神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

平均的サイズの神棚で構成した初めての神棚セット

平均的サイズの神棚で構成した初めての神棚セット

 

慣れてくるといい物が欲しくなると思います、身の回りのものってそういうもんだと思うし、神棚も例外ではなく、いろいろ知ってくればもっともっとという気持ちがわいてくる。

ただ、それは慣れてきて、あれこれ知ってきてから考えてもいいこと。

まずは気軽に手軽に神棚を祭ってみたいという人向けの神棚セットがこれ。

 

大きいとか小さいとか寸法のあるものだから、必ず生まれるサイズ。

そのサイズで平均的な大きさの神棚としてセットを組んであるから、もう何を選んでいいのやらという場合にはこれを選んでみてはどうでしょう。

 

細かい事を言い出すと前に進めず、何も決められずってことで終わってしまう。

個人差があるものでセットもどうんなもんかな?と思う面もあるんだけど、これぐらいの神具の量でいいんじゃないのかな、、、という組み合わせ。

 

いやいや、バカ言っちゃいけないよ、、全然足りない、かがり火も欲しいし、灯籠も・・・という場合には別途求めて下さい。

 

それと、只今、木彫り雲「桧」の無料サービス期間中です。

 

f:id:omakase_factory:20141208205737j:plain

この画像のように配置した場合、金幣芯はどこへ置くべきか?

金幣芯を初めて置いてみる人には参考になると思うんだけど、神鏡は扉前に置いてあるわけだから、かわらけの間かな。

かわらけっていうのは塩と米を入れる平べったい器のこと。

この器の間などが良いと思うんだけど、どうだろう。

 

神鏡と金幣芯の合わせ配置もいいんだけど、それはもう少し大きな神棚のときかなぁ~と思ってみたりもする。

 

金幣芯を置くなら神鏡を一番前に持ってきて、神鏡の場所に金幣芯を置こうかなぁと思ってみたり。

 

豆八足台にはこの画像では酒・水・酒の順に乗せてあるけど、水・塩・米でもいい。

絶対という配置はない。

水入れのことを水玉と呼ぶんだけど、蓋をひっくり返す人もいる。

いろいろだね。

何か強制されるような考え方はいらないから、自由に配置してみるといいでしょう。

こうしなければならないっていうのは、本職の人達の伝統の場合ぐらい。

一般の人にはかなり柔軟に配置しているようだ。

 

 

平均的サイズの神棚で構成した初めての神棚セット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana14005596217914.html


神棚 招福屋根違い三社12点神棚セット 中 外寸高さ40cm 幅60cm :kamidana14005596217914:おまかせ工房 - Yahoo!ショッピング - ネットで通販、オンラインショッピング

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。