神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

薄型仕様で三社の神棚 一社の三社版とも言えます 出神殿三社 尾州桧

一社のスタイルと三社の要素を組み合わせた薄型三社の神棚

三社の神棚というのは大きさ的に高欄があって階段があってと神殿様式に近づくように作ることができるから見応えもあると思うけど、一社の神棚になるとかなり大きな一社神殿しかそのような仕様で作ることができませんね。

しかし、三社のような屋根を含ませつつ一社の三社版のようなスタイルを保つと薄型三社神殿が完成するんだ。

左右に破風があるから火の神様を入れることも多いんだよ、破風っていうのは左右にある板のこと、これ、風よけでもあるけど火災のとき役立つのね、現代住宅でも破風は何箇所もあるから調べてみると面白いよ。

屋根の下とかね、家の横、玄関前・・・この板は何よ?と気づいたとき知ってもいいかもしれないな。

 

薄いといろいろ置けないね、、、ってことはないから、神鏡や金幣芯などは境内の上に置ける、そして、お供えが多い人などは手前を空けていきたいから薄型を探していることもある、空間作りだね。

ときには裏側に吊り下げ金具を取り付けて、このまま掛けてしまう人もいたな。

ちょっと手を加えればいろいろな祭り方ができるはず。

 

もし棚板などがなく出神殿三社だけ置いてあり注連縄を付けたいっていう場合には、屋根の下に小さな注連縄をつけるといいんだけど、小さなクギを少しだけ出してそこへ注連縄を引っ掛けるようにする、注連縄の長さは屋根幅を超えないようにする。

箱宮神殿ではよくある形ね、箱宮の場合には内部の神殿に取り付けることが多いんだ。

 

f:id:omakase_factory:20180911062626j:plain

 

【神具】 出神殿三社 小型 神棚

---詳しい紹介---
外寸

高さ36cm 幅52cm 奥10cm

内寸(本社)

高さ27cm 幅8cm 奥3cm

高さ27cm 幅8cm 奥3cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州

 

神棚の祭り例で使った国産神具はこちら

雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
 雲水彫神鏡1.5寸 高さ約9cm
 真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
 かがり火高さ約6cm
 セトモノセット(豆)
 豆八足台6寸

 

youtu.be

 

 

薄型の三社神殿 尾州桧 小型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00505596217919.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

グングン昇る感じ 龍の魅力 神仏にはとかく龍がいる

神鏡の竜は太陽の下 天空を舞い昇るイメージ

今、地震の関係で北海道宛の荷物がストップしていて、開通しても今度は荷物が供給過剰になるからしばらくは到着しない旨の連絡を運送会社から受けています。

貨物量の供給バランスが崩れてしまう状態で保管する場所、運ぶ車などが一時的にパンクしてしまう。

おまかせ工房でも北海道宛の商品をかなり預かっている状態です、開通直後はあちらこちらからの荷物だらけになるから壊れやすいこともあって、ワンテンポずらして出荷をしておくほうがいいかもしれない、一山越えてからという感じ。

当然、北海道からの荷物も増えるので物流は大混雑しますね。

 

ところで、話変わって龍の魅力。

神鏡にはひとつのイメージがあって台座の形状には意味を込めます。

竜彫神鏡は龍であることは読んで字の如く、その龍が空を舞っているイメージね。

天空を龍が舞い、雲の合間も駆け抜けるように舞って、その上には太陽が昇る。

太陽は朝日、まぁ、午前中のグングン昇る感じで、太陽のパワーと龍のパワーをいただきましょうということです。

ただ、龍を見た人はいないはずだから、そこは各人の思い入れを吹き込んでおけば完成というわけだ。

 

f:id:omakase_factory:20130211205401j:plain

やはり誰しも何かパワーはいただきたいわけですよ。

見えないんだけどね、何か感じるもの、得られるものが欲しい。

 

勉強も同じ、見聞も同じ、人によっては何も得られないで終わるけど、どういうわけだか何から何まで理解してしまう人もいる。

未成年ぐらいまではどうしても学業で判断されてしまうけど、もう四半世紀も生きてきたら経験がものをいいます、経験豊富な人ほどいろいろなものが見えてくる。

 

竜彫神鏡とセトモノセットの組み合わせ 国産神具

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-set-010.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

座敷すだれは一年を通して掛けておけるから出しておこう

寒くなったら中吊りとして丸めてカギに引っ掛けておく

どうしても簾と聞くと夏を感じさせることがあって、初夏になると出して秋口にはしまうという使い方をしたくなるはず、しかし、座敷すだれは一年中掛けておけるからしまわずに使おう、しまいこんだらもったいない。

おまかせ工房では座敷すだれとは違う神前御簾・仏前御簾というものも作っているんだけど、これは夏のものと思っている人はいない、正に一年中、一度掛けたら掛けっぱなしの代物、夏に出して冬にしまったら・・・どうして?と思ってしまうはず。

 

お座敷すだれはどうか?

店舗で使われることも多くて和食の店ではよく使ってもらうんだけど、これも一度掛けたら出しっぱなし、というか店のインテリアの一部でもある。

店ではなく家ではどうか?

ここがそこの家の習慣と掛ける場所による部分でなんとも言えない。

もし、夏場に襖を外して、冬場には襖を入れる間仕切りのような場所であれば座敷すだれを外しておくかもしれない。

でもね、、、、中吊りという掛け方があるんだけど、丸めてカギに引っ掛けておく。

この中吊りの状態にしておけば襖を入れておけるから、せっかくの良い物をしまってしまうものよくないよね、というか保管の仕方が悪いとカビてしまうから、出しておくのさ。

 

f:id:omakase_factory:20130825223813j:plain

 

案外気づかない中吊りという掛け方。

 

一体このカギはどういうときに使うんだ? と思う人もいるかもしれない。

人が往来するとき一回一回持ち上げるのも面倒で実生活では面倒すぎる、それは殿様ならやれるかもしれない、ならば普段は中吊りのままにしておくこともある。

というか通路に掛けると場所が悪いかもしれない、その通路の左右にかけておけるような場所が欲しいわけです。

半間の幅じゃなくて一間半~二間あるとそこへ座敷すだれを掛けておく、そして人の通る半間の場所だけ中吊りにしておくとかね、ときにはその通り道だけは使わないとか。

 

そろそろ気候も涼しくなってくるから、しまおうかな、、、という人もいるかもしれない、そんなとき使う方向、出す方向でちょっとモノを考えてみて。

おまかせ工房でも多くの座敷すだれを出荷しているけど、使うための簾だもの。

 

座敷すだれNo.4 サイズオーダーで作ることができます

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/zashiki004.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。