神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

雨漏りで畳などのイグサに染みが残ったら交換しておくほうがいいかと思う

イグサ色の顔料を使って塗らないほうがいい 交換してもいいのでは?

長雨に続く大雨で雨漏りが発覚してしまった家も多いようでして、評判の良い雨漏り業者は予約でいっぱい、何ヶ月待ちなど当たり前になっているようです。

こういうときはうちを先に一番に、、、と思うのは当然なんだけど、現場は必ず掛け持ちをして、あっちこっちをぐるぐる回るように作業をしているので、自分の家だけの作業では突貫工事になってとても高い工事費になるので、待つしかないね。

足場だけ先に出来上がってちっとも作業に取り掛からないというのは、忘れているのではなく現場掛け持ちで単価を下げているってことです。

 

っで、その雨漏りも住宅全塗装をしても原因はたった一箇所の亀裂だったなんていうのはよくある話、たった1cmの亀裂を直すのに100万円、200万円とかだから、少しぐらいの雨漏りならバケツで対応したくなるのもよくわかる。

バケツとオムツで乗り切れ、、、みたいな。

解決にはならないけど、我慢と知恵と不満と金銭が入り混じってしまうよな。

そうだ、スーパーマーケットに行ったら、バケツとオムツが店内数カ所に置いてあって、この大型店舗で雨漏り修理などやったら一千万円単位で修理費がかかるなと思いつつも、毎回大雨になるとバケツとオムツが置いてあるので、屋上の駐車場の床から修理をしないとだめだ、大型店舗の悩みどこだ、その間は集客の大条件だった駐車場が使えない。

マンションとかも悩みどころ、ともかく修繕積立金だけでは全然足りません。

 

f:id:omakase_factory:20200727071953j:plain

 

日本家屋だと屋根の修理でなんとなかなることが多い。

ただ、和室にポタポタと雨水が垂れてしまうと染みになってしまう。

イグサで染みが付いたら消えない。

そうすると人は検索に走ってしまい、イグサ色の顔料を探す。

顔料だからイグサを塗装をするわけだ。

これは黄ばんだ古いイグサに色を乗せたり、イグサという植物は根元と先端と色が違うような安いイグサを使っているようなとき使うことがある。

着色したイグサにしてしまうわけ。

プロが色を乗せれば均一になるけど、素人が行うとムラになる。

失敗するからやめておくほうがいいと思う。

 

シミがあるイグサを使っている家庭もあるけど、座布団でごまかしておくとか、まだそういう手法のほうがいいんじゃないだろうか。

というより、新しいモノにしてもいいように思うけどどうでしょうかね。

 

 

本間八畳相当で作るサイズオーダーの上敷 ランク7

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-order-026.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。