神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

凹凸のある部屋で上敷きござを敷きたいときには「 自由に切れる上敷き 」

江戸間と本間 その場でサイズや形を合わせることができる茣蓙

新築や引越の初入居であれば部屋には何もなくてサッパリしている状態だけど、しばらく生活をしていくとあれこれ増えてしまって、まぁ、生活感がじわじわと出てくることになる。

タンスなどの家具類を置いてしまうともう動かすことはないってぐらいの期間が過ぎていくもんなんだ、そのため畳がへこんでしまう。

定期的な畳の位置替えなどすることもなく、使うところだけが擦り減り、凹み、傷んでしまうのはどこの家庭でも似たり寄ったり。

動かさない、動かすことができないようなものがある部屋に、い草上敷きを使う時には「 自由に切れる上敷き 」を使うと、不動の部分を避けながら敷き詰めることができます。

 

箪笥や柱などが多いと思う、間柱なども目立つ。

こういうデコボコ部分でも「 自由に切れる上敷き 」は初めからカットして使うことを前提に作ってあるからとても作業がしやすいわけね。

普通の上敷きでもその場で切れるんだけど、そのときには「 補修用ヘリテープ 」を使えばなんとなるけどさ。

 

そしてもうひとつ。

自由に切れる上敷きはフローリング対応です、リビングでゴザを敷きたい人にもオススメですよ。

 

f:id:omakase_factory:20180409063509j:plain

部屋の細かい採寸に自信がないときなどはいいかもしれない。

大まかに、江戸間何畳の部屋、本間何畳の部屋ぐらいは知っておかないと日本家屋の寸法にはいろいろあるから間違ってしまう。

その場で敷き詰めながらハサミでカットできる。

左右を切るべきか、片側だけ切るべきか、この辺が位置関係で考えないといけないこともあるけど、作業は簡単に終わると思う。

 

youtu.be

 

その場の部屋の形にカットすることができる上敷きござ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。