神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

新春に鎮物を埋めてみよう 良い節目の日にやってみよう

鎮物は節目の日、記念日などに埋めておくと忘れないと思う 適当な日より節目の日、ともかく忘れがちな記念日というものがあって、自分の事以外はみんな忘れてしまう忙しい世の中で、あの日この日と覚えていられるわけじゃない。 自分の事でも何をいつやった…

神鏡サイズを2寸にした大型のガラス箱宮神殿三社の祭り例

空きすぎず狭すぎず 神具を綺麗に魅せる祭り例 箱型の神棚の場合には神具についてはワンサイズ小さなものを使ったほうが綺麗に祭れると思うんだけど、セトモノセットを基準に考えるととても簡単です。 今回は「セトモノセットB小」という小型サイズ向けの新…

神前破魔矢立て 神前破魔矢差し 置き方の違い

破魔矢を「立てかけるの」と「差す」との違い 二枚の画像を見比べれば全く違う置き方であることはこれで一目瞭然だと思う、でも似ているよね、でも違うよね。 神前破魔矢立てにも差しにも特性というものがあって、どんな破魔矢でも対応できるわけじゃないの…

頭上の蓋は目の上のたんこぶより嫌なもの 雲を天井に貼っておこう

空は開けているほうが爽快感が違う 木彫り雲 ヒノキ製 気になることの比喩表現で目の上のたんこぶがあると思うけど、頭上の蓋になるともう行き止まり感が凄くて諦めムードになりがち、でも、実社会ではむしろ頭上の蓋のほうが多くて目の前に椅子に移るだけな…

い草上敷きの年内仕上がり、年内配達は15日の午前中の注文分まで

サイズオーダー、規格寸法、自由に切れる上敷き ちょうど来週で締め切りをするので直前告知のような内容です。 い草上敷きの年内仕上がりを希望する人たちが増える時期で、今年は15日の金曜日午前中までの注文で締め切ります、それ以降の注文については仕…

昇りつめる縁起物 竜と恵比寿大黒を祭ってみる

恵比寿様、大黒様を祀ることが多い二社の神棚の祭り例 二社の神棚というのは珍しくて世の中に数もあまりないんだけど、昔は二社神殿を作っていた時期もあって、しかし、一社か三社に集中するから自然と二社は作らなくなった経緯がある、唯一残ったのが大黒宮…

ずらりとお供え物を並べたいときもある 超大型の豆八足台の出番です

節目の時期に使うことが多い横長の豆八足台 正月、1日、15日、記念日など節目となるような日にお供えを増やすことがあって、そのときお盆でもいいんだけど、横並びにしたいってときがある。 細長いものをお供えするなら当然そういう形のものを使うんだろ…

注連縄を付けるなら幕板付きを選ぶこと 簡易タイプの棚板セット

重さもそれほどなく簡単に取り付けできる神棚の棚板組立セット しめ縄って数年前から軽いブームになっているようで、一昔前だとホームセンターで手に取っていた人たちが多いようなんだけど、嗜好性の強いもの、デザイン性のあるもの、それから地域で使われる…

神鏡と金幣芯 神社へ行ったら見てみよう そしてやってみよう

初詣の楽しみが増える 拝殿の祭り方 正月しか神社に行かない人たちがほとんどだと思うし、それすら行かないって人もいるぐらいだから本殿内部の神具の並へ方など興味がないかもしれないけど、ここはひとつ新しい興味を増やすつもりで内部を見渡してみるとい…

いつかは使ってみたい神棚と言われることがある鳳凰三社唐戸 専門店のお宮

神殿様式を再現した神棚 定番三社の鳳凰神殿 おまかせ工房の神棚にはいくつかのラインナップがあって、このぐらいの神棚になってくると神殿様式が随所にでてくるわけです、大きさから考えても作りやすい。 神殿建築などに詳しくないと説明をしてもピンとこな…

破魔矢を壁に掛けたいときに使う神前破魔矢掛け

軸を回転させると斜めでも飾れます おまかせ工房の破魔矢シリーズの中で壁に破魔矢を掛けたいときに使う神前破魔矢掛けというものがあるんだけど、水平だけじゃなくて斜め掛けもできる。 軸は接着していないから回転するんだけど、回転させるにはちと力がい…

一段上げる一段下げる 二台並べて二段式になる豆八足台セット

神具を惹きたてる神具 豆八足台の魅力 物事には目立ってはいけないけど隠れてもいけないという何とも言葉では言い表すことの出来ない絶妙な位置というものがあるよね、端に寄ることは簡単、大きく振れるのも簡単、でもその間のどこら辺がいいのか・・・まる…

大きな一社の神棚 大々神明一社 尾州桧

単体が主ですが三社の横に分社して使うこともあります 神棚をみると三社が多いんだけどこれにはそれなりのわけがあって、必然的に三社になっていることは持っている人たちなら自ずとわかる。 ならば一社って使うことのがあるのか?と聞かれれば、おそらく世…

新しい年末年始の店舗企画 引いて楽しいおみくじ企画

目の前にあると引きたくなる それがおみくじ 人というのは不思議なもので目の前にあると手が伸びるものがいろいろある、食品スーパーであれば試食もそんなもののひとつなんだろう。 行楽地などの立ち寄った土産店でもタッパに入ってあれこれサンプルを置いて…

品質アップで価格ダウンの特売品の上敷きござ

江戸間と本間のみ 縁の種類は一種類 サイズオーダー不可 昔、大きなことはできませんが小さなこともできません、と言い放った人がいたけど、そういう事って実社会では多数派だ、むしろ、正直者。 しかし、おまかせ工房は違う、どこが違うのかと言えば、でき…

