神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

和紙を格子に貼ることもある 薄型の箱宮神殿三社

和紙を格子に貼ることもある 薄型の箱宮神殿三社

神棚に和紙を貼るっていうのは、こういう格子戸じゃないとできない。

いや、格子戸の神棚そのものが少ないということなんだけど、自分流にアレンジできるのであれば、いろいろな工夫を凝らしてみるのも策のひとつだね。

うちのスタッフは手先が器用な人ばかりで、工具類なども一通り揃っているから、神棚をさらに加工して祭っている人もいる。

 

DIYのような感じで一から作り上げていく人もいるでしょうけど、加工DIYとでも言うんだろうか、ベースとなる宮形は手に入れてしまってから手を加えていく方が失敗も無駄もないような気がする。

加工と言っても様々で、例えばこの薄型三社などは手を加えやすい。

格子戸に和紙を貼ったり、裏面側面に穴を開けたりして配線を通すこともできる。

電灯だね、電気を点けたいという人もいる。

このぐらいの作業であれば、ドライバーなどの工具を触った人であれば日曜大工の延長線で難なくできると思う。

 

ただ、もっと薄くしたいっていう人もいるはず。

この場合には側面からスパッと切断してしまうんだけど、背板は活かして最後に当てておく。

この作業になってくるとちと難しいかな、直線取りがね、日曜大工の延長線でできるかもしれないけど、工具を選ばないと失敗する。

でもな~工具がないから工具を買ってからやるような事をすると、工具代とかね、結構かかるからさ、やはりDIYも道具がないとしたくてもできないってことがある。

 

この薄型三社も神棚箱宮として考えると相当薄いんです。

しかし、神札だけをいれるのであれば4cm5cmぐらい薄くしても入る。

まぁ、祭る場所次第で大きさや厚みの要望が違うもんだ。

 

それと神棚の加工のひとつに塗装があるんだけどね、朱色にする人が若干いる。

そのとき粘度が高い塗料を使うことになるんだろうけど、塗装にはテクニックが必要です、思いの外、難しい。

プロが作ったものをはじめから買った方がいいと思う。

 

 

f:id:omakase_factory:20160219095946j:plain

 

【神具】白雲箱宮三社 薄型(神棚)

---詳しい紹介---
外寸

高さ33cm 幅58cm 奥12cm

内寸(本社)

高さ30cm 幅53cm 奥5cm

奥行き9cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
木札であれば25センチぐらいまでの高さの御札を入れられます。

現代住宅に合わせた薄型の箱宮になります。

置いて祭るための神棚ですが吊金具を別途付けて壁掛けにすることも可能。
「吊り金具必要」を選択された場合には、壁に取り付けるためのネジなどを2本ご用意ください。

 

 


www.youtube.com

 

和紙を格子に貼ることもある 薄型の箱宮神殿三社

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana14005596217910.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。