神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

箱詰めで隙間を埋める緩衝材

箱詰めで隙間を埋める緩衝材

荷物を宅配便で出さないといけないとき、業者であれば必要な梱包材は常に用意をしているから何の事はないけど、いざ、急に個人で出荷をしなきゃいけないときちょっと困ることがあると思う。

箱はなんとかなる・・・空き箱を利用してね、大きくても小さくしてなんとかなる。

包むもの・・・まぁこれも新聞紙でもいいだろう。

でも、新聞紙を使うすぎれば箱も大きくなってしまう、そうなってくると宅配便の運賃も上がってしまう。

 

小さく、軽く・・・壊れずに・・・がテーマかもしれない。

そこで緩衝材の登場ということになる。

あれば何かと便利な梱包材のご紹介です。

 

プロが梱包するものと、素人が梱包するものって振るとよくわかるね。

プロ梱包は振っても音がしない。

ガッチガッチでもなく、無駄に梱包材を使うわけでもなく、要所要所がしっかり止まっているから、上手な梱包をじっくり見ると学ぶべきところがたくさんある。

詰め込めばいいってもんでもないし、梱包して出荷をしても届いた時には壊れていたんではしょうがない、やはり慣れだね。

 

隙間は出来る限り埋めたほうがいいよ。

この衝撃緩衝材を袋を破ってパラパラ落として隙間を埋めておくと壊れづらい。

袋ごと使ってもいいんだけど、それだと消費も早いから隙間を作らないような梱包をして、最後の決め手でパラパラ埋めておくといいでしょう。

チビチビ使うというイメージだね。

 

f:id:omakase_factory:20151227100944j:plain

 

この袋が50袋が最少単位なんだけど、かなり役立つ梱包材だと思う。

 

箱詰めで隙間を埋める緩衝材

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/packing032.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。