神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

季節の変わり目ということで破魔矢の位置も変えてみようか

機能美を引き出しているから神前でも部屋でも合います

蒸し暑いとはこの時期のことをいうんでしょうけど、マスク着用も重なってたまらないね、いつまでマスク着用が続くのかわからないけど、こんな調子だと非着用は数年無理か。

ところで季節の変わり目だから何か変えたい気持ちもあるだろう、衣類だけ変えていても万年代わり映えしないので、家具の位置を変えたり、壁紙を変えたりすることもある。

壁紙などは意外と簡単で慣れれば毎年取り替えても苦にならない、費用的にも手間としても人にやってもらうからそこそこしてしまうだけの話、それに楽しい。

 

破魔矢を持っている家は全体からすれば少ないかもしれないが、この破魔矢の位置も変えてみてはいかがでしょうね。

神棚の周囲にあったものを部屋のどこかに移してみるとか、まぁ、この時期に一本増やしてみるというのはちょうど年の半分が終わりかけなのでいないかな、社務所や授与所に行けばあるけどね。

 

元々の機能美のあるものだと思うから、そこを引き出したい。

そのためには置台が目立ってはいけないけど、普通でもつまらない。

実に人の欲求というものは複雑で深いもんだ。

おまかせ工房の破魔矢台は、置く、掛ける、立てかける、差す・・・これができます。

並べたり、置き方を変えたり、同じ場所、同じ部屋に破魔矢を飾ることがあるから、置台の素材、作り方、デザインなどは統一させてある、統一性の美ってもんが決め手になるんだよね、チグハグではカッコ悪いよな。

 

f:id:omakase_factory:20200627064952j:plain

 

破魔矢を棚板の上に転がしておくだけとかもったいないと思う、セロテープのようなもので貼り付けておくのももったいない、、、あ!って思った人もいるのではないかな。

言ってみれば武器だし目的を持ったものだと思うので無駄がないんだよね、そこの見た目を機能美というわけなんだけど、機能美を持ったものは魅力的。

 

キッチンなどでもナイフ、包丁、鍋、まな板などを飾って使うところがあるけど、身近なオシャレだとそういう場所でも機能美に溢れているものを飾っている。

道具だよ、道具。

工房などでも使う道具を壁に綺麗に並べていたりするけどさ、カンナなどはよく見かける光景だと思うし、差し金なども小さなものから大きなものへと並べつけしたりする。

車やバイクの整備好きになると、工具箱に綺麗に並んだ工具を見ているだけで満足してしまう、、、そういう人もいるよな、、、機能美に魅せられると道具が楽しくて楽しくてたまんない。

 

 

www.youtube.com

 

神前 破魔矢立て 桧製

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-hamaya002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。