神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

質良し 神棚の上品シリーズから出雲神殿金具 定番の三社

神殿比率に近い屋根違い三社 上品シリーズから出雲神殿

店長もよくわかるんだけど、セット物の手頃感っていうものがあるよね。

神具に限らず身の回りの物を販売しているところは、あれも付けて、これも付けて、これもサービスとバナナの叩き売り状態が今のネット通販になってしまった感もある、それはそれでいいんだ。

それとは全然違う世界っていうのもあって、まぁ、一般的には良い物は単品で販売していくことになる、良い悪いもないんだろうけど、なんだろうね、バラマキ商品ではない商品ってことかな。

 

こういう素材物のときには見極めて作る必要があって、木は木、板は板なんだけどそれぞれ同じ木材から切り出しても感じが違う。

ぶっちゃけ木材は切ってみないとわからないときもあるけど、似た部分だけで作っていくより、バラバラの部分で作っていく方が圧倒的に安く作れる。

綺麗な神棚になるほど高いです、それが上品シリーズ。

ただ、そこまで気にしない、汎用的なもので十分だってときには、神棚セットのようなもので十分だよね。

 

さて、ちょっと良い神棚でいっちょ祭ってみるかって人のための、今回は店長ブログです。

セットではありません。

なぜセットにしないのか?・・・こういう神棚を選ぶ人の多くはすでに神棚がある。

神棚があれば神具もある。

つまり、取り替える人が多いからなんだ。

だからセットにする理由もなければ必要もない。

慣れた人向けの商品ってこと。

 

っで、やっぱり良い神棚だねって思うだろうし、実際そうだよね、良い神棚です。

 

f:id:omakase_factory:20131225142331j:plain

神具って不思議な面があって、揃えるときには一気に揃えて、取り替えるときには丸ごと取り替えることが少ない。

不幸があったとか、何か下げ要因が起きたときには縁起を担いで丸ごと全て取り替えてしまうこともあるけど、普通はそれぞれのものを交換していく。

ただ、同じ種類のものをまとめて交換することが多い。

例えば、セトモノ類、、、これなんかまとめてセットで交換することがほとんど。

木製神具の中では折敷とかね、何個も使うことがあるんだけど、木が古くなって変色するから、取り替えるときには全部取り替えて、色がチグハグにならにようにする。

 

 

【神具】出雲神殿三社(金具)(中)(神棚)

---詳しい紹介---
外寸

高さ39cm 幅65cm 奥22cm

内寸(本社)

高さ32cm 幅39cm 奥4cm

高さ27cm 奥4cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

 

 

この神棚の特徴的な部分として、高さ寸法がやや低めってことです。

見てわかる通り横長に感じるはず。

神殿比率に近い神棚。

 

定番の三社 屋根違い三社 出雲神殿 金具 中型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05105596217919.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。