神棚 上敷き 簾の専門店 Yahoo!ストア おまかせ工房

おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。

同じ作るならしっかりしたものを作ろうよ 八足台 八脚案の世界

無垢の一枚板で作るのが基本 あとは高さ寸法を決めるだけ

まず先に伝えておきたいことは、八足台には既成品というものは本来ない、ということなんだけど、それだと注文が取りづらいこともあって、高さ寸法までも決めて事前に作っておく場合もあるようだね、でも、八足台は一人一人寸法が違うもんです。

なかなか、自分の好みを伝えて買い物をする機会もないだろうし、世の中、置いてあるものを手にとって買うだけみたいな場面も多々ある。

オーダーメイドなんか100年早い、、、なんて言わずに、初年度から皆さんオーダーメイドで作るのが八足台というものです、それと、八足台は八脚案、八脚とも言うし、単に「案」ともいうので、名称として何通りかある。

 

おまかせ工房では年間を通して数多くの八足台を作ります。

そんな中でここ20年ぐらいの間で増えてきた様式として、長尺スタイルの八足台、が好まれる傾向が強くなってきた。

長尺スタイルというのは背丈がある八足台で、おおむね高さ寸法で言うなら4尺超えです、最上段が120cm~150cmぐらい。

 

この寸法っていうのは固定式では作らない、必ず組立式で作ります。

組立式のほうが強度があるので、仮に120cmの高さで固定式だとほぼ脚と天板の差し込み部分で損壊がおこるだろう。

 

天板は一枚物になります。

一枚板の素材は接合板より高いのは誰でも想像が付きますよね、そのため安価な八足台は接合板で作るようですが、やはり普通に一枚物がおすすめ。

接合して一枚にしているのは家具テーブルではよく見かけますね。

 

f:id:omakase_factory:20180514050756j:plain

 

背丈のある八足台は神棚設置用として使われることも多い。

天井に取り付けてあったものをやめて八足台に切り替える、そうすると踏み台に乗ることもなく、手がダイレクトに届く。

年齢的なことも影響しています、若い頃なら気にもならない事情っていうこと。

 

また、神棚の下で置いておくために使う。

絶えずお供えをしているところもあって、その時には三宝や一升瓶なども置いてあるんだけど、ひとつの空間をつくるわけね。

上から下までそのための空間で作っておこう、、、と言われる所以です。

一段式なら奥行き25cm~30cm弱で済む、二段式だと50cm~60cm弱だね。

 

それと段差についても決まりがないから、それぞれ各段の高さ寸法も決めてもらう。

それでも段差は12cm~30cmぐらいかな。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

北米産桧で作る八足台 幅1尺5寸

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-hassoku-1-001.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

雪洞 ぼんぼり 神道では必需品 祭壇形式のときに使います

雪洞は高さ寸法と台座の形で選ぶだけ

提灯を販売している人が言っていたんだけど、お盆のときに使う提灯も日本製と外国製が混在している時代で、大量販売を目論むなら外国製、丁寧な商品を売りたいなら日本製と区分けができていると聞かされた。

プラスティック製、木製、、、まずはこんなところから価格の違いがあるようだけど、提灯の場合には塗装をするから、その木製にも外国製と日本製があるそうだ。

要するに塗装をするってことは中身が隠れてしまうんだよね。

 

雪洞になると一般的には白木状態で無塗装のものを使う、しかし、これに塗装をするとえらく高い雪洞になる、本来なら漆を塗るわけだ。

ところが本漆の世界になると高すぎるということでカシュー塗りが現代の主流になっている。

カシューっていうのはカシューナッツでお馴染みの木の実の殻ですね、あの殻は絞ると油がでてくるそうです、食器などの塗装でもよく使われるから質感が良いんだよね。

 

っで、そういう雪洞に塗装を施したものは家庭ではまず使うことがない。

主に赤色、黒色に塗る雪洞は職業で行っている人たちが使う。

家で使う場合には無塗装の白木が普通ね、というかこの無塗装っていうのは素材が丸見えだから誤魔化しができないとも言えるんだよ。

 

f:id:omakase_factory:20180513060738j:plain

 

こういう物って誰でも必要になるもんじゃないよね。

使う人、使う場所、使う機会などが限定的で使用頻度が低め。

事があるとき出してきて、事が終わればしまう、、、こんな感じかな。

なんだか常時使っていたり、表に出して飾っていたりしていないともったいない気分になるかもしれないけど、ほぼ一生使い、場合によっては受け継ぐこともあるからさ。

消費して消えて無くなるものではないので、そこら辺は妥協してください。

やっぱり、日本製のほうが良いです、なんだかんだ言ってみても国産に限る。

 

国産雪洞 日本製を使おう

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bonbori003.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。

別荘 仮設住宅など現地で実際に敷いてから寸法を合わせられる上敷きござ

その場で切って大きさを合わせるとき最適な自由に切れる上敷き

採寸というのは実際に測らないと正しい寸法がわからない、設計図があるような場合でも実際に測ってみないとズレてしまうということが実務ではとても多いわけだ。

身の回りのものでも衣類などは身丈の寸法を知っておかないと着心地の悪いアパレル商品を掴んでしまうこともあるだろうし、靴などは幅広甲高があるから履き心地に直結する。

そんな身につけるものは気にするけど、生活の場のものには無頓着ということもあるだろう、いや、むしろそういうケースのほうが多いようにも思う。

 

家具などであれば寸法を知ってから、置けるか置けないかを決める。

買ってから置けるかどうかを見極めるということは少ないよね。

特にギリギリ寸法の場所に置きたいときなどは、、、小さくならないからさ。

 

カーペットの場合はどうだろう。

絨毯だと端の処理で困るから切ってしまうことはないかな、そのため部屋にキッチリと敷くことは少なくて、部屋の周囲が空く感覚で敷いている部屋も多いと思う、一回り小さなものを選んでおくわけだ。

 

ならば、、、上敷きになるとちょっと話は変わってくる。

f:id:omakase_factory:20180512054619j:plain

 

ゴザは切れます、しかし、もし切ることを前提に上敷き選びをしている段階であれば、自由に切れる上敷き、というものがあるから是非それを使ってみたらどうだろうか。

その場で、部屋の大きさ広さ形に合わせてザクザクと切れる。

和室の場合には部屋の四隅にヘリがあるととても綺麗に見えるからさ。

切ったときにはヘリを必ずつけて下さい。

 

youtu.be

 

この自由に切れる上敷きは切って使うばかりではなくて、フローリングの上に敷いて使うこともあるんだ。

季節柄、春から秋ぐらいだとリビングにゴザを敷いておくと気持ちがいい、ゴロゴロしたくなる、でも普通の上敷きでは薄いから避けるのね。

体育館などでも臨時の避難所になるときゴザを敷くんだけど、コレを使ってもらっています。

 

その場で切って大きさを合わせるとき最適な自由に切れる上敷き 江戸間8畳

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/uwashiki-c-006a.html

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

興味のある方は是非ご覧ください。