神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

ゴールデンウィークの企画 帰省イベントでも盛り上がる御神籤大会

企画案で行き詰まったら原点回帰が一番だ

春だ、花見だと言っていたのもすぐに終わり、あっという間にゴールデンウィークの話題に切り替わる時期なんだけど、行くところがなくても、することがなくても、出歩いてみるとリフレッシュできる。

ともかく外に出る、似たり寄ったりの日本の町並みでも文句を言わずに外に出る。

それとは逆にGWなどの大型連休になると来客などが増える場所や地域に住んでいると、今年は何をしようかな、と考えないといけない立場の人もいる。

正直なところ、企画立案などプロじゃないとなかなか思いつきませんね。

 

大昔から人の娯楽として定着しているものに「 おみくじ 」がある。

こういうものが老いも若きも好きなんだろう、とくに女の人は好きね。

小銭で楽しめるということもあるかもしれないし、引く機会もありそうでないし、それが無料で引けるとなれば引かない理由もないわね。

 

町内会の子供イベントだろうか、商業施設のイベントだろうが、無料で本物の御神籤を引かせてくれるとなれば、一人がやれば二人、三人とどんどんその輪が広がる。

巫女さんの格好をした人が御籤箱の側にいたら完璧です。

 

f:id:omakase_factory:20180404061204j:plain

御神籤には当たり外れはないです。

大吉がアタリとか大凶がハズレとか関係ない。

不思議なもんで、跳ね返し言葉ともいうのかな、大凶が実は良いという考え方を持っている人もいるようで、今が底で今から上がるだけ・・・と都合よく解釈して楽しむのも有りだろう。

まぁ、どちらにせよ神教みくじは人を嫌な気分にさせる文言は書かれていないから、読めば納得、前向きになることが書かれています。

小さな子供だと内容がよくわからないだろうから、保護者の人がこれまた都合よく言い聞かせればいいんじゃないのかな。

 

神社で使う御神籤をイベントで使ってみよう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/omikujikami.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。