神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

箱の隙間を埋めて破損を防ぐ梱包材 衝撃緩衝材

袋ごと使うことはまずないので破いて小分けで使います

50袋ぐらいあればかなり使い勝手があるかと思う、一度や二度はみたことがあるはず、なんか隙間に入れてあるなという梱包材です。

梱包作業をしたことがある人であればピンとくるはずなんだけど、箱を揺すって音がしてしまうようでは破損の原因になる、そこでいろいろな工夫がされている。

この梱包材はパラパラ使います、まとめてドカッと使うことはないと思う。

箱の隙間に埋めいく感じで少量使う。

押さえるように隙間を埋めていきますから、破損率が激減するわけだ。

 

しっかり梱包されたものは落としても割れないことがある、というか運搬中に何が起こるかわからないし、自分の荷物だけ特別扱いで運ばれるわけじゃない。

トラックの中でどこに置かれるか・・・小さなものほど上だよね、だから、落ちやすいわけなんだけど、外装が痛めつけられるほどの打ちキズでも無い限り、なかなか落ちたことなどわからない。

 

自衛手段みたいなもんだ。

壊れて届いて誰も喜ばない、運ぶ側も壊したいと思って運ぶ人はいない、出荷する側も壊れて届けさせようとする人はいない、でも、稀に壊れてしまう現実もある。

まだまだやれることがあると思う。

とても便利な緩衝材です。

 

f:id:omakase_factory:20191124074946j:plain

おまかせ工房ではセトモノを出荷するときや、真榊を出荷するときなどでよく使う。

陶器類などはカチカチ音がしている状態だと割れるから、どこの店でも気を使う商材だと思う、一個一個を包むようにして出荷をする店もある。

ただ、それでは多くの荷物のときにはさばけない、手間がかかりすぎてしまう。

形状などで判断して隙間を埋めることができれば問題なしと考えればこのような緩衝材を使ってみるのもいいだろう。

細かいものがひとつの箱に入っているようなものの場合、これも右へ左へ中で遊んでしまうから、押さえておきたいよね。

 

一個が小指の第二関節ぐらいまでの大きさです。

ギュッと潰すと小さくなるけど、厚み1cmぐらいの隙間があれば入れてみて。

 

袋を破いてパラパラ使う 衝撃緩衝材 50袋セット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/packing032.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。