神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

座らないと靴を脱げない履けないときとても便利なマット

滑りづらい玄関マットに最適 痛くない 靴を履くのに座ると聞くと、一体何のことだ?となると思うけど、座らないと履けない脱げないという人たちがいるんだ。 ただいまぁ~ と勢い良く玄関に突入して、靴など散らかしながら入ってくる元気な子供もいれば、ど…

6月は祓い時 半分経過で気を引き締めてみよう

木製人形代と御札社本一社 なんだかもう6月です、いや、まだ6月と考えるのかは人それぞれ。 あらよっという間に6月30日がやってきて、これは一年の中間点だね、だから全国各地の神社では祓いを行うところが多くて、ついでに境内でお祭りをして賑わう地域も…

神前幕は陣幕が由来で区分けや結界作りに最適

暖簾のように使えばいいと思う 神前幕を掛けたことがある人ならわかると思うけど、初めて掛けた時って大きく目に飛び込んでくると思う、でも、翌日には飛び込んでこなくなる。 目立たないんだよね、隠れてしまうというか、色合いがそのように感じさせるのか…

垢抜けた雰囲気がでる神殿ケース用のすだれ

洋間に置く時にはよく付け加える箱宮用のすだれ 和室だの洋室だのという区分けはないんだけど、洋室に神棚を置くときにその部屋のインテリアに馴染ませたいとき御簾を使うことがある。 明るくなるというか垢抜けるというか、まぁ、そんな雰囲気を醸し出すは…

言葉と形に示す願いもある 神鏡の種類 雲水彫神鏡セット

良い陶器 良い神鏡 良い雲板のセット 雲水彫神鏡って人気がある神鏡で、形的なこともあるんだろうけど、雲水の意味を知ってくると置いてみるかなとなる。 雲水って、終わりがない、みたいな意味合いで使うことがあって、修行もそのひとつなんだろうし、終わ…

生きている間に一回あるかないか 鎮物を埋めておこう

土地の上に建てたとき埋めておきます 普通は建てる前の更地のときに埋めておくものなんだけど、後からでも気がつけば埋めておくことがあるあし、中古物件や集合住宅などの場合でも個人的に埋めておく人もいるよね。 住居以外の目的の場所でも埋める、貸ビル…

日曜日の手仕事 大きかったい草カーペットのサイズを変える

ハサミがあればすぐできる い草上敷きの寸法直し 昔は夜にハサミを使うななどと言ったそうなんだけど、行灯などの小さな明かりしかないような時代の話、今では夜だろうが関係ないかもしれない。 しかし、時間が迫っているときの作業は失敗率が経験的にも高い…

上敷きのサイズオーダーで角落としのとき

手書きで十分なので位置がわかるようにしてください い草上敷きござのサイズオーダーのとき、長方形や正方形であれば「幅と長さ」だけでわかりますね、その寸法を記載しておいてくれれば問題なし。 ところが、角を落として製作するときもある、柱や家具など…

ひとつの空間を創るなら御簾は絶好のアイテム

押入れ、床の間、天袋などに掛ける人たちが増えてます 空間創りとでもいうのかな、どんな場所でもそれ相当の雰囲気が備わっていないと違和感を感じてしまうことがあると思うけど、外装も内装も適材適所ですね。 すだれって目立たせることもできるし隠すこと…

幕板なしなら高さ調節可能 簡易タイプの棚板セット 雲付き

普通の棚板で十分ならこの棚板セットで十分 こういう簡易タイプの神棚棚板の利点というのは、引き出しがあるってことかもしれない。 神棚も余り窮屈な場所に祭るより屋根の上が少しはあいているほうが良い感じをうけるんだけど、それでももう少し上に持ち上…

綺麗な神棚 尾州桧の一社 中神明一社神殿

扉御簾を付ける人が多いので専用品を用意しています 神明シリーズは中神明、大神明、大々神明と名称で分けてあるんだけどサイズ違いです、同じシリーズなので品質なども同じ。 同様に神宮シリーズも大神宮、大々神宮と区分けして、宮シリーズは小宮、中宮と…

魂は桧に宿る 特上御霊舎(みたまや)の魅力

塗装をしないから御霊舎になる どうして神道のものは塗装をしたものが少ないのか?ということを聞かれたことがあって、一部の朱色という場合を除いてとても少ないよね。 大昔から塗装の技術が無かったわけではなくて、桧っていうものに宿ると言われているせ…

