神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

気休めかもしれない しかし苟且ではない 木彫り雲

読める雲がいいのか 読めない雲がいいのか

ぶっちゃけ厚すぎる雲板は天井に貼っても読めないし、厚い薄いは関係ない。

立てかけるならいいのかもしれないけど、雲は雲だよ、立てかけたらそれは雲じゃない。

雲は上にあるもんだ。

御札の前に雲を置いたら見晴らしが悪くてしょうがないよね。

雲というのは天の位置付けで必要になる、ポジションがわかるよね、雲の上が空だ。

 

光明が差す雲なのか、それとも暗雲が垂れ込む雲にするかは自分次第。

 

まぁ、神棚の上に雲があってもなくてもかまわないわけですよ。

気になるようであれば「雲」を貼っておく。

紙でもいいんです、自作だっていい、直に天井に書いてしまう人はいないと思うけど、これも書家レベルの凄い達筆なら書いてもらいたい気もしてくる、書くというか描くに近いかもしれない。

 

書家に上を向いて書かせるものも大変でしょうから、板に書いてもらうとか、天井が外せる和室のようなときには一部分だけ外しておくとか・・・。

和室の天井に龍を描いてもらったという人がいて、そこまで行ったら神社仏閣ですよ、家庭レベルの話じゃないと思うけど・・・。

 

f:id:omakase_factory:20170127084829j:plain

小さな雲も大きな雲も同じ桧から作ってます。

目立たせる必要はないから、あればいいかな程度で十分だと思う。

神仏の上には人はいないほうがいいよ、、、と言われるけど、マンションなどでは無理だよね。

気分だけでも空は創っておきたいもんだ。

 

 

適度な厚さで見上げて読める木彫り雲桧製

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-kumo-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。