神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

囲炉裏のある部屋に上敷ござを敷く

囲炉裏のある部屋に上敷ござを敷く

懐古主義とまではいかなくても昔の生活様式に憧れて、それを実行できる人であれば古民家などを買い取って生活をするんだろうけど、そうそうできる話でもないわけだ。

浴衣や甚平を家の中では着ている人もいるでしょう、外に出かけるときには着流しでキメている人もいることでしょうけど、全体からすれば僅かなもの、お祭りの時だけだということもある。

 

和風建築になるとお金がかかる時代だな、内装だけなら物を買ってきたり作ったりすればなんとかなるけど、外装となると話は別。

ならば、内装の主要な道具についてはどうだろう?

例えば、囲炉裏。

こんなものを今時の家庭で作ってしまうと、どこに寝ればいいんだと言いかねられない。

ところが、簡易囲炉裏というものがあるらしい、冬になると出してきて一時的に使って、しかも小型で小さい、でもちょっと本格的なものに比べてしまうと安っぽい。

そりゃそうだ、それほど高いものでもない、道楽遊びの延長線にあるような囲炉裏キットを使っている人がいる。

 

囲炉裏を置くのは和室ね、フローリングの上にはまず置かない。

和室というのは畳なわけだけど、これが囲炉裏の周囲を汚してしまう、焦がしてしまうということがある。

そこで上敷でも敷いてみようかとなるわけだけど、これが繰り抜きできない。

被せるように敷きたいけど敷けないから、1畳を4枚使って固めるように敷くことになるが、実に変な敷物になってしまう。

 

ところがどっこい、繰り抜きできる上敷ござというものがある。

い草の質が良い、織り方も固い。

「自由に切れる上敷き」がオススメ、切れる上敷です。

 

f:id:omakase_factory:20140314180909j:plain

囲炉裏の周囲に絨毯カーペットを敷いてしまったのでは残念な結果になる。

せっかくのこわだりも水の泡。

だいたい、こだわる人の部屋はせめてその空間だけには異物を置きたくないという性分がメラメラとわいてくるもの、異なる国の産物を所狭しと配置して楽しむという嗜好性もあるんだけど、統一性の美の美しさにはかなわない。

 

囲炉裏の周囲に座ってみて、上を見上げると石膏ボードでは雰囲気が出てこないから、板を買ってきて天井板に取り替えたという人もいる。

となると壁は一体どうなんだ?と聞けば、じゅらく壁にし直したという、まぁこれは塗れば済む。

灯り取りは?・・・手頃な行灯を探してきた・・・いろり鍋引っ掛けたくなるよね?・・・自在鉤も買った・・・魚付きか?・・・鮭にした・・・換気扇は付けておけよ・・・木のカバーで目隠しOK・・・ここまするなら大工に囲炉裏を作ってもらったほうが・・・それを言うな、予算がない・・・。

 

低予算で試行錯誤しているときが後になると楽しいのかもしれない・・・・。

 

繰り抜き加工ができる唯一の上敷ござ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

興味のある方は是非ご覧ください。