神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

玄関で座って靴をはく、脱ぐのであれば最適な玄関マット

玄関で座って靴をはく、脱ぐのであれば最適な玄関マット

座らないと靴の履き脱ぎができなくなったということがあって、主に高齢者世帯になるんだけど、膝や腰が強いときには考えもしないこと。

マンションの場合には段差がないから椅子を置いている家庭もある。

どうして玄関に小さな椅子があるのか?・・・まぁそういう理由が多いと思う。

しゃがめない、前のめりしずらい、ってことだね。

 

椅子があればそれを使うんでしょうけど、マンションの場合には玄関が狭いところが圧倒的で、常時置ける場合でも組立式の簡易椅子とかね、ともかく貧弱な椅子になりがち。

 

っで、座ったら座ったで板張りだから滑るわ痛いわで良いことがない。

そもそも玄関マットとして販売されているものは今回の目的と違う。

今回の目的は、滑りづらい、痛くない・・・・これです。

歳を取ってくるとお尻周りの肉付きも悪くなって、フローリングの上に直接座ると尻が痛い、尾てい骨に響く。

靴を履く合間、脱ぐ合間でも少々しんどくなる。

 

バスマットとして作っていたものなんだけど、玄関でも使われているので物の見方を変えて紹介してみたいと思います。

だいたい裸のところで使うものだから、その役目は抜群だと思う。 

 

f:id:omakase_factory:20160509071742j:plain

 

玄関マットを探していれば、普通は「玄関マット」として探すよね、当たり前だ。

でも、いくら探しても今回のような特殊な場合を満たしてくれるものはほとんどない。

だから、見方を変えてみないと違う発想がわいてこない。

バスマットを玄関マットとして使うなんて、普通に考えたら考えつかないよね。

 

滑りずらし素材を裏面に採用していて、お風呂場だから水滴があっても滑りずらい素材ね、今の段階ではかなり良い素材。

くっついてしまうわけじゃない、あくまでも滑りづらくするための素材。

そして、おまかせ工房得意のポリプロピレンを使っている。

 

い草のような色合いに仕上げたマットです。

落ち着いていると思うよ。

これしかないけどさ。

 

 

玄関で座って靴をはく、脱ぐのであれば最適な玄関マット

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/sumimat002.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。