読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

バスマットなんだけど玄関の蹴上で使うと便利な滑りづらいマット

バスマットなんだけど玄関の蹴上で使うと便利な滑りづらいマット

踏面と蹴上の関係というものを間違えると、やけに使いづらくて昇降すると疲れてるんだけど、簡単にいうと階段のように上がり下がりする場所のことだね。

おまかせ工房のバスマットを玄関の蹴上で使う人達がいて、主に高齢者世帯の靴の脱ぎ履きのとき座れるから使ってもらっている、実用的な商品のご紹介です。

 

あ、踏面と蹴上というのは玄関の前が階段形式になっている住宅があるでしょう、その部分の名称だね、要は階段のこと、段差のこと。

玄関前だと踏面が長いことがあって歩幅が合わないと踏みづらい。

そして第二弾として段差が待ち構えているのが昔でいうと土間、靴脱ぎ場。

土間だと段差がかなりあって大きな石などを置いてあることもあるけど、現代住宅では15cm前後の段差になっているはず、古い日本家屋だと30cm~50cmぐらいあるかな。

 

歳をとると座って靴を履いたり脱いだりするほうが楽になるもんで、昔の50cmぐらいの蹴上はまっこと便利なんだけど、玄関に折りたたみの椅子を置いてある家はそういうことに使うわけだ。

その前段階として使われるのが長い靴べら。

毎日のことだから慣れてしまえば気にならないのかもしれないな。

 

長い靴べらが必要になってきた・・・と思ったら数年後には椅子があったら便利だな・・・となって、座った方がやりやすい・・・となって業務用バスマットがどういうわけだか玄関マットになっているということです。 

 

 

f:id:omakase_factory:20160704080320j:plain

こういうクッション性があるけど然程厚みもないマットだと尾てい骨が痛くないよね。

だから入浴時でも座って体を洗う人にはいいと思う。

体に洗剤がついても滑りづらくなる。

 

丸洗いできる仕様に仕上げてあるから、定期的にシャワーでもかけて乾かしておくといいでしょう。

 

バスマットなんだけど玄関の蹴上で使うと便利な滑りづらいマット

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/sumimat003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。