ガラスケースに神棚を入れる 新しいときなら早めに入れておく

組み合わせとしては最高のバランス 弥栄シリーズの中型三社とそれ用のガラスケースは組み合わせとしてはベストバランスになるようにしてある。 元々が専用品として作っているケースだから合わないわけがないんだけど、大きさが合えばいろいろなものを納める…

使うなら業務用 神社や寺院で使うおみくじ箱

業務で使うから店舗向け 見方を変えた使い方 全国的に町や街や商店街のイベントにハリがなくなってしまって、同じことの繰り返しで、いつまで同じことをやってんだ?と声を上げても、決める側が昔の栄光や賑わいを忘れられないせいで一向に変化がない。 同じ…

竜彫神鏡を使った神棚神具セット 神鏡部分を目立たせる

竜彫2寸なら扉前でも階段前でも合う おそらくこのサイズの神具セットを探している場合には、神棚も中型以上ということはないと思う、三社であれば小型神殿、もしくは一社かな。 セトモノセットを極小サイズにしているから、神鏡も1.5寸あたりを付けたいとこ…

板の上にゴザを敷く 上敷き鋲を使うこともある

コツは小さな穴を空けてから刺す 板と一言でいってみてもいろいろな板があるんだけど、リビングなどのフローリングであれば「自由に切れる上敷き」で決まり、これは実に便利ない草カーペットになると思う。 上敷きを敷く場所で「板」のところはさらに外廊下…

ありきたりからの脱却 退屈からの逃避 座敷すだれのある日常

住宅の中にある金具に目を付けたらハマる 自分で何かを作らないといけない環境だと、細かいことまで決める必要がでてきて、経験不足なのにやろうとすると頭が痛くなるはず。 与えられた環境にいると他人が決めた住環境、空間などの中にいるもんで、細部に目…

上品シリーズで揃えた極小神具一式セット 雲水彫神鏡編

箱宮でも使われる小さな神具のフルセット 神具というのは仏具に比べると種類が圧倒的に少なくて、宗派だのなんだのって少しは神具にも違いがあるんだけど、おおむね神道の場合には気軽に受け入れてあまり細かいことを言わないで受け入れる。 日本人そのもの…

大きな一社の神棚 選ぶならこういうものがいいでしょう

同じシリーズだから横並べしても綺麗です 神棚というのものは一台の場合がほとんどで、数台祭っていることは少ないと思う。 そのため作る側も統一性を考えないで、木目がバラバラの板目の部分で作ることが多くて、まぁ、それは安くできるということもあって…

折り曲げるなら切っておく 長持ちさせる上敷きの敷き方

上敷きの寸法直しはできる 家でできる 簡単ね ゴザは切っておくことができることを知らなければそのまま敷いておけばいいんだけど、切れることを知ったらやっておくといい。 画像のような状態で敷いている家庭は相当数いると思うんだ。 長いから折り曲げて、…

見られていると思ったら炭すだれ 垣間見・覗き対策

気になるなら自衛策をとるのも方法のひとつだね 物事っていうのダメだヤルなと言われるほどしたくなることがあるわけで、大人になればそういう気持ちも消えるけど、消えない人もいるもんだ。 昔、心理実験で赤いボタンだけある白い部屋に入れて、ベッドも白…

破魔矢の二本掛け 壁に綺麗に飾る方法

神前のみならず普通の壁でも最適な破魔矢掛け二段式 チグハグさがなくてカッコイイと言われたことがあったけど、シリーズで作ると統一性の美が加わるもんで、狭い神前周りでも「掛け」と「置き」を同時にやっている人もいたっけな。 今回、紹介したいのは「…

明るい神棚で祭ってみよう 壁掛け可能な箱宮神殿

海外発送はしていません、国内発送のみ対応です 先日、海外から注文があって断ったんだけど、おまかせ工房では海外発送は現在していません、まぁ、出荷自体はそう難しい話ではないけどね、でもやってない。 このガラス箱宮が気に入ってくれたようなんだけど…

部屋の広さ合わせて自分で切ることができるイグサ上敷き

江戸間・本間を基準に変形させることができる上敷きござ 自由に切れる上敷きでサイズオーダーは可能か?と聞かれたことがあって、サイズオーダーはその場でチョキチョキ切って合わせるものだから、基本的にこちらの商品は各人でやってもらう商品になります。…

小型祭壇として定評のある特上祭壇宮スプルース製

扉は二種類 ガラス戸・板戸で作れます スプルースというのは一般に北米産の桧のことを指していて、国産桧と区別するために現地の言葉を使うわけだ、スプルース、スプルスなんて言葉ね。 国産桧と北米産桧を比較すると、北米産桧の方が白いですね、国産桧は黄…