御霊舎の祭り例 派手でもなく地味でもなく

御霊を祀り御霊舎を祭る 祀りと祭りの大きな違い シンプル志向が強いと物が身の回りから消えていくっていう話があって、それはシンプルとミニマムがかぶる部分があるからなんだろうけど、つまらないことに気づくときがいずれくる、やはり、適度に置いておき…

ガラス箱宮18号三社の祭り例 幅1尺8寸サイズの箱型神棚

気分を明るくしてくれる神棚にしてみよう 家の中に取り込んだもので失敗したものってあると思うんだけど、家具にしてもキッチン周りのグッズにしても、家電もそうかな、色目で失敗、サイズで失敗、出来栄えで失敗、使い勝手で失敗って具合に様々な失敗要因が…

想いを込める祭祀具 人へ向けた願掛けの決定版 木製人形代

人形代 (ひとかたしろ) へ想いを込める 願いっていうのは漠然としたものが多くて、こうなりたい、というものが目立つんだけど、まぁ、これは願いだからそうなることは否めないよね、しかし、人に対してはもう少し具体的なことがある。 さて、人形代をどうの…

小さな神棚は御守を入れておくこともあります

大小様々な御守のサイズに対応している小型の神棚 御守を持っている人も少なくなって、随分前だとランドセルにぶる下げていたりしていたもんなんだけどめっきり見なくなったな、あれ、子供の場合には鈴付きを選ぶんだけど、それは警告音というか居ることを知…

趣が変わる 開けても良し閉めても良し 箱宮と御簾の組み合わせ

御簾は内側に取り付けます 後付可能です 箱宮神殿は似たような形のものが世の中にいっぱいあって、どうしても廉価版が出回るのが世の常ですが、尾州檜バージョンが本流です。 その神棚には御簾がとても似合うんだけど、どんな風になるのか?という参考例。 …

ござを切りたいときに使う補修用ヘリテープ

サイズを変えたり周囲を整えたりできる専用品 部屋の入口なのに上敷きござを折り曲げて使っていると引っかかるから切ってしまいたいだろうけど、補修用のヘリテープがあれば整えることができる。 入り口ではなく部屋の壁側ならいいだろうと思ってもこれも切…

本物志向の神具 三宝・遠山三宝・折敷

そうだ 神具を取り替えてみよう JRのCMでもあるまいし「そうだ・・・」と思い立って行動するほどこういうものを探す人は腰が軽くないですよね、どちらかと言うと計画性があるというか、次の展開を考えつつ行動するというか、むしろ腰が重いほうかもしれない…

浴室が冷たくて困るとき 滑って困るとき使う業務用のバスマット

滑って打ち身が起きる前に使いたい ヒートショック対策にも効果的 一気に寒さ到来で予報通りの展開になってきたせいもあって灯油の給油をしている姿が目立つ、エアコンよりストーブのほうが暖かいよね。 最近の浴室はユニット式になっていることもあって、組…

巴紋仕様のガラス箱宮 天星1型三社 小型の祭り例

定番三社 小型箱宮の祭り例 シンプルな神棚 幅50cmほどの1尺6寸なので小型の箱宮神殿、その小型の箱宮でも祭り方次第で見栄え良く、明るく祭れます、、、という紹介。 神具は国産の方が良いと思うけど、まぁ、こういうことは予算があって行うことだと思うか…

土地の神様への貢物 鎮め奉るための埋納品 鎮物

もう自分でできる時代だから気になったら埋めておく 一昔前のようにどこで入手をしていいのかわからない時代ではないから、かなりレアな商品でも各人で入手が容易くなってきた。 鎮物も埋めて置きたいけど人に依頼してすると費用がなぁ~という話も聞くんだ…

破魔矢と金幣芯 邪気を打払い寄せ付けない 知ると置きたくなる

龍神破魔矢にも完全対応 檜製の破魔矢立て 流行のファッションや革新の早いスマートフォンと違って、神前の世界は時間が止まってしまっているように感じるかもしれないけど、それでも数年に一回ぐらいは意識が向いてくれると少し落ち着いて物事を考えるよう…

向こう側の窓からの視線が気にならないで生活ができる炭すだれ

チャコールブラインドは一年中使えるインテリアスダレ 炭の色をしたスダレということになるんだけど、イメージとしては細長い炭の棒を横並べしたような感じ、それもそのはず原料が炭で透明樹脂の中に混ぜてあるから炭の色なんだよね。 この炭の黒色が部屋の…

神殿ガラスケース 神棚を収めると大きな箱宮のようになります

神棚を入れておくなら早めに 神殿ケースを使うと明るくなります ガラス箱宮にすると部屋が明るくなったとよく耳にします、箱全体に光があたり内部にまで光が届くからなんだろうけど、部屋の中に明るいものがあると気分も良いかもしれないな。 木製灯篭を置き…

新しい香りで新年を迎えてみよう 上敷きの製作 サイズオーダー

例年、上敷きござは12月中旬で年内仕上がりは締め切りになります なにやら一気に寒の入りのニュースが流れたせいかもしれないけど、ちゃくちゃくと冬支度の準備でガソリンスタンドでは灯油を入れている人たちが目立っていたっけ。 年末年始もあと一ヶ月半、…

独特な雰囲気を醸し出す ケヤキの神棚の魅力

時間が経つとケヤキの良さが引き出されてきます 神棚の主流はヒノキなんだけど、これもいろいろなヒノキがあって、さらにどの部分で作るのかで価格も品質もまるで違ってくる、どの業界の商品でもそういうことはあるんだろう。 ヒノキではなくてケヤキを使っ…