神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

御札をシンプルに祀っておきたい 御札舎という地味な神棚

只今 天井に貼る「木彫り雲 桧製」の無料サービス期間中です

息の長い商品というのは総じてシンプルなものが多くて、それでも人はアップダウンを求めるから時には派手に、時には渋くというような変化があるもんなんだけど、結果としては地味な燻銀のような存在が飽きない。

おまかせ工房の神棚にしても神具にしてもどれもこれも地味、彫物ゴテゴテような神棚はない、これは昔からそうなっている。

 

御札を入れておく、御札だけを入れておくというものがある。

見た目シンプル、それ故、商業者の人たちもよく使ってくれる御札専用の神棚がある。

御札舎というもの。

シンプルだ、簡素だと言いながら、必要な部分をなくして端折ってばかりでも困る。

それ相当の素材を使って、目的をはっきりさせてあるから使い勝手もいい。

 

こういう神棚は店舗で使うことがある、実際、お店をやっている人たちが選んでいくことがあるからなんとなくわかる。

神棚とハッキリわかるものでは困るらしい。

言われてみれば不特定多数が出入りする場所ではそのほうがいいのかもしれない。

それとなく置いておく。

商売繁盛でいいんじゃないかな、身の振る舞い方もお客さんに伝わるはず。

 

f:id:omakase_factory:20191201070450j:plain

 

小さな神棚だけどそれとなく本格的な祭りぽっさというものも表現できる。

もっとも周囲に神具を置けば立派な神棚であることは一目瞭然だろう。

 

引き出しがついているものが中型サイズと大型サイズ。

その部分にはお水やみかんのような大きさのものであれば置ける、下の画像のように神具を置いてもいい。

 

さらに、壁掛けにしたい・・・という要望もあるから吊金具を取り付けておく無料サービスをしているので、重たいものではないからそのまま壁に取り付けておくことも可能。

「吊金具希望」を選んでくれればやっておきます。

この場合には三角カンのようなもので十分だから後からご自身で行うこともできると思うけどね。

 

 

f:id:omakase_factory:20191201072125j:plain

 

御札舎本一社 小型サイズ 尾州

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05420559621791.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

「自由に切れる上敷き」は切りたい場所が多いときにはこの上ない便利なゴザ

唯一、縦横+「斜め」に切れる上敷き フローリングの上でもOK

上敷きござを部屋にピッタリに敷きたいときサイズオーダーで作っておくのが最も綺麗に使えると思うけど、採寸をしないと作れないのは誰でもわかる。

折り曲げてしまうのはとても残念な敷き方で四隅に縁があるから綺麗に見える。

だから、切って補修用ヘリテープを付けておくわけなんだけど、この「自由に切れる上敷き」はカットをすることを前提に作る特殊な上敷き。

 

この「自由に切れる上敷き」は普通の上敷きではありません。

だから、両面使えない、表面だけ。

普通の上敷きは両面使える、だから、定期的に裏返して使ったり、表側にシミや汚れがついたとき裏面に切り替えたりもするけど、自由に切れる上敷きは裏面に加工をしているので表側だけ使う。

切ることを前提に作っているのが「自由に切れる上敷き」というもの。

そして、その加工をしていることでフローリングでも敷けるこれまた唯一のゴザということにもなる。

切って使う場合には「補修用ヘリテープNo.1」を必ず切り口に貼っておいてください、上敷き鋲は必要十分な数を無料でつけておきます。

 

「斜め」に切るところが含まれている場合には「自由に切れる上敷き」しかない。

普通の上敷きは縦横には切れるけど「斜め切り」は絶対にしてはいけない。 

 

f:id:omakase_factory:20191130071626j:plain

 

サイズオーダーでゴザを作る場合、角落とし程度であればこちらでもできるので、そのときにはその場所の位置がわかるような図をお願いしているけど、あちらこちらも加工しなければならないようなときには「自由に切れる上敷き」を使ったほうがいいと思う。

 

上の図のような部屋って意外とある。

タンスなどの手前で切ってしまいたいときがある、特に近年は高齢者世帯も増えてきて、家具の移動もしんどくなってきているので、そういう物は動かさないでゴザを敷きたいときだよね。

さらに「採寸」ができない場合には、敷いてあてがってその場所を切る、という行為のほうが上手にいくこともあるでしょう。

 

採寸しないと言っても、部屋の間取りが「江戸間」か「本間」がはしっかり把握をしておかないといけません。

この自由に切れる上敷きは「江戸間」「本間」のどちらかで作ります。

あとはその場の部屋の大きさに変えていくという上敷き。

 

 

自由に切れる上敷き 江戸間6畳

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-005a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

補修用ヘリテープNo.1 自由に切れる上敷きで使う縁

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/heri-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

簡易タイプの神棚設置台 棚板セットは日曜大工で取り付けできます

こういうのでいいんだよ 仰々しくない神棚の置き場所

重厚な棚板というものがある一方で簡素な棚板もあって、いろいろなものがありすぎて何を選んで良いのかわからなくなってしまったときには、この棚板セットがおすすめ。

おそらく、棚板に猛烈なこだわりがあるわけでもなく、だからと言って板一枚というのも避けたくて、取り付けが難しかったりあれこれ工具が必要になったりすると自分ではできなくて・・・というときかな。

昔から販売しているからどこかで見かけたこともあるかと思う。

組み立ては説明不要だと思うけど、手慣れた人にやってもらってね。

簡単だ! 簡単だ! 手間がいらないんだ! と叫んでみても、いい加減な取り付けをしたら落ちます。

 

幕板・・・上部に取り付ける板

これは神前幕、注連縄などを掛ける場所として使うから、少なくてもこの2種類のどちらかを使う場合には必須だと思っていて。

この幕板がないと天井にピン留めをすることになって、なんだかなぁ~、という仕上がりになってしまう。

それと雲をイメージしている。

大きな棚板や高額な棚板になってくると造形が入ったりする部分です。

 

膳引き・・・引き出しのこと。

お供えが増えてしまうかもしれない、置き場所が足りないかもしれない、という場合には膳引き付きを選んでおいてもいいでしょう。

ただ、神棚の下側に八足台(八脚案)など本格的なものをお供え台として置いてあることも多くて、そのような場合には膳引きはいらない、八足台の方に置けばいい。

あくまでも臨時的な使い方がいいように思う。

常時お供え物を置いておくこともできるけど、だったら引き出しスタイルではなくて一枚板などで作ってしまえばいいことだと考えているから、やはり臨時の置き場所ということになるかもしれないな。

 

f:id:omakase_factory:20130202195546j:plain

 

金槌(トンカチ)があれば組み立て設置は完了します。

釘などは入れてある。

日曜大工のようなことをやったことがある、こういう取り付け作業はお手の物、家の中のものはみんな自分で取り付けたんだ・・・このぐらい自信がないと自分でするのは止めたほうがいい。

 

石膏ボードに釘を打って、、、裏側の木枠に刺さっていない、、、こういうレベルだったら即中止。

これは一度そういう作業をしたことがあれば「当たり前」ということ。

空中アンカーのようなものを使うまでもないので、しっかり壁の裏側に縦横に走っている格子に当ててください。

 

 

幕板付き 膳引き付き 簡易タイプの棚板セット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00005596217916.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。