神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

「自由に切れる上敷き」は切りたい場所が多いときにはこの上ない便利なゴザ

唯一、縦横+「斜め」に切れる上敷き フローリングの上でもOK

上敷きござを部屋にピッタリに敷きたいときサイズオーダーで作っておくのが最も綺麗に使えると思うけど、採寸をしないと作れないのは誰でもわかる。

折り曲げてしまうのはとても残念な敷き方で四隅に縁があるから綺麗に見える。

だから、切って補修用ヘリテープを付けておくわけなんだけど、この「自由に切れる上敷き」はカットをすることを前提に作る特殊な上敷き。

 

この「自由に切れる上敷き」は普通の上敷きではありません。

だから、両面使えない、表面だけ。

普通の上敷きは両面使える、だから、定期的に裏返して使ったり、表側にシミや汚れがついたとき裏面に切り替えたりもするけど、自由に切れる上敷きは裏面に加工をしているので表側だけ使う。

切ることを前提に作っているのが「自由に切れる上敷き」というもの。

そして、その加工をしていることでフローリングでも敷けるこれまた唯一のゴザということにもなる。

切って使う場合には「補修用ヘリテープNo.1」を必ず切り口に貼っておいてください、上敷き鋲は必要十分な数を無料でつけておきます。

 

「斜め」に切るところが含まれている場合には「自由に切れる上敷き」しかない。

普通の上敷きは縦横には切れるけど「斜め切り」は絶対にしてはいけない。 

 

f:id:omakase_factory:20191130071626j:plain

 

サイズオーダーでゴザを作る場合、角落とし程度であればこちらでもできるので、そのときにはその場所の位置がわかるような図をお願いしているけど、あちらこちらも加工しなければならないようなときには「自由に切れる上敷き」を使ったほうがいいと思う。

 

上の図のような部屋って意外とある。

タンスなどの手前で切ってしまいたいときがある、特に近年は高齢者世帯も増えてきて、家具の移動もしんどくなってきているので、そういう物は動かさないでゴザを敷きたいときだよね。

さらに「採寸」ができない場合には、敷いてあてがってその場所を切る、という行為のほうが上手にいくこともあるでしょう。

 

採寸しないと言っても、部屋の間取りが「江戸間」か「本間」がはしっかり把握をしておかないといけません。

この自由に切れる上敷きは「江戸間」「本間」のどちらかで作ります。

あとはその場の部屋の大きさに変えていくという上敷き。

 

 

自由に切れる上敷き 江戸間6畳

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

補修用ヘリテープNo.1 自由に切れる上敷きで使う縁

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。