読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

足の裏からの冷たさと滑りやすさを和らげるバスマット・床マット

家庭で業務用を使ってみるのもいいかもしれない

本州もここ数日で冬らしく感じてきて、スリッパなどを履かないと足の裏がとても冷たいんだけど、どこでも靴を履いていられるわけでもない。

随分前だと小学生でも真冬に半ズボンで駆け回っていた記憶があって、思い出してみれば体育の時間は男も女も半袖・半スボンだったような、今はどうなっているんだろう。

無茶ができる年代であればいいんでしょうけど、次第に無茶ができなくなる、温存したくなるわけです。

冷たさより温かさを求めてしまう、温泉みたいもんか。

部屋でも使えますができることなら浴室で使ってもらうために作っているバスマットのご紹介です。

 

ユニットバスのような一体化した作りのものの場合、浴槽の素材に気が向くことが多くて床材、壁材などは感心がないかもしれない。

少し前の住宅だとコインぐらいの大きさの石を敷き詰めた床だったり、小さなタイル張りだったりしているところが目立つんだけど、冬はとても冷たい。

そのためバスマットというものを使うことが多くて、それだけいろいろな種類が販売されている。

以前のバスマットは穴あきタイプが多いんじゃないだろうか、水はけがどうしても必要で、バスマットで滑ってしまうという本末転倒もしばしば起きていた。

 

ここ数年の間にヒートショックという言葉が台頭してきて、気をつけなさいよ、程度だったらまだ良かったんだけど、ヤバイよ、ということになりつつある。

温度変化が強烈だと体に異変が起きるそうで、その温度変化を一番感じるのが足の裏。

サウナに入って水風呂に飛び込むのとは違うわけだ。

普段の生活をしていてガクッと急激に温度が下がる場所、それが浴室。

 

f:id:omakase_factory:20161212073824j:plain

冬は暖房をしているでしょうけど、廊下も温めているなんて家庭は少ないと思う。

マンションであればそれもできる、でも戸建てだと無駄の概念が先にくるだろうし、家中温めているのは雪国ではよくあるけどね。

まぁ、たいていの間取りを考えると、廊下を温めないとトイレもお風呂場も温まらない。

全館空調とかバリアフリー空調とか言うらしいけど、そのようなシステムのある家の方が少ないわけだ。

 

粗悪品の安物はいらないんだ、まともなものを使いたいと考え中であれば使ってみてください。

 

足の裏が冷たい そのまま体に響いてくるとき使うマット

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/sumimat002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。