読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

春夏秋冬出しっぱなしでいいんです お座敷すだれの使い方

お座敷すだれは一年中掛けておいてOKです

今年も多くのお客様へ座敷すだれを届けることができたんですけど、秋冬に関わらず仕舞い込んでしまうことはもったいない。

春夏にかけては出しておくって人たちもいるようなんだけど、お座敷すだれは一年を通して部屋にかけておくことができるのね。

秋冬は麩があるから座敷すだれを外しているってこともあるんだろうけど、そのために房鈎がついていて「中吊り」って言うんだけどクルクル丸めて鈎に引っ掛けておくんだ。

 

御殿というか殿様暮らしの部屋じゃないからなぁ~と思うかもしれない。

すだれと言うから夏っぽさがあるだけで、真夏に使うすだれとは役目が少々違う。

もったいないですよ、しまってしまうのはね。

それにしまってしまうとカビることもあるだろうし、こういう天然素材のものは風通しの良い場所に掛け続けるほうが長持ちする。

 

え?冬なのにスダレ掛けてんの?と言われるかもしれないけどね、それは単に座敷すだれを知らないだけで気にしなくて良いことです。

 

f:id:omakase_factory:20150504143134j:plain

房と鈎ってオシャレのためだけじゃないんだ。

紐で巻き上げるようなスタイルは現代版のすだれ、そういう機能を座敷すだれに付け加えるとなんだか、これじゃないな、ということになる。

あくまでも鈎にひっかけて中吊りにしておく。

 

麩を閉めているときでも中吊りにしている座敷すだれが掛かっていてもいいんだよね。

だから、積極的に出して使ってください。

 

オトクな二枚セット お座敷すだれ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/zashiki013.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。