神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

リビングでゴザを敷きたい 絨毯やカーペットの代わりに上敷きを使いたい

い草上敷きを居間で敷きたいときには「自由に切れる上敷き」一択

普通の上敷きは畳の上で使うものなんだけど、唯一、フローリングの上対応の上敷きというものがあって、「自由に切れる上敷き」という商品です。

部屋にあてがいながらその場で切ってサイズやフォームを整えることができるゴザなんだけど、特殊な作りをしている関係でフローリングの上で使いたい人たちにも好評なんです。

リビングで何かしらの敷物を使うとき、い草を使いたいな、、、とはならない、、、でも、、、使えたらいいなぁ~と思う人もいる。

い草上敷きを床の上で使うなんて昔は考えられない使い方だよね、でも今はできます。

 

普通の上敷きのように表と裏の両面を使うことはできない、そこの部分は先に知っておいてください、表面だけ使う、裏面は特殊な加工をしているので裏は裏のまま。

 

もし部屋の形に合わせる場合には縦、横、斜めに切ることができるけど「曲線はダメ」ですからね、曲線に切れるけどヘリを付けることができない。

切った部分には必ず補修用ヘリテープNo.1を貼り付けておく、これをしないとダメ。

切らないで敷くときには不要です。

f:id:omakase_factory:20190503061051j:plain

リビングなどは和室と違って寸法をそれほど細かく気にする場所でもないでしょうから、アクセントラグのような寸法で部屋の内側に敷いておく程度のことが多いはず。

和室で上敷きを使う場合には部屋の大きさピッタリで使うよね。

置き畳を使う家も増えてきたようだし、無くしてしまった和室が姿形を変えて現代仕様になって登場する感じかもしれないな。

 

洋室を作るより和室を作るほうがお金がかかるから、今の住宅はそこの部分を知らせないで安い住宅ということで販売する、そのため戸建てなのに和室なしなんてことがよく起こる、もっとも家主側で和室不要という考え方も増えてきたみたいだね。

でも、和室って後から欲しくてもおいそれと作れるものではないけど、やはり、和室のある住宅というのは大人になるとその場所が一番気持ちが落ち着くよね。

 

 

自由に切れる上敷き 唯一フローリングの上で使えるゴザ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。