神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

家庭では起きづらい転倒対策も兼ねたトイレマット

汚れ対策と滑り対策と衛生対策

介護施設、擁護施設などに出している業務用商品のトイレマット。

トイレでマットを使う家庭って少ないように思いますけどどうでしょうかね、綿のマットなどは使わないと思うし、ならばどんなマットを使うのか?

高齢者の多い施設ではよく使いますね、最近では個室になっている部屋が多くて、さらに各部屋にトイレとシャワーは完備しているところも目立つ。

入所してみないとわからないことがあって、そういう浴室やトイレで転ぶそうです。

浴室やトイレには手すりを付けてあることもありますよね、あれ、腰を上げるときに使うだけじゃなくて、転びそうなときにも使うから横と縦に手すりを付けてあるんですよね、立ちくらみ対策かな。

 

まぁ、ともかく歳はとりたくないとボヤいてみても、生きている以上は100%老いに向かって突き進みます。

こんなところでコケた、ツマヅイた、、、っていう軽いジャブのような老い事象を経験しつつ生活を送っていくわけなんだけど、転倒っていうのはちょっと怖いんだよね。

打ちどころ次第ではさ、骨折、ヒビなんかよくあるからね。

 

このトイレマットとバスマットと同じもので形状がトイレで使うように凹みを作ってあるわけだ。

高齢者のみならず、男児のいる家庭でも使えると思うよ、どうしてかって?そりゃそうものだから。

 

f:id:omakase_factory:20160226114316j:plain

これらマットにはEVAフィルムという滑りづらい素材を使っています。
全く滑らないものはありませんが濡れ場・水場ではかなり効果的な素材。

マットは防水になります。
防水ですが乾かすことは必要です。
炭の効果も期待できますが天日干しにはかないません。

浴室で使うなら一週間に一度でも、10日間に一度でも立てかけて乾かすといいでしょう。


家庭に老人がいる場合には浴室のタイルで転倒してしまうと危ないと思います。
膝を打ったり、肘を打ったりすると治りも悪い。
クッション性・弾力性のあるマットはないものかと考えてみました。

い草の色に近づけてあります。
この部分はポリオレフィンという素材。
ポリプロピレンと混同してしまう素材ですが、似ているような違うような素材です。


この炭マットは三層構造になっています。
表面はポリオレフィン系複合樹脂で緑色の顔料を混ぜてあります。
中材は炭とポリオレフィン系複合樹脂で炭の混入率は20%。
裏面はポリエチレン発砲シートとEVAフィルム。


柔らかい素材なので保管する時には丸めておけば大丈夫。

 

施設向け業務用トイレマット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/sumimat001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。