何かと便利な豆八足台 彩り豊かな真榊

神具にしてみれば珍しい組み合わせでしょ? 真榊と豆八足台は両方持っていることがありますね、同時に揃えておくことがあるんだけど、豆八足台だけってことも少なくて、真榊だけってことも少なくて、両方必要なのか?と聞かれれば決してそういうものでもなく…

和室でも洋室でも雰囲気を一変させる伝統のすだれ 座敷すだれ

洋間でも使うことがある座敷すだれの魅力 御殿すだれとも言うかな、他にも呼び名があって地域ごと違う言葉になっているかもしれないんだけど、一般的には「お座敷すだれ」と言われるものね。 おまかせ工房ではいくつか種類の違う御簾を作っていて、これは神…

神前ならいつかは木製灯篭を置いてみよう

神棚、神道祭壇、祖霊舎で使う本格的木製灯篭 素材が違ったり切り方が違ったりしていろいろあるようですね、おまかせ工房の灯篭はこのシリーズのみです。 プラスティックの灯篭を置いている人もいつかは木製灯篭にしたいと思うけど、価格の差があるからそう…

千客万来 熱烈歓迎 おみくじで店の印象付けをしてみよう

引きたがるからやってみるといいでしょう ちょうどこの時期は神社に観光客が多いもんで突発的におみくじ紙の出荷があるんだけど、女の人はこういう企画が大好きみたいね。 子供からして引きたがるし、書いてある内容がいまひとつわからないときには親に聞い…

天井に一枚貼っておいてもいいだろう 木彫り雲「桧」

神仏の上は広がっている方がいいでしょう 通販ではいろいろな雲が販売されているから気に入ったものを選んで貼ってみるといいでしょう、素材いろいろ、生産国いろいろ、文字いろいろ、とまぁたくさんの種類がでてきましたね。 雲と盛塩はネット通販で買った…

イライラしてきたら香りのあるイグサがオススメ

そうだ いぐさを敷いてみよう イライラとムカムカはちと違うと思う、い草の香りはアロマテラピー効果があるからイライラには効くかもしれないけど、ムカムカには効かないように思う。 ムカムカに効く特効薬は何でしょうね、笑いかな。 だったら笑いに香りが…

寄り添い置きとでも言うのか?破魔矢の並べ置き

神前破魔矢差し 近づけて置いても邪魔なし おまかせ工房の破魔矢シリーズで二本置き、二本掛けというものが今春から登場しているんだけど、破魔矢差しだけがどうしても二本差しの製作に二の足を踏んでいる。 並べるってことは位置が決まる、つまり間隔が決ま…

省スペースでそれらしく祀る 御札舎本一社

小さいながらも素材良し だから見栄えも良し 柾目だの板目だのっていう言葉は聞いたことがあると思うけど、木材というのは丸太のどの部分をどのように切り出すかによって価格が違うし、使うべき場所の用途によっても切り出し方があるんだよね。 家具で使う材…

神棚設置台として家庭での利用も増えてきた 八足台・八脚案

作るなら本物がいいと思う 八足台の魅力 八足台も八脚案も同じことで言い方が何種類があるだけの話、単に「案」という言い方をする人もいるんだ、あ、案というのは机ということね。 自作工作の最終駅、到達点に位置しているのかもしれないけど、まぁ自作は無…

破魔矢を飾ろう 見栄え良く飾ろう

置いたり掛けたり立たせたり 破魔矢置き 連休に入った人もいることでしょう、まとまった休日は体に悪いという人もいたな、まぁ、生活の仕方は人それぞれだ、山が近ければ山菜採りなどオススメなんだけどね。 ワラビなんかちょうどいい時期、それとタケノコか…

榊立てに木製カバーをつけてみよう 木製花台

榊立ては木製花台に付属しています どうして榊立てにカバーをするのだろうか?と思う人もいるかもしれないんだけど、神道ではよくあることで、神道祭壇では当たり前のようにこれを使う。 神棚の場合には神道祭壇に比べると普及率はまだまだ低いはず、だから…

い草上敷きの寸法をじっくり直してみる ござの寸法直し

片側切りもあれば両端切りもあり 自分でどちらもできます 左右から切り落としておくほうが見栄えが良いこともあるので、その辺はその場その場の判断になると思う、作業量も二倍になるけど然程大変なことじゃない。 上敷きっていうのは最後に「鋲」を打ち込む…

