神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

板の上にゴザを敷く 上敷き鋲を使うこともある

コツは小さな穴を空けてから刺す

板と一言でいってみてもいろいろな板があるんだけど、リビングなどのフローリングであれば「自由に切れる上敷き」で決まり、これは実に便利ない草カーペットになると思う。

上敷きを敷く場所で「板」のところはさらに外廊下という場所がある。

今の住宅ではなかなか見受けられない場所なんだけど、古い家では当たり前のようにあって、こういう場所は板を張ってあるわけだ。

そこへ上敷きを敷きたいってことがあるんだけど、敷物の固定の方法が厄介なときがある。

 

裏面に強い両面テープを付けて貼り付けると、取る時大変ね、ときにはベトベトになっていることもあるし、なにより上敷きは両面使えるのに使えなくしてしまう。

だから、両面テープ作戦は失敗します。

 

ゴム敷き作戦という手もあるけど、これはコスト面でどうかと思う。

ちょうど適当なものが見つければいいんだけど、敷くのであれば一面に敷く。

つまり、上敷きと同量のゴム敷きが必要になる。

これなら固定はされるだろう。

 

もうひとつ。

普通に上敷きの鋲を使う方法だ。

これは小さな穴を先に空けておく、2mmぐらいでもいいでしょう。

ただ、板に穴をあけることになる。

縁の下に何箇所か空けておく、そして上敷き鋲を刺す。

上敷き鋲をそのままダイレクトに板には刺さない、というか刺さらない。

これはクギのようでクギではないから、金槌で強く打つとダメね。

f:id:omakase_factory:20061128130330j:plain

下地というか下穴を空けておけば入れやすい。

あくまでも「縁の下」にあける。

畳の上に敷くときと一緒の感覚ね。

 

というのもやはり鋲のようなもので留めるのがいいんだけど、イグサカーペットに打つような鋲ってなかなかないんだよね。

飾り鋲でもないし、クギでもない、頭がないと固定しないからクギでは役に立たない。

画鋲では芯が短すぎるからこれも論外ね。

 

特売品の上敷き 江戸間・本間サイズ限定

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-s-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。