神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

扱いやすい小型棚板付きの神棚三社セット 神具一式付き

扱いやすい小型棚板付きの神棚三社セット 神具一式付き

棚板があるからと言って必ずしも壁掛けにする必要はありません、区分け、仕切りとして利用していることもある、その時には棚板の板と両脇の軸はクギで留めておく、これは壁にかける時でも、置いておくだけのときでも固定しておくのが普通ね、そのためのクギなどは入れてある。

コンパクトサイズの神棚もあれば、ビックサイズの神棚もあるんだけど、神棚セットは比較的小型で取り揃えていて、初めて神棚を祭ってみる人向けに神具も含んであるんだけど、これら神具以外に基本的には足りないものはないと思う。

真榊と金幣芯を別途加えることもあるんだけど、これは慣れた人がよく使う神具。

 

棚板を壁に掛けるときには注意をして欲しい点があって、石膏ボードにネジやクギを打ち付けても効果無いです。

壁の内側には木枠があって、その木枠に当ててください。

賃貸物件のときには穴開けができないことが多いから、棚板は組み立てて置いておくだけもOKです。

 

榊は造花を付属していて、生榊の交換も始めは頻繁にしていても、後々交換しなくなってくることも実際の生活では多いんだよね。

その都度費用もかかるし、生榊が花屋で扱っていないこともある。

手軽に入手ができないとき、しずらいときなどにはこの造花で十分です。

 

小皿があるんだけど、これには塩と米を入れておく。

位置などは決まっていないけど、検索をすると似たような配置ばかり出てくると思う。

そういうものはお手本として参考にしてみて、おいおい自分の好きなように配置していけばいい。

塩は盛り塩にする必要もないよ、少し入れておけばいいし、お米も同様に少し入れておく。

これは頻繁には交換することがないから、自分で節目を作っていくと交換作業も面倒じゃなくなる、1日、15日だけ交換する人もかなりいるはず。

半月に一回ぐらいのペースが長続きすると思う。

 

お酒を入れておく瓶子(平子)はあればあったでいいでしょう。

日本酒を入れておくだけなんだけど、なんとかの酒とかうんちくは必要ないです。

料理で使う日本酒があればそれを入れておけば、交換していきやすいと思う。

量もたいして使わないから無駄になるなんて思わないはず。

新しいのであれば飲んでお神酒として頂いてしまうのもいいだろうし、敷地にまいておく人もいるね、台所で流してしまう人よりも、それだったら敷地にまいて清めておくかって人の方が経験的に多いように思うんだよね。

 

どうだろう?わかりやすかったかな。

初めて神棚を手元におくときって、あれこれわからないことがあると思うんだ。

形式ばったことは職業の人達にまかせて、気ままに祭っている方が長続きするよ。

 

 

f:id:omakase_factory:20160506080921j:plain

  


www.youtube.com

 

【神具】壁掛け三社13点 開運 神棚セット

---詳しい紹介---
外寸

高さ36cm 幅40cm 奥26cm

内寸(本社)

高さ25cm 幅10cm 奥4cm

高さ20cm 幅7cm 奥4cm

お宮

高さ36cm 幅40cm 奥10cm

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した神殿です。
材料:国産檜

神棚セットになります(棚板・お宮・セトモノ・八足台・神鏡・榊)【並品】
初めて神棚を祭ってみたい人にはおすすめなセットです。

棚板と神棚は分離できますので、それぞれ単体で利用することも可能。
比較的小さなコンパクト神棚セットです。

 

 

 

扱いやすい小型棚板付きの神棚三社セット 神具一式付き

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana14005596217911.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。