神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

フローリングの上でも使えてさらに縦横斜めに自由に切れるゴザ

切ったら補修用ヘリテープNo.1を必ず貼って上敷鋲を挿しておく

和室と言っても和室空間のように立ち上がりにして部屋の一区画だけ和室にしている家などもあるし、置き畳を敷き詰めて和室風の文化を楽しんでいる住宅もある。

マンションなどでは和室無しという物件も増えてきたし、和室をリフォームして板の間にしてしまう部屋もあるよね、マンションの場合には戸建てより狭いから使わない部屋は何かに取り替えたい気持ちも強いのかもしれない。

 

ただ、「和室を新たに作りました」という話は「和室を無くしました」に比べると全くと言っていいほど聞かないから、和室の増設など誰も考えないことかもしれない。

そもそも和室は・・・お金がかかる。

洋間のほうが安上がりでクロス貼っておしまいだ、天井、壁にね。

和室で天井がクロスですなんていうのは聞いたことがない、和室の天井は安くないし壁も今では張り紙で済ませてしまうところもあるけど、塗り壁にしたらそこそこかかる。

 

まぁ、ともかく一区画だけ和室にしているような場所だと畳も特注だったりするから、い草上敷きを使っていて間違いないかと思う、畳替えをするとなればこれまた、、、結構かかる。

 

f:id:omakase_factory:20200914064903j:plain

 

部屋が正方形、長方形などの矩形で整っているのであれば「自由に切れる上敷き」でも「サイズオーダーで作る上敷き」でもどちらでも使える。

その部屋の中で「斜め」がある場合には「自由に切れる上敷き」を使えば斜め切りができるから、敷き込みがとても簡単に終わる、その形にザクザク切って補修縁を付けるだけの話。

普通の上敷きでも斜め切りはやってやれないことはないけど、もはやチャレンジに近い行為になるから、やったことがある人ならできるかもしれない・・・ってことかな。

 

もし、い草の敷物をリビングでも使いたい、フローリングの上でも使いたいなんていう場合には「自由に切れる上敷き」しかないので、これは普通の上敷きは使わないでください。

作り方がやや違っていて、自由に切れる上敷きはカット前提で作っているから裏面に加工をしている、その加工があるからフローリングの上でも使えるわけ。

普通の上敷きだと両面使えるけど裏面加工などしていないから、フローリングの上では使えないわけです、あくまでも畳の上だけ。

 

 

自由に切れる上敷き 江戸間四畳半

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-004a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。