木製台軸仕様の真榊 三種の神器を置いてみよう

さりげない神具 神前に彩りを加えるカラフルな神具 真榊は語りだすとかなり長い、そして深い、それゆえ面白いかもしれない。 神具としての歴史は浅い方だと思う、と言っても一世紀以上経つけどね、普通は2尺5寸~7尺5寸ほどの五色絹の長さ寸法があるのね。 …

恵比寿大黒を祀りたいとき使われる神棚

七福に限らず物体になった神体を祀る時に使うことが多い 大黒宮と銘打っているけど戎宮(恵比寿宮)とも言えて、七福神を祭るとき使う神棚としてこの形状が多く使われるんだけど、これはかなり良い部類の神棚かな、画像だけでも判断できると思う。 七福神の…

取り付け簡単 神棚の扉にスダレをつけてみよう

扉御簾は神棚の扉の裏側につけます サイズが合わないようであれば希望の寸法でも作っていますが、3サイズは事前に用意をしていてほとんどこのサイズで合うと思う。 こういうものはサイズオーダーで作ると割高に感じてしまうかもしれないな、3サイズの中で…

定番三社と神殿ケース 中型サイズでまとめる箱宮仕様

かなり大きな箱宮神殿の仕上がります 新しいうちにするんでしょうけど、古い神棚を入れ物に納めるようなことはしないと思う、そのため神棚と神殿ケースを一緒に買っていくことが多い。 専用品の魅力があるし統一感も良い感じに仕上がると思う。 小型向けガラ…

タイルカーペットの上で使える敷物 座談会・集会に最適

座って話せば伝わることもあるさ 上から目線だとか上座下座だとか位置の重要性はその時々の権威を如実に表すことがあって、壇上があればそこの上から見る光景と観衆からみた光景は全く違って見えている。 会社のフロアも近年では様変わりしてきたところもあ…

昼間の覗き見対策に効果的 炭すだれ

こっちから見えるなら向こうからも見られるわけだ 五分五分の勝負というのは両成敗みたいなもんで、まるで目には目を歯には歯をの世界で良い感じなのかもしれないけど、時と事情に影響される。 開放感があって良いね、見晴らしが素晴らしい・・・文句なしだ…

簡易版の鎮物 必要最低限のセット

一緒に埋めておくものがなければこれで十分です 普通は一個あれば事がたりる鎮め物ですけど、何個も必要になる、違う場所だから埋めておきたいって人もいて、そうなるとその都度その都度一緒に埋めておくものがないから箱など不要になるわけでして、要するに…

箱宮だからできる 何を祀ってもそれらしく見える

自由奔放規制なし やりたいことをやってみよう 人と話をしていると、やたらと規制が多い世の中だ、というような事をよく耳にするようになったんだけど、日本国内だけじゃないと思うが窮屈になったということなんだろう。 家の中はさらに窮屈だ、、、なんて考…

八足台を持っていると置きたくなる 神道向けの金幣芯

普通は家紋を入れて置いておきます 大型金幣芯 二段式、三段式の八足台が手元にあると金幣芯と神鏡は大きなものを置きたくなりますね、まぁ、大きなものじゃないと納まりが悪いということもあるかもしれない。 金幣芯も神棚で使う場合には一尺サイズはとても…

好みとサイズが合えば選んでみるのもいいと思う 上敷きござ

大きさ、品質、縁の種類は選べないから価格面でお買い得 おまかせ工房の旅館向け上敷きになります、量産しなければならないので織り機にセット済みという手間のかからない状態で少しコスト面でも抑えています。 縁の種類は一種類のみです、この縁が気にいっ…

自作マニアでも作れまい 座敷すだれの金具

特殊な金具は修理や交換として利用する人たちがいます 自分で何から何までやってみないと気が済まないこともあるだろうけど、その筋の人生を歩んでいるプロと太刀打ちするのは野暮ってもんです。 心構えで勝っていても環境で負ける、物作りの世界なら道具や…

使うなら良い神具を使おう 三宝・遠山三宝・折敷の世界

似たり寄ったりということはないです 物の良し悪しは歴然 おそらく神具の業界で一番激戦となる分野が三宝類の木製品ではないだろうか、そのためいい加減なものが多数あって、まぁ安いです。 どこの国でも作れてしまうもんだから、なんだか年々どうしょうもな…

神前幕はゆったり掛ける ピンピンに張らない

両脇が垂直になるように掛けてみよう 神前幕をキッチリ寸法で張ってしまうと両脇が斜めになってしまう、言い方を変えると両サイドの下の角が内側に入り込むから左右が垂直にならないで斜めになる。 中央に紐を掛けて持ち上げるわけだからそうなるわけだ。 た…