神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

耐久性は抜群 イグサの品質は9ランクで作る強い上敷きござ

部屋の出入りが多い和室に最適な上敷きござ

イグサっていうのは細長い植物でそれを編んでというか織ってというか重ね束ねるようにしながら経糸を通しつつ一枚の敷物に仕上げていくものなんだけど、織り方っていうものがあって、その織り方の違いで感触、弾力、質感などが違う。

上敷きは畳の上に敷く敷物で主に双目織り(もろめおり)で作るのが普通ね、引目織り(ひきめおり)で作ると堅いけど丈夫になる、引目織りっていうのは畳表の織り方です。

 

強ければいいと思いがちなんだけど、どうして双目織りが主流なのかと言うと、素足で踏んだ時の弾力があるから気持ちがいいわけだ。

しかし、堅いほうがいいって人もいて、感触だけの話ではなくて耐久性も考えたとき選ぶこともある。

あいにく、双目織りと引目織りの中間はない。

 

織り方が違うだけじゃなくて、使うイグサそのものが違う。

双目織りで使うイグサで引目織りはしないし、その逆もしかりってわけだ。

そして同じ面積で使うイグサの量も違って、引目織りのほうが密が濃い、つまり、イグサを多く使う、そのため双目織りに比べると重たい。

 

f:id:omakase_factory:20171007071651j:plain

とまぁ、織り方やら素材の違いっていう話より、もし人の往来が激しいときには引目織りもいいでしょう。

ござが擦り切れるんだよな、うちでは畳がすぐ傷む・・・こんな場所に最適。

と言っても、すでに引目織りの上敷きを敷いていてそうなるのであれば、それはそういう場所ってことで納得するしかない。

上敷きは両面使える経済的な敷物だからさ、裏返して使ってよ、特に角落としなどをしていない長方形や正方形であればそれができる。

っで、おまかせ工房では規格寸法の上敷き、サイズオーダーの上敷きでも対応して作ってます。

 

強いござ 堅さを求めた引目織りで作る上敷き

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-020.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。