神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

掘り炬燵の部屋に敷けるゴザ 穴があけられる上敷きはこれだけ

四角形のみならず多角形や矩形で穴をあけられる上敷きござ

洋室、和室に関わらずテーブルを掘り炬燵のようにして使っている家がある。

床が椅子代わりという感じかな、座布団などは使うけどね。

和室のときには座椅子選びもこだわりを見せて、金属部品が見えるような座椅子は避ける傾向があるようで、木材を曲げて作った座椅子などが雰囲気としても、線の細さとしても和室向きのデザインのようだね。

 

ところで、その和室を掘り炬燵形式で使っている住宅でも上敷きを敷きたいってことがあって、普通の上敷きでは繰り抜き作業ができない。

敷物の中央に掘り炬燵にしているだけの四角形などを繰り抜いて、さらに足元にも上敷きを敷くわけね。

 

特殊な使い方なんだろうけど、そういう事をしたいときには「自由に切れる上敷き」を使うといいでしょう。

まずは切りたい大きさに線を引いてハサミなどでザクザク切っていく。

切った部分に「補修用ヘリテープ」を必ず付けておく。

切り取った部分は足元用だから、それも適当な大きさにして補修用ヘリテープを必ず付けておく。

上敷きって織物だから切ったら必ずヘリテープを付けてください、そうしないとダメになってしまう。

 

この上敷きはフローリングの上でも使えるから、いろいろな場面でいいのではないでしょうかね。

い草も良いものを使うし、織り方も普通の上敷きとは違います。

 

f:id:omakase_factory:20160307151611j:plain

作業は各人でやってもらうしかない、こればかりは一発勝負だ。

線を引いても縁で隠れるからさ、しっかり直線に引いておけばいいでしょう。

カッターでスーとは切れないと思う、だいたいそれをするときには下敷きが必要になるだろうし、やはりハサミ、しかも羅紗ハサミのような大きなハサミが作業しやすい。

 

ザクザクザクとゆっきり切っていけばいいし、こういっちゃ何だけど、失敗した人をみたことがない。

 

補修用ヘリテープは一本巻きで届けているから、切ったメートル数だけ必要になる。

一本繋ぎってことは15メートル分でも一本の縁として届けているってことで、これだと無駄がでないね。

綺麗に貼れますよ。

 

 

穴をあけたりもできる上敷きござ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-ch-006.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。