神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

い草上敷きをサイズオーダーで作れるならそのほうがいいと思う

補修用ヘリテープは既製品を買ってきてサイズが合わないときに使う

初めてゴザっていうものを作ろうかとあれこれ調べている場合には、あっちの店、こっちの店で価格が様々あって、何が良いのか悪いのかわからないと思う。

そういうときにはとりあえず買わないことには使えないので、量販店で買うのがいいのではないだろうか、ネット通販であればレビューの多い店とでもいいのか、ともかく量を販売する店。

さらに言うなら、量販店の人にい草の品質とかわからないから、売れているものに便乗して自分も買ってみるというのが最初の一歩としては間違っていない。

 

一歩目があれば二歩目、三歩目・・・とある。

何歩か進めばいろいろなことが見えてくるし、違う景色も見たくなるってもんさ。

 

個人的に思うこととして、部屋の寸法がわからないのに決められた寸法の敷物をどうして選ぶのだろうか? ということ。

まずは、部屋の寸法を実寸で測ってみる。

っで、日本家屋の間取り表を眺めて、一致している、一致しているらしい程度ならほぼその部屋は畳サイズ一覧表の寸法通りに作られている部屋だ。

となると量販店へ行けば間取り寸法で作られたものが置いてある、江戸間何帖、本間何帖という具合にね、そして、それを買ってくればいい。

 

f:id:omakase_factory:20140807213215j:plain

 

サイズオーダーで作るということは、既存の上敷きを切断して作るものはない。

どうもそこを勘違いしている人もいたし、こちらの説明が悪いのか? と商品ページを見返してもどこでそう勘違いをしているのかわからないこともあった。

それから「一枚物」という言葉から、つなぎ目の無い一本い草の敷物で出来ていると思っている人もいたっけな、そんな3メートル、4メートルの長いい草はこの世にありません。

上敷きとして使えるい草は最大でも95.5cmの本間仕様まで、そのため6畳であれば3枚つなげるわけだ。

 

初めての場合にはよくわからないと思うから聞いてみて。

f:id:omakase_factory:20200603070636g:plain


 

 

本間六畳相当のサイズオーダー ランク6

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-order-021.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。