 

f:id:omakase_factory:20210405070630j:plain

 

 

自由に切れる上敷き 江戸間八畳 ランク7

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-006a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

自由に切れる上敷きをカットしたらこのヘリを使う NO.1

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

上敷鋲は加工箇所が多いときには追加しておくものいいかもしれない

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-pin.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。