神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

神札の前に御幣を置きたいけど狭いからまとめて置きたいとき

御剣型御幣付きの御霊を神札立てにして使えます

霊璽と言ってもピンとこないかもしれない、御霊と言うほうがわかりやすいかもしれないが、これもピンとこないかもしれない、そのような場合には「これがなんだかわからない」ので使い方に限りがない、自由な発想で使いたいように使えばいいだけの話。

御札立てのようなものがあれこれ作られていて、前後に鳥居があったり、一枚の木の板があったりして、どれもこれもそれとなく雰囲気を出している商品かな。

 

一枚だけの神札を立てておきたいどうするか?

神札ってペラペラだから裏側に厚紙でも貼って立てかけるということもある、風が吹くと飛んでいってしまうから札差しのような差し込むスタイルで祀っておくこともある、箱宮のような周囲を囲んだ状態で立てかけておくこともある、セロテープで貼り付けてしまうという人もいる、、、もう人それぞれ。

 

こういう使い方があるんだよ・・・という話を聞いてみてもいいだろう。

御札の前に御幣を置きたいことが多々ある、これは珍しい話でもない、あれこれ知ってくると御幣などを置きたくなるわけ、祓串でも金幣芯でも神鏡でもいい。

広い空間があれなら御幣などを単体で置くことがほとんどなんだけど、狭い空間の場合には工夫をしないといけないね。

もし、御札と御幣を一緒に置きたいときには「御剣型御幣付き」を選んでみるのもいいでしょう、御幣と御剣の間に御札を置いておくだけのこと。

御幣部分には紙垂を付けて使います。

 

f:id:omakase_factory:20210205072304j:plain

 

紙垂は各人で作る。

一枚作る程度ならなんら苦にならないから、ネットで紙垂の展開図でも探してみるといいでしょう、一般的なものであればあっという間に見つかります。

ただ、紙垂はこだわりが強く出るものでもあるので、最初は当たり前のような簡単なものでいいかと思う、慣れてきたらこだわりを思う存分出したものを作ってみてください。

そりゃプロの作る紙垂になったらご立派ですよ、紙から違う。

 

なんというか至ってシンプルに御札を置きたいとき、やたら通販向きに作られたようなおもちゃのような御札立てを使うより、神具としてしっかりある御霊でも使えるから試してみてもいいかと思う。

でも、こういう話を聞かないと、、、まずこの御霊をお札立てに使う発想は出てこないだろうな。

 

 

御剣と御幣が一緒になった御霊 御剣型御幣付8寸 尾州

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mitama027.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。