神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

半畳幅の細長い敷物を講堂や体育館、砂場で使う 業務用PP花ござ

6畳分の計算で五八間サイズなら10m50cm 本間サイズなら11m50cm

半畳サイズの幅というのは五八間であれば幅88cm、本間であれば95.5cmと決まっていて、その半畳の幅のまま長く作る機会が多い。

お寺の本堂などでも使ってくれるところもあるんだけど、古いお寺だと板張りの本堂のまだまだ多くて檀家の人たちが集合したり法事や講話をするときに細長い敷物はとても役に立つ。

それと浜縁っていうんだけど本殿入り口の階段を少し登ったときにある外廊下のような場所で、板張りの縁に雨の後や雪の日の後など汚れるのね、イグサでは不向きということでポリプロピレンの織物を臨時に敷いておくわけだ、浜縁も細長い場所だね。

屋根があるけど雨に濡れやすい、、、そんな場所。

 

細長いってどの程度まで作れるのかと言えば、30メートルでも作れる。

ただ、長くなればそれだけ重みも増すから、人が持つことができる範囲で考えたら、30メートルが限度だと思う、これで15畳・16畳ぐらい。

長い敷物でも折りたたんでおけるから場所は取らないし、持ち運びは楽ね。

 

保育園や幼稚園だと外の砂地で使うことが多くて、みんなが座っていられるわけだ。

ビニールシートではいろいろ不都合なことも多いから、ポリプロピレン敷物のような織物のほうが感触もいいと思う。

  

f:id:omakase_factory:20161010083200j:plain

サイズオーダーで作れるのはこの【潮波】シリーズだけ。

www.youtube.com

 

 

細長い花ござをポリプロピレンカーペットで作ってみよう

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shionami-004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。