神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

足の裏の冷たさから開放される滑りづらいバスマット

カカト打ち ヒザ打ち対策にも効果的

高齢者向け製品なんだけど施設用ですね、業務用の商品も個人宅で使うと効果はあるんだけど選択肢としては若干高価かもしれない、でも、モノは良いからオススメです。

マンションで暮らしていると浴室の冷たさはあまり感じないらしくて、主に戸建て住宅で使ってもらうことが多いような気がする。

離れているというか、浴室前は暖められていないというか、そのため一発目がやたらと冷たいわけだ。

 

現役世代だと気にならないらしい、それを過ぎると寒さが一段と堪えるそうだ。

その寒さが足の裏がらビビビと伝わる現象をヒートショックと呼ぶらしい。

心臓に直接くるからいろいろとマズイ。

 

そこで廊下ではスリッパなどを履いていれば対策はOK。

しかし、家の中で素足になる場所と言えば・・・お風呂場。

ここがタイル張りだとやたらと冷たいわけだ。

そんな環境だったらバスマットを使いましょうよということね。

 

f:id:omakase_factory:20180108071452j:plain

っで、この業務用のバスマットは何が違うのか?と言えば、滑りづらい素材を使っている点は見逃せない。

というよりこういう「い草色」もいいんじゃないだろうか、落ち着くということを言われたことがある。

ただ、あれこれとサイズを作るわけにもいかず、バスマットは2サイズだけです。

 

炭すだれで採用しているポリオレフィン樹脂の中に炭の微粉末を20%混ぜて作った中敷きを入れてあって、炭すだれでは硬さを保つために5%、この炭マットの場合には水気が多いところで使うことも考えて20%の炭を混ぜてある。

炭の消臭効果・炭の遠赤外線効果も多少なりに期待できるバスマットとトイレマットで、濡れ場で使うことも考えて裏面にはEVAフィルム(滑りにくい加工)を採用。
置いて使うだけなので全く滑らないというわけではありませんが、なかなか良い感じに仕事をしてくれます。

 

炭素材を中敷きに採用しているのは、アンモニアや酢酸など環境問題で話題のホルムアルデヒドを非常に吸収するからで、特にトイレマットなどで使う場合には効力を発揮してくれることでしょう。

 

基本的な使い場所としては、浴室・トイレになりますが、薄いながらも弾力性がありますのでフローリングの上で簡易畳・置き畳としても使えます。
小さなお子様がいる家庭などでは子供の遊び場として利用してみてはどうでしょうか。
床の上だと膝が痛くなるのでい草上敷のような色合いをした落ち着きのあるインテリアグッズでもあります。

お風呂場に敷く畳・・・・そんなイメージがピッタリな洗える畳です。

トイレマット・バスマットは作り方など全く同じ製品です、トイレマットは形状にクビレをつけてあります。
寒い日の浴室のタイル張りなどはかなりキツイと思います。
そのような滑りにくいマットがあると重宝しますよ。

 

足の裏が冷たい カカトやヒザを打ちやすいときには便利なマット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/sumimat002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。