神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

あ!忘れていた あのとき埋めていなかった・・・鎮物 しずめもの

家を建てた経験がある これから建てる 忘れていても大丈夫

後から埋めてもいいので鎮物を埋納しておくことは忘れずにということで、個人で埋めておく人たちが増えたようです、そのため個人向けでもかなり出荷をしている。

昔は業者や神社、寺院などほぼ業務として使う人たちへ出荷していたものなんだけど、ネット通販で始めて知ったということがかなり多くなって、そのため自分でやれるのであれば自分でやってみようかということなんだろう。

費用的な話をすれば地鎮祭を行うより比べ物にならないぐらい安く済みます、数百分の1ぐらいの予算で終わります。

 

というのも、今、地鎮祭を端折ってしまうことが増えたらしくて、「無駄な費用 不必要な儀式」ということらしいけど、まぁ、そこら辺のことは個人差がある話なので立ち入ることができない。

地鎮祭の意味のようなことを知ってくると、当時はやらなかったけど今になってしておけばよかったかな、、、と思う人たちが個人個人で行うのかな。

 

地鎮祭となったら、神職を呼んで八足台などの神具も用意して、場合によっては関係者を呼んでとオオゴトになりやすい。

それに根本的に「こういう儀式を信じていない」ということもあるだろう。

信じる、信じないの話ではないんだけどさ、語彙が少ない場合には「信じる 信じない」のような言葉で片付けてしまうのかもしれない。

 

わからない人にどれだけ説明をしてもわかりませんので、人生経験を積んできて、責任を肩に乗せて、お金の問題もこなしつつ生きてくるとジワァ~とわかってくる、見えてくるものがあるはず。

ただ、祭典でするのもいいし、個人でできるからするのもいい、ということかな。

 

f:id:omakase_factory:20190913063711j:plain

 

桐箱版を使うことがほとんど、中に入れておきたいものがあるならこちらを使う。

埋めるときも「感無量」っていう言葉が実感できる瞬間とき、忘れられないと思うよ。

これも経験しないと伝わらないけど、いろいろ頭の中に蘇ってくる。

特に入れておくものがない場合には簡易版で十分です。

桐箱版、簡易版共に大麻(おおぬさ)を付属しているので、それで巻いて埋めておくだけ。

 

 

簡易版と桐箱版は同じ鎮物です。

多くの場合、桐箱版を使いますが特に入れておくものがないときには簡易版でもいいでしょう。

youtu.be

 

 

神社、寺院で使う本格的な鎮物 桐箱版

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。