神棚 上敷き 簾の専門店 おまかせ工房 ブログ

おまかせ工房のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

部屋に置くなら木製がいい 檜製の八角形の盛り塩皿があります

檜製には大きな意味がある 八角形にはさらに意味がある

盛り塩を置く時に円形の陶器皿を使われていることが多いかと思う、おそらく、外国製の大量生産されているものが日本で最も流通しているから、それはそれで選択肢を探さないときにはそれになるだろう。

もはや、陶器製の神具で日本製というのは希少品になってしまったわけだ。

圧倒的な安さには太刀打ちできないのも否めいないよな。

 

ところで、おまかせ工房では極々一部の要望というか、主にスタッフの雑談から商品を作ることがあって、今回の「檜製 八角形 盛り塩皿」もそのひとつ。

ともかく、需要が山ほどあるわけでもなく、でも、こんなものがあったらいいよな、、、というものもまだまだ世に出てないけど話の中では出てくる。

そんな雑談の中で、盛り塩の皿で木製のものが無いね・・・この一言から作った盛り塩皿になります。

よくよく考えたら確かに無い、無いなら作ってしまえということです。

 

始めて盛り塩をしてみたい人というより、すでに盛り塩を置いてあり、なんかの時に「やっぱり木製の皿の方がいい あれば使いたい」という人向けかな。

盛り塩の成型器は手持ちのものを使ってください。(円錐形に模る器)

 

大小2サイズの木製八角盛り塩皿に同じサイズの盛り塩を乗せたときの参考例

大小2サイズの木製八角盛り塩皿に同じサイズの盛り塩を乗せたときの参考例

 

※盛り塩固め器は自前で用意のこと。

この盛り塩皿は神棚に置いてもいいように神が宿ると言われる桧を使い、サイズも他の神具の邪魔にならないぐらいのベストサイズで作ってあります。
「大きな皿」と「小さな皿」の2種類から選択してください。


★大きな八角形の盛り塩皿 桧製
   サイズ 縦9cm 横9cm
   内部の直径 7cm(平面部 6cm)

★小さな八角形の盛り塩皿 桧製
   サイズ 縦7cm 横7cm
   内部の直径 5.5cm(平面部 4.5cm)

  使用例で使った盛り塩のサイズ
   高さ6cm 直径4.5cm

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

桧製の八角形の盛り塩皿 大小2サイズ 厚めの本格的な盛り塩皿です

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/morishio.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 

セトモノ神具の底に付く黒い水垢を防ぐ防止策 桧製の受け皿を使ってみてはどう?

さりげなく丁寧にありふれた神具を置いてみたい 大きく変わります

神具のセトモノを板の上に直接置いていると、黒くなってきますよね、円形の黒い水垢が残ってしまう経験は誰にもある。

早めに気づいておけば、紙やすりでサッサッと軽く擦れば消えることがあるけど、染み込んだときには困ります、ましてしれが祖霊舎や高級な棚板だったら尚更。

そのために板でも紙でも挟んでおけばなんとか防げるわけだ。

でも、専用品として作ったものがあるので、このような下敷きというか受け皿を使ってみてはどうでしょうか。

 

  皿(2枚) 平子(2枚) 水玉 榊立て(2枚)
セトモノB豆用 7枚セット No.2 No.1 No.1 No.3
セトモノB小用 7枚セット No.3 No.2 No.1 No.4
セトモノB中用 7枚セット No.5 No.2 No.2 No.5
セトモノB大用 7枚セット No.6 No.4 No.4 No.6
  外径穴 内径穴
No.1 55mm角 38mm 30mm
No.2 65mm角 50mm 40mm
No.3 70mm角 55mm 50mm
No.4 75mm角 60mm 55mm
No.5 85mm角 70mm 60mm
No.6 90mm角 75mm 70mm

※盛り塩皿として使うときには内径穴が円錐形の底面直径以内の盛り塩なら入ります。

 

神具 水玉、平子、皿、榊立ての下に敷ける桧製の受け皿

神具 水玉、平子、皿、榊立ての下に敷ける桧製の受け皿

榊立てはもっとも水垢が残りやすいかと思うので、榊立て用としても用意をしています。

全部に置く必要はないけど、榊立てには欲しい・・・そんなときにはいいでしょう。

 

 

www.youtube.com

 

最も使われることが多い榊立て用は2枚セットで販売しています。

簡易的な盛り塩皿としても使われているので、木製の盛り塩皿を探しているときには使ってみてください。

www.youtube.com

 

より本格的に盛り塩をするときには、厚みのある桧製の盛り塩皿があります。

八角形の盛り塩皿ですので、風水など愛好している方ならこちらのほうがいいのではないでしょうか。

www.youtube.com

 

神具 水玉、平子、皿、榊立ての下に敷ける桧製の受け皿セット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ukedai-set.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

榊立て用の2枚セット ※簡易的な四角形の盛り塩皿としても使えます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/okidai.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

本格的な八角形の盛り塩皿 桧製 ※厚みもあります

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/morishio.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 

旅館向けに作っているゴザ 特売品の上敷きですが戸建て向けに比べ制約がある

特売品の上敷きに限り1週間ぐらいで届けられると思います 他は2週間

地方都市でも外国人がちらほら観光をされているようでして、温泉場の旅館にも海外から予約が入ているのは確かみたいね、伊豆半島の旅館でもこんな話を聞かされた。

ただ、初期のインバウンドに比べると静かになったらしい、客層が違うとかいう話。

最初の頃は、こんな寂れた旅館に外国人がどうして泊まるんだ? 日本人でも泊まらないぞ、というぐらいの宿でも宿泊しているから不思議だったけど、来日数が多すぎただけだね、今はそこまではいかないようだ。

 

旅館向けに作っている上敷きのご紹介です。

戸建てで使う意識と業務で使う意識ってかなり違うことがあって、業務の場合にはいうなれば「使い捨て」です、ゴザも使い捨てになる。

自宅の場合には長く使いたいだろうけどさ、業務の場合には定期的に交換していくので、招き入れるための消耗品ということかな。

 

戸建ての間取りは日本家屋の間取りで作られいないことが多いけど、旅館の場合にはそこら辺はしっかりしていて、江戸間、五八間、本間などで作ってあるから、こちらとしても納品しやすいわけだ。

ということで、旅館向けの生産ラインで作っている上敷きになります。

 

特売品の上敷き 江戸間と本間のみ 縁一種類のみ 品質ランク7のみ

特売品の上敷き 江戸間と本間のみ 縁一種類のみ 品質ランク7のみ

 

品質をワンランク上げて価格はランクを下げた・・・と聞けば響きはいいかもしれないけど、できないこと、がいくつかある。

 1.サイズオーダーできません。

 2.江戸間と本間だけです。

 3.縁の種類は1種類のみ、他の縁は使えない。

 

もし、角落としをしたり、一辺をカットしたりするときには、補修用ヘリテープを使って各人で行ってください。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

江戸間6畳

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-s-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

本間6畳

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-sh-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

補修用ヘリテープ No.5 特売品の上敷きを加工するとき使ってください。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-005